ドローンの規制・法律

200g未満の規制対象外のドローンにも適用される法律

2015年11月にドローン航空法が施行され、ドローン飛行時には許可申請書類を提出するように義務付けられました。
航空法に該当するドローンは200g以上のドローンであり、それより軽い200g未満のホビードローンは航空法には該当はしません。

ですが200g未満のドローンといってもどこでも飛ばしていいわけではありません。

今回の記事は200g未満のドローンでも適用される法規制を解説していきます。

200g未満のホビードローンでも適用される法規制

小型無人機等飛行禁止法

「国会議事堂や国の重要な施設等、外国公館等及び原子力事業所の周辺地域の上空における小型無人機等の飛行の禁止に関する法律」です。

この法律は200g未満のホビードローンでも適用され、対象施設から300m以内は上空を含め飛行させることはできません。

違反した場合は、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金を科せられてしまいます。

電波法

ドローンは、コントローラーと本体との間で電波通信をしています。
日本でドローンを飛ばすには2.4GHz帯を使用しなくてはいけません。

AKIRA
AKIRA
5.8GHz帯の使用も可能ですが、アマチュア無線の資格と、電波局の開設の申請が必要になってきます。

それと技術基準適合認証マークを取得した、ドローンでないと日本では飛ばすと法令違反になってしまいます。


ちなみに上の画像が「技術基準適合認証マーク(よく省略されて技適マークと呼ばれています)」です。

これが「技術基準適合認証マーク」を取得しているドローンなら、コントローラーのどこかにシールで貼ってあるはずです。
ちなみにFPVドローンの場合、ドローン機体側からも電波がでるので、機体側にもシールが貼っていないと電波法違反になってしまいます。

アマゾンなどのネットショッピングでは、普通に5.8GHz帯で日本で使用できない周波数をを使用するドローンや「技術基準適合認証マーク」がついていないドローンが平気で販売されていますので購入する前に注意が必要です。

5.8Ghz帯のドローンといっても、日本で使用できる周波数を出しているドローン、日本で使用できない周波数のドローンと2種類あります。日本で利用できる5.8Ghz帯のドローンの場合、免許の取得と、無線局の開局をすれば飛ばすことができます。

重要文化財保護法

【初心者向け】200g以下のトイドローンにも適用される法規制を知っておこう!
国の「重要文化財」周辺でドローンを飛ばすことは禁止されています。
空撮するなら必ず許可が必要になってきます。

公園条例

【初心者向け】200g以下のトイドローンにも適用される法規制を知っておこう!
公園の条例で、東京都のほとんどの公園ではドローンの飛行が禁止されています。
公園にはいると禁止事項等が書かれた看板がたっているのでそこで確認することができます。
看板がない場合はそこの公園を管理している市の方へ問い合わせる必要があります。

東京都の公園はほとんど条例で禁止されているようですが、田舎の公園なら飛ばしていい場所もまだまだあります。
ですが基本的なマナーとして、小さいお子さんが遊んでいたりする場合は飛ばすのを控えた方がいいと思います。

プライバシー・肖像権、個人情報保護法

トイドローンでも空撮することはできます。
空撮した動画をインターネットにアップロードする場合は、他人が写り込んでいないか、などの注意が必要です。
他人の私有地でドローンを飛ばしてしまうだけで、プライバシーの侵害などで訴えられる可能性もあります。

200g未満のドローンでも、法には触れないけど基本的には飛ばさないで欲しい

2019年11月の時点で埼玉の荒川の河川敷で200g未満のドローンを飛ばしていいか「国土交通省 荒川河川事務所」に問い合わせてみました。

  • 荒川の河川敷は「国有地」と「民有地(個人の私有地)」が混ざって入っていて、どこからどこまでか国有地、民有地の区別が荒川河川事務所の方でも把握できていない。
  • それと、ドローンやラジコン飛行機は墜落して怪我や事故になる危険性がある

この2点があるので、

「荒川河川敷では国有地の場所でもラジコンやドローンは、飛ばさないようにお願いしている」

とのことでした。

法的な処罰はないけど、飛ばさないようにお願いしているという、微妙な感じの回答ですね。

まぁ埼玉に限らず、このようなスタンスを取っている地域はたくさんあると思います。

とりあえず埼玉の場合は、200g未満のドローンでも、基本的には私有地の所有者に許可を取って飛ばすのが、誰にも文句を言われることのない方法だと思いました。

国有地の場合、基本的にはドローンを飛ばしたことによって事故が起こる可能性があるため、あまりこころよくOKを出してくれないようです。ちなみに測量や点検などの場合は、国の許可を得れば喜んで利用してくださいとのことでした。

まぁ200g未満の場合は、たしか申請をすることもできないような気がしましたけど。
mavic miniの登場により、200g未満のドローンでも点検などに利用できる気がするので、そこらへんはどうなのかわかりません。

最後に

200g未満のホビードローンだからといってどこでもドローンを飛ばしていいわけではありません。
上に書いた事に注意して、楽しいドローンライフを満喫してください。

AKIRA
AKIRA
200g未満のホビードローンでも基本は人のいない場所で飛ばしましょう。
人にぶつかれば怪我をさせてしまう可能性もありますので。
おすすめしたい200g未満のドローンは下の記事で紹介しています↓↓
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です