ルール・法律

DIPSから、補正指示発行通知がきたので修正してみた!

前回DIPSでドローンの飛行申請をしたのですが、いろいろ不備があったようで申請却下の通知が届きました。
まぁ却下というか「補正指示発行通知」という形で、修正をしてくださいという旨の文章がメールで届きました。

今回の記事では「補正指示発行通知」が届いた箇所と、自分の対応を紹介していきます。

補正指示発行通知 メール

申請をしてから5日ほどでメールは届きました。意外と早いんですね。

DIPSから、補正指示発行通知がきたので修正してみた!

以下の申請について、補正指示が発行されました。
申請書詳細画面より、補正指示内容の確認および補正申請を行って下さい。
また、申請を取り下げる場合には申請書詳細画面より取り下げを行って下さい。
(申請書詳細画面は、申請書一覧で該当の申請を選択することで表示されます)

補正指示内容の確認

補正指示の内容は「DIPS」にログインすれば確認できます。

DIPSから、補正指示発行通知がきたので修正してみた!
ログインしたら申請書一覧を選択。

DIPSから、補正指示発行通知がきたので修正してみた!
次に該当する申請書の「紹介編集」を選択。

DIPSから、補正指示発行通知がきたので修正してみた!
そうすると補正内容の確認という項目が出ていますので、クリックします。

自分が指摘された補正内容

DIPSから、補正指示発行通知がきたので修正してみた!

【飛行の目的について】「業務」と「業務以外(趣味、業務以外のその他の目的)」を一つの申請に纏めることは出来ません。業務(空撮)、業務以外(趣味)何れかのみの申請に修正願います。<修正箇所 申請書作成(1/4)1.>

【飛行の経路(飛行の場所)、別添資料1「飛行の経路」の地図、補助者について】
●「埼玉県鴻巣市」について、地図中の飛行範囲に該当するより具体的な住所(都道府県・郡・市区町村・番地等)の記載に修正願います(例 埼玉県鴻巣市大芦○○、熊谷市小八林○○)。<修正箇所 申請書作成(2/4)4.(1)>
●補助者の配置が不明のため、地図中へ配置を図示するか、「補助者を配置し、飛行場所に第三者が立ち入らないよう措置するとともに、操縦者への指示等を行う。」旨を地図中又は申請書作成(4/4)「その他特記事項」へ記載願います。<修正箇所 申請書作成(2/4)4.(1)、(4/4)その他特記事項>
●飛行範囲に道路(大芦橋)上空が含まれていますので、道路(大芦橋)上空を除く飛行範囲に修正するか、以下の例を参考に安全策を追記願います。
例1 ・道路上空を飛行する場合には、車両及び歩行者の通行を制限し、飛行範囲に第三者が立ち入らないように措置して飛行させる。
例2 ・道路上空を飛行する場合は、車両及び歩行者の通行がないことを確認できた場合のみとし、万が一車両又は歩行者が飛行範囲に接近又は進入した場合には直ちに飛行を中止する措置をとる。 <修正箇所 申請書作成(2/4) 4.(1)又は(4/4)その他特記事項>

機体操縦者
【操縦者情報について】○○○ の目視外飛行の飛行経験が0時間です(飛行経験は、屋内での飛行訓練、200g未満の機体での飛行訓練を含みます。)。
●目視外飛行の経験が無い場合の業務の飛行の場合は、「飛行形態(夜間飛行、目視外飛行、物件投下)に応じた実績がない場合」の「飛行マニュアルに基づいた訓練を屋内又は訓練のために許可等を受けた場所にて実施した後に業務のための飛行を行う。」にチェック願います(業務の目視外飛行は、屋内等で訓練を経てから実施願います)。<修正箇所 申請書作成(3/4)7.操縦者選択→ 代替的な安全対策等>

●目視外飛行の経験が無い場合の業務以外(飛行訓練)の飛行の場合は、「飛行形態(夜間飛行、目視外飛行、物件投下)に応じた実績がない場合」の「訓練のための飛行であり、無人航空機を飛行させる者又はその関係者の管理下にあって第三者が立ち入らないよう措置された場所において行う。」にチェック願います。<修正箇所 申請書作成(3/4)7.操縦者選択→ 代替的な安全対策等>
※業務以外(趣味)の目視外飛行については、飛行経験を経てから申請願います。

●目視外飛行の飛行経験が有る場合は、下記にて操縦者情報を修正願います。
(1)ログイン後の画面「操縦者情報の登録・変更」を開く。
(2)操縦者を選択し、目視外飛行の時間を修正する。
(3)申請書入力画面(3/4)において、一度操縦者を削除してから再度登録してください。

親切だなぁ〜と思ったところは、事細かく例文も書いてあるところ。
ただ堅苦しい文章ですのでちょっとわかりずらいけど(笑)

それじゃぁ一個ずつ修正してみましょうか。

修正項目1

DIPSから、補正指示発行通知がきたので修正してみた!
まずは最初に指摘された項目の修正。

【飛行の目的について】「業務」と「業務以外(趣味、業務以外のその他の目的)」を一つの申請に纏めることは出来ません。業務(空撮)、業務以外(趣味)何れかのみの申請に修正願います。<修正箇所 申請書作成(1/4)1.>

「飛行の目的はなんですか?」

これって(1)にチェックを入れる人はドローンを飛ばすのを仕事としている人がチェックを入れる項目みたいですね。
自分の場合は趣味で空撮をしたいだけなので(1)にはチェックを入れる必要はないようです。
質問の文章の意味がよくわからず、空撮にチェックを入れて申請してしまいました。

上の画像はチェックを外した後の画像

修正項目2

DIPSから、補正指示発行通知がきたので修正してみた!

「埼玉県鴻巣市」について、地図中の飛行範囲に該当するより具体的な住所(都道府県・郡・市区町村・番地等)の記載に修正願います(例 埼玉県鴻巣市大芦○○、熊谷市小八林○○)。<修正箇所 申請書作成(2/4)4.(1)>

これは特に難しくない項目。住所を番地まで入れろってことですね。
そこまでするんかい!!って思いましたけど、きまりなら仕方がないでしょ。

だけどね調べてみたらここは番地のでないところ。なので座標を入れて修正しました。以下修正項目。

埼玉県鴻巣市大芦(これ以下の番地はgoglemapでは表示されませんでした)
座標は「36.083873, 139.440628」になります。

修正項目3

●補助者の配置が不明のため、地図中へ配置を図示するか、「補助者を配置し、飛行場所に第三者が立ち入らないよう措置するとともに、操縦者への指示等を行う。」旨を地図中又は申請書作成(4/4)「その他特記事項」へ記載願います。<修正箇所 申請書作成(2/4)4.(1)、(4/4)その他特記事項>
●飛行範囲に道路(大芦橋)上空が含まれていますので、道路(大芦橋)上空を除く飛行範囲に修正するか、以下の例を参考に安全策を追記願います。
例1 ・道路上空を飛行する場合には、車両及び歩行者の通行を制限し、飛行範囲に第三者が立ち入らないように措置して飛行させる。
例2 ・道路上空を飛行する場合は、車両及び歩行者の通行がないことを確認できた場合のみとし、万が一車両又は歩行者が飛行範囲に接近又は進入した場合には直ちに飛行を中止する措置をとる。 <修正箇所 申請書作成(2/4) 4.(1)又は(4/4)その他特記事項>

これに関しては4枚目の申請書にほとんど例文と同じで記載しました。以下記載した内容↓↓

飛行経路に関しては、補助者を配置し、飛行場所に第三者が立ち入らないよう措置するとともに、操縦者への指示等を行うようにします。

大芦橋上空を飛行する場合は、車両及び歩行者の通行がないことを確認できた場合のみとし、万が一車両又は歩行者が飛行範囲に接近又は進入した場合には直ちに飛行を中止する措置をとるようにします。

修正項目4

【操縦者情報について】○○○ の目視外飛行の飛行経験が0時間です(飛行経験は、屋内での飛行訓練、200g未満の機体での飛行訓練を含みます。)。
●目視外飛行の経験が無い場合の業務の飛行の場合は、「飛行形態(夜間飛行、目視外飛行、物件投下)に応じた実績がない場合」の「飛行マニュアルに基づいた訓練を屋内又は訓練のために許可等を受けた場所にて実施した後に業務のための飛行を行う。」にチェック願います(業務の目視外飛行は、屋内等で訓練を経てから実施願います)。<修正箇所 申請書作成(3/4)7.操縦者選択→ 代替的な安全対策等>

●目視外飛行の経験が無い場合の業務以外(飛行訓練)の飛行の場合は、「飛行形態(夜間飛行、目視外飛行、物件投下)に応じた実績がない場合」の「訓練のための飛行であり、無人航空機を飛行させる者又はその関係者の管理下にあって第三者が立ち入らないよう措置された場所において行う。」にチェック願います。<修正箇所 申請書作成(3/4)7.操縦者選択→ 代替的な安全対策等>
※業務以外(趣味)の目視外飛行については、飛行経験を経てから申請願います。

●目視外飛行の飛行経験が有る場合は、下記にて操縦者情報を修正願います。
(1)ログイン後の画面「操縦者情報の登録・変更」を開く。
(2)操縦者を選択し、目視外飛行の時間を修正する。
(3)申請書入力画面(3/4)において、一度操縦者を削除してから再度登録してください。

自分は根本的なことを理解していませんでした。
上の文を読み解いて、その後ネットでいろいろ調べてみたら

「目視外飛行」は室内で訓練した者でしか、申請することができない!!ということがわかりました。

ということで、、、、、、、、、

目視外飛行なしで、再申請してみようと思います。

追加で補正指示発行通知がきた!!


追加で以下のような補正指示がきました。初心者には申請を通すのだけでも難しいですね。

〇【飛行範囲について】
※道路の橋脚の下で無人航空機を飛行させるのではないかと思われますので、下記文言を追記して下さい。
                                                          
図の補足として、以下の文言を〈申請書作成(4/4)その他詳細図等入力〉の「その他特記事項」欄に記載願います。 
<<例1>> 道路上空は飛行しない。

ただし親切に例文が記載されているので助かります(笑)

例文を追加して再度申請してみたいと思います。
結果が出たらブログでまた追記します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です