ドローンパーツ

【自作ドローン】3インチ ビス穴 20mm×20mm のフレームまとめ!おすすめはどれ?

20mm×20mm ビス穴 ドローンのフレームまとめ!おすすめはどれ?
最近自作でドローン作ろうかと思っているんです。

FC、ESC、VTXなど、いろいろ選んでいると結局BNF買っちゃった方が安かったり、、、、とも思うんですけど、BNFドローンを買って開局しているVTXと交換とかしていると、無駄に使わないVTXだけたまってきてしまうんですよね。

まぁそんな感じで現在いろんな意味で迷走中なんですけど、とりあえずフレームを眺めていたので、フレームのまとめのページを作って見ました。

AKIRA
AKIRA
基本的に3インチ機のビス穴は20mmなんで、数をあげればきりがないので個人的に気になったフレームをかってに選んでいます。スペック表に推奨バッテリーと記載をいれていますが、あくまでFC,ESC,モーターによって変わってきますので参考程度にしてください。
3インチ機のメリット

パーツ構成などによっても変わりますが3インチ機ならバッテリーを入れた重量で200g未満のドローンを作ることが可能です。日本の航空法規制対象外で、パワーとスピードがあるドローンを飛ばして楽しむことが可能です。それ以外の楽しみ方としては簡単に取り外しができるカメラは200gの重量に含まれませんので、Rumcam5やGoproなどの4kカメラを搭載して空撮を楽しむこともできます。

ドローンの表記のインチやホイールベースって何?

ドローンの表記で何インチ?とかホイールベースは何mmってありますよね。調べるまで自分もよく理解していなかったのですが、

インチについてはそのフレームに対してつける標準的なプロペラのサイズで決めているみたいですね(たぶん)。「1インチ=2.54cm」。


自分が飛ばしている3インチ機プロペラのサイズは762mm(2.54cm×3)以上の長さがありましたが、ペラのサイズは変えられすので、標準のプロペラをつけたことを想定してインチを決められているんですかね。ちょっと詳しくは調べてもわかりませんでした。

ホイールベースに関しては、プロペラの中心からフレームの対角線上のプロペラの中心までの距離を言っているようです。

ちなみに自分の3インチ機のドローンはホイールベースが140mmでした。

でもスペック表を見てみると145mmになってるけど??そこはちょっとなぜだか不明。

3インチ 20mm×20mm ビス穴 ドローンのフレームまとめ!おすすめはどれ?

それではここからが本題です。

全部あげたらきりがないのでとりあえず自分でなんとなく気に入った3インチ機のフレームを紹介していきます。
基盤のビスの穴から穴の長さは 20mm×20mm のものを選んでいます。
まぁ3インチドローンになると、ほとんど全部「20mm×20mm」だと思いますけど(たぶん)。

Geprc Cygnet CX3

20mm×20mm ビス穴 ドローンのフレームまとめ!おすすめはどれ?
ホイールベース 145mm
重量 37g
ビス穴 20mm × 20mm
推奨モーターのサイズ 1106 /1107/1108/1205/1206
推奨バッテリー 3S 550mAh – 4S 650mAh
価格 3500円前後(banggood)2019年9月現在

2インチバージョンもありますが、こちらは3インチバージョンです。価格は少し高くて3500円くらいします。
値段は高いですが基盤のタワーを2個設置できるのでFHDのカメラや4kのカメラのDVR基盤を設置しやすいです。
そして個人的な好みになってしまいすが、なんといってもデザインがカッコイイ!!

新しく発売される4kカメラ「RunCam Hybrid 4k」を購入したのですが、たぶん自分はこのフレームを購入して自作のドローンを組んでみよます。

RunCam Hybrid 4K カメラ 実機レビュー【自作ドローンにおすすめのカメラ】 ついにRunCamの方から新しく4kカメラが発売されましたね。 「Caddx Tarsier 4K」の対抗馬といったところでしょう...

GEPRC GEP-PX3

3インチ 20mm×20mm 自作ドローンのフレームまとめ!おすすめはどれ?
ホイールベース 140mm
重量 24g
ビス穴 20mm × 20mm
推奨モーターのサイズ 1106/ 1107/ 1108/ 1206
推奨バッテリー 3S 450mAh- 4S 650mAh Lipo Battery
価格 3200円前後(banggood)2019年9月現在

カメラのマウントもついているので使いやすいフレームだと思います(たぶん)。

3インチ 20mm×20mm 自作ドローンのフレームまとめ!おすすめはどれ?
それとちょっと価格は高いですが、ストラップやその他いろいろ付属品がついているので、セットアップもしやすいのではないでしょうか。

iFlight iH3 V3 3 inch

ホイールベース 142.5mm
重量 42.5g
ビス穴 20mm × 20mm
推奨モーターのサイズ
推奨バッテリー
価格 3000円前後(banggood)2019年9月現在


モーターのネジやバッテリーストラップ付き。
どうでしょう??

Eachine Wizard X140HV

ホイールベース 140mm
重量 42.5g
ビス穴 20mm × 20mm
推奨モーターのサイズ
推奨バッテリー
価格 2300円前後(banggood)2019年9月現在

これも基盤のタワーを2つ立てられるので、DVR機能付きの基盤を搭載してFHDや4k機を作るフレームとしてしいい思います。

ZJWRC 140mm Wheelbase 3 Inch

3インチ 20mm×20mm 自作ドローンのフレームまとめ!おすすめはどれ?
ホイールベース 140mm
重量 53g
ビス穴 20mm × 20mm
推奨モーターのサイズ Racerstar Racing Edition 1407
推奨バッテリー
価格 2000円前後(banggood)2019年9月現在

こちらのフレームもカメラのマウント付き。


価格は2000円くらいでいろいろ付属品付きなのでコスパはいいかも。


それとたぶんダブルでタワーも組めると思うので、DVR基盤付きのカメラを搭載したドローンを作るのにいいかもしれません。

VX145 RC FPVレーシングドローン用145mm

20mm×20mm ビス穴 ドローンのフレームまとめ!おすすめはどれ?
ホイールベース 145mm(実際に計測すると140mmの気もしますが、、スペック表では145mmになっていました)
重量 29g
ビス穴 20mm × 20mm
推奨モーターのサイズ 1407モーター
推奨バッテリー 3s~
価格 2000円前後(banggood)2019年9月現在

こちらのフレームは自分が愛用している3インチ機のドローンに使われているフレームです。


カメラを取り付けるネジ穴もフレームについているので、わりと使いやすいと思います。

最後に

GEPRCのフレームが個人的にはかっこよくて好きなんですけど価格がけっこうするんですよね。

「RunCam Hybrid 4K」を単体で購入したので、それ用にフレームだけを買うか、いまあるドローンにカメラだけ載せ替えるか現在悩み中。でもPIDの値の設定とか意味がわからないし、やっぱりBNFのカメラだけ載せ替えた方が無難かなぁとも思ったりしています。

RunCam Hybrid 4K カメラ 実機レビュー【自作ドローンにおすすめのカメラ】 ついにRunCamの方から新しく4kカメラが発売されましたね。 「Caddx Tarsier 4K」の対抗馬といったところでしょう...

基盤のビス穴が「20mm×20mm」で気になる3インチ機のフレームが見つかったら追記します。

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です