ドローン規制法の200g以下の基準は「カメラ・プロペラガードなど」は含むのか?


カメラが内蔵していないドローンで空撮をしようと考えた場合、別でカメラを用意する必要がありますよね。
そこで思ったのが、そのカメラの重量が加わって、200g以上になった場合ドローン規制法の対象になるのかってこと。

ドローン規制法のルールの対象

まずは、国土交通大臣が定めている、ドローン規制法のルールの対象となる機体は以下に該当するものになります。

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。
 今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

引用元:国土交通省

ここで僕の場合疑問が。。。

通常は200g以下だけど、空撮をするためのにカメラなどを装着すると、200g以上になるものってどうなの???って疑問。

いろいろなサイトを見た結果、、、、カメラの重量は入らないよ!!ってかいてあるサイトもありましたが、おそらくカメラなどを装着して200g以上になった場合でも、ドローン規制法の対象になると思います!!でも、普通に考えたらそうだとは思いますけどね。

訂正します。先ほど「国土交通省の無人航空機ヘルプデスク」を確認してみたところ、プロペラガードや撮影用のカメラなどをつけて200g以上の重量になっても、規制の対象にはならないとの回答をいただきました。
基本バッテリー以外の取り外しが可能なものは対象にならないようです。

国土交通省の無人航空機ヘルプデスク 電話番号:050-3662-8298

ちなみにzero tech社のDobbyの場合、カメラは内蔵しているので別で装着する必要はありませんが、プロペラガードを装着すると200g以上の重量になってしまいます。本体とバッテリーを合わせた重量で199gとギリギリのラインで開発されています。

まとめ

img_4878
カメラ・プロペラガードその他のアクセサリーもドローン規制法の200gの重量に対象になる。

訂正します。先ほど「国土交通省の無人航空機ヘルプデスク」を確認してみたところ、プロペラガードをつけて200g以上の重量になっても、規制の対象にはならないとの回答をいただきました。

こじろさん、bvb09さん、ご指摘いただきありがとうございました。

みなさんも人に迷惑がかからないように気をつけて楽しいドローンLifeを送りましょう!

それではまた!

公式DJIオンラインストア


ドローンの購入を考えている方は「公式DJIオンラインストア」で!!
最大36%割引の商品も?!

 この記事へのコメント

  1. こじろ より:

    コメント失礼したします。
    200g以下のドローン楽しいですよね!
    ただ、200g規制関係を検索すると最初にこのサイト様が出てくるので書き込ませていただきます。
    先日国交省航空局安全部に曖昧な部分問い合わせた際に、本体重量+バッテリー重量が200g以下である必要があり、プロペラガードなどの取り外し可能な部品に関したら国空航第690 号、国空機第930 号に記載の、”「重量」とは、無人航空機本体の重量及びバッテリーの重量の合計を指しており、バッテリー以外の取り外し可能な付属品の重量は含まないものとする。”に該当するので、DOBBYのプロペラガードによる200g超えは規制の対象になりませんとの返答頂きました。
    この”200g””規制対象外”が先走ってしまってる感じが強いと担当者がおっしゃってましたので、飛行の際は今一度国交省サイト内にあるガイドラインをご確認くださいとの事でした。
    DOBBYの動画アップすると、ガードつけてるから違法だとか申請したのとか来る時がありますので、悪しからず。

    • akira より:

      私も気になったので、いろいろ調べた結果この記事を書いたのですが、、、
      時間があるときにでも私も国土交通省に質問してみようと思います。
      ちなみに、Dobbyのサポート元に聞いた時は、プロペラガードをつけると違反になりますとの回答をもらいました。

      • bvb09 より:

        私はこじろさんとは別の人間ですが、同じ問題に突き当たったため、先ほど国土交通省の無人航空機ヘルプデスクに電話で問い合わせました。その結果、無人航空機の重量とは「無人航空機本体の重量及びバッテリーの重量の合計」であるため、本体+バッテリーが199グラムで、プロペラガードが十数グラムの場合は、プロペラガードを装着しても200グラムの規制には該当しない、とのご回答をいただきました。

        ブログ主さんも記事の内容を訂正するために、直接聞いてみた方が良いのではないでしょうか?

        • akira より:

          bvb09 さん。コメントありがとうございます。私も先ほど「国土交通省の無人航空機ヘルプデスク」を確認してみたところ、プロペラガードをつけて200g以上の重量になっても、規制の対象にはならないとの回答をいただきました。ですので記事は訂正したいと思います。こじろさんも含め、ご指摘いただきありがとうございました。ちなみに少し話はそれますが、別で撮影用のカメラについて質問したのですが、空撮用にカメラなどを別で装着しても対象にはならいと国交省から回答をいただきました。ですのでdobby以外の機種でもGoProなどを装着すれば4K動画を撮影することが可能になりますね。基本バッテリー以外の取り外しが可能なものは対象にならないようです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【目視外飛行とは?】DJI の7 機種が国土交通省の「目視外飛行のための基準」を...

【ドローン 飛ばせる場所】千葉県の海で空撮してきた