ニュース

【ドローン墜落 男性が顔に大怪我】国内初の人身事故が工事現場で起きてしまった

【ドローン墜落 男性が顔に大怪我】国内初の人身事故が工事現場で起きてしまった
ついに国内初のドローンによる人身事故が起きてしまいました。作業員はヘルメットを着用していたようですが、顔を数針縫うけがを負ってしまったようです。
ちなみにドローンの重さは約1Kgのものだったようです。

事故の経緯

神奈川県藤沢市の建築現場で今月、小型無人機ドローンが墜落し、ぶつかった作業員がけがをしていたことが28日、国土交通省への取材で分かった。ドローンをめぐっては、国がトラブルの連絡を求めるようになった平成27年12月以降、墜落など約50件のトラブルが報告されているが、人身事故は初めてという。

 国交省によると、18日午前、建築現場を空撮するために飛行していたドローン(縦横各40センチ、重さ約1キロ)が、高さ約70メートルの場所でクレーンに接触して墜落し、30代の男性作業員に衝突した。作業員は顔に大けがを負った。
引用元:毎日新聞

以前にもマラソン大会の最中に、女性スタッフが顔を負傷するなどの事故はありましたが、国が報告を求めるようになった2015年12月以降、50件以上のトラブルはありましたが、人身事故は初めてのようです。

ラジオで聞いた情報では、電波障害によりドローンがノーコントロール状態になり、救済措置の自動帰還(RTH)が自動で働いている途中、クレーンに衝突して落下したようです。

クレーンの高さは70mだったようですので、自動帰還の設定を100mにしておけば接触は免れたかもしれません。
ホームポイントがクレーンの近くだったとしたら、避けられなかったかもしれませんが。

ネットニュースでは自動帰還RTHについては触れていませんでしたが、真相はどうなのでしょうか。

この事故により規制がさらに厳しくならなければよいのですが・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です