ドローンスクール

【京都府 おすすめのドローンスクール 比較 一覧】口コミや評判は?

【青森県 おすすめのドローンスクール 比較 一覧】資格を取るなら学校で!
今回は京都府のおすすめのドローンスクールを紹介していきます。

おすすめのドローンは下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓

【2020年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較 今回は人気のあるドローンの機種をランキング形式で紹介していきます。 200g未満と200g以上のドローンでわけて30選紹介していき...

ドローンスクールの選び方

ドローンスクールはたくさんありますが、選び方としての基準は、

  • 取得できる資格
  • 料金
  • 学習環境

この3つで決まると思います。

取得できる資格

ドローンスクールで取得できる資格は大きくわけて3つです。

  • ドローン大手メーカーDJIの認定資格
  • ドローン管理団体DPAの認定資格
  • ドローン管理団体JUIDA認定資格

どの資格がいいのか?というのは一概では言えません。
資格について詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

【ドローンの免許・資格の種類 一覧】フライトに免許や資格は必要?不要? 取得方法は?ドローンを飛ばすのに資格は必要?ドローンの資格なんだけど、どのような種類の資格があるの?ドローンの資格を取得する費用は? 今回はこのような疑問をかかえている方におすすめの記事です。...

ドローンの資格を取得することにより、ビジネスに利用できたり、ドローンの飛行申請をするときに一部簡略化することができます。

料金

料金は安いもので3000円くらいのお試しコースのようなものから、ドローンスクールによっては50万円以上するコースなんかもあったりします。
相場としてはDPAの資格もJUIDAの資格も、10時間以上のフライト経験がある人なら20万円程度。
まったくの素人の場合は30万円くらいかかるのが相場なのかなぁ〜と思います。

学習環境

学習環境も重要です。ドローンスクールによってカリキュラム内容などは変わってきます。
基本はドローン管理団体ごとのカリキュラム内容に沿って進めていきますが、フライト環境が室内、屋外などドローンスクールによって変わってきます。
事前に調べてドローンスクールを選ぶようにしましょう。

京都府おすすめのドローンスクール 比較 一覧

プロクルードローンアカデミー京都校

プロクルードローンアカデミー京都校

スクールの特徴

京都府のドローンスクール、プロクルードローンアカデミー京都校は個別指導に重点を置いたドローン講習所です。
よりじっくり操縦の練習をしていただくため、講習希望者のご予定に合わせて講習日程を組むので土日祝日にも対応しております。

機体の購入に繋がるよう、講習価格もリーズナブルに設定されているため、実際に購入も考えている方にはオススメします。

京都府八幡市に位置しておりますので、関西地方(特に京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)の方にはアクセスしやすいのも利点です。
お車をお持ちの方には八幡東I.C.よりわずか5分で会場に到着いたします。

座学講習では2020年4月に新設されたばかりの社屋の広々とした教室にて座学講習を実施しており、最新設備の整った空間でご受講いただけます。
また座学は弊社内での開催、実技講習も月契約にて借用している会場ですので時間に縛られる事が無く、機体や講習に関する疑問点等じっくりご対応できる体制を整えております。

講習内容について

プロクルードローンアカデミー京都校
本校が実施するドローンフライトマスター講習は全国で数少ない「無人航空機の講習団体及び管理団体」である、株式会社プロクルーが作成したカリキュラムの講習です。
株式会社プロクルーは国土交通省 航空局より所要の要件を満たした「無人航空機の講習団体及び管理団体」として認定されています。

上の写真は実際の座学講習でのひとコマです

コース内容

フライトマスター講習(2日間)

ドローンの法律(DIPS申請・FISS登録含む)・運用方法・操縦技術から安全管理まで、
個人の方や今後お仕事にドローン運用を考えておられる企業様などにオススメのコースです。
本講習で操縦技量が認められた方には、10時間の飛行履歴をご提出していただく事で、
技能認定証「ドローン操縦技能証明証」を発行するとともに修了生を国土交通省へ登録いたします。

アフタースクール(1日間)

フライトマスター講習の修了者の方を対象に飛行場所の提供、機体やシミュレーターの無料貸し出し、さらにインストラクターも付いてドローンについてのアドバイスなどを行い、
フライトマスター講習(4~6時間)と合わせて国交省への申請に必要な10時間の飛行時間を達成していただくプランです。
応用練習を主体として実施いたしますので、より高度なテクニックの練習に励む事が可能で、各個人の操縦技術に応じた操縦訓練を実施いたします。

フライトマスター講習+アフタースクール(3日間)

2つのコースがセットになった3日間の講習ですが、講習日程はフレキシブルに対応しておりますので、
御希望の日程に合わせて開催する事が可能です。 
そのため、週末や連休中、特定曜日のみの開催等、講習生のご都合に合わせてスケジュールを調整可能です。

アフターフォロー

御希望される卒業生には、法律の変更点やドローン業界の最新情報、最新機体のご案内等、ニュースレターをお送りいたしますので、常に最新の情報を誰よりも早く知る事が出来ます。
卒業後は国交省への飛行申請に関するご質問や、機体購入に関するご相談など、いつでもお電話にて対応させていただきます。

スクールからひと言

ドローンフライトマスター講習は1班4名までの少人数制となっております。
大人数でのスクールはどうしても習得にムラが出てしまうことがありますが、本講習は座学及び実技でじっくりと学ぶことができます。
ドローンを運用しようとされている方はぜひお問い合わせください。

所在地

〒614-8133 京都府八幡市下奈良新下10番地1
TEL: 075-874-3664 FAX: 075-874-3676

詳しくは公式ホームページでご確認ください↓
https://www.kyoto-drone-luckyriver.com

JPD京都ヘリポート・FREEBIRD京都ドローンクラブ

【京都府 おすすめのドローンスクール 比較 一覧】口コミや評判は?
京都にある民間ヘリポートを使って行なっているドローンスクールです。
2019年1月1日より国土交通省認定の無人航空機管理団体『FREEBIRD』の認定を受けて、訓練内容をさらに充実してリニューアルしたようです。

受講コースや料金のご案内

一般操縦士コース

1名 128,000円(税込)座学テキスト・訓練機レンタル料・試験費用が含まれます。
(座学10講座・実技10時間)

基本は1回約2時間の(座学1講座・実技1時間)の1セット講習を10講習
講習時間は基本固定の4部制  
1部10:00〜12:00
2部13:00〜15:00
3部16:00〜18:00
4部19:00~21:00
※夜間(4部)は1時間2千円(税込)の別途料金を頂きます。(要予約)

所在地

住所:京都市伏見区向島柳島1番地
連絡先:075-631-5611

詳しくは公式ホームページでご確認ください↓↓
JPD京都ヘリポート 公式ホームページ

DPCA 訓練センター

【京都府 おすすめのドローンスクール 比較 一覧】口コミや評判は?
DPCA 訓練センターではドローンの操縦する知識と技術を習得することのできるドローンスクールです。

講習修了者には10時間以上の飛行履歴を証明する「操縦技能証明書」を取得することができます。

所在地

連絡先:075-606-6865
住所:京都府京都市南区東九条西岩本町10−2 イリアス オフィス 2F

詳しくは公式ホームページでご確認ください↓
DPCA 訓練センター 公式ホームページ

ドローンザワールド京田辺店

「ドローン ザ ワールド」京田辺店は、近鉄新田辺駅東出口から徒歩1分の商業ビルの2階という、通いやすい立地にあります。事業用ドローンの説明などを行うと共に、広々とした店内で操縦体験を楽しむことができます。

所在地

お問い合わせ:0774-66-6358
住所:〒610-0361 京都府京田辺市河原食田6 レインボービル205

詳しくは公式ホームページでご確認ください↓
ドローンザワールド京田辺店 公式ホームページ

最後に

今回は京都府にあるドローンスクールを紹介させていただきましたが、全国にはたくさんのドローンスクールが存在します。

お時間ある方は下の記事もお読みください。あなたに合ったドローンスクールが見つかると思いますよ。

ドローンはどこでも飛ばしていいわけではありません

ドローンスクールに通って、ドローンの資格を取得したからといってドローンはどこでも飛ばしていいわけではありません。

ドローンの許可申請が必要な場合と不要な場合の具体例は下の記事で紹介しています↓↓

ドローンの飛行許可が不要な場合と、申請が必要な場合の具体例を徹底解説! 今回はドローンの飛行許可が不要な場合と、申請が必要な場合の具体例を徹底解説していきます。 ドローンの飛行許可が必要な場...

日本でドローン飛ばすうえで知っておきたい法律については下の記事で紹介しています↓

日本でのドローンの規制(法律・条例)を徹底解説【飛ばせる場所】 日本ではドローンを飛ばすのにいろいろな規制があるので、どこでも飛ばしていいわけではありません。 この記事ではドローンの規制(法律・...

そのほかドローンを飛ばす上で知っておきたい法律などは下の記事で紹介しています↓↓

【飛行可能エリア】ドローンの規制区域がわかる地図サイト(サービス)4選ドローンはどこでも飛ばせるわけではありません。 2015年11月にドローン航空法が施行され、200g以上のドローン飛行時には許可申請書...
200g未満の規制対象外のドローンにも適用される法律2015年11月にドローン航空法が施行され、ドローン飛行時には許可申請書類を提出するように義務付けられました。 航空法に該当するドロー...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です