商品情報

Phantom4 pro V2.0が発売!前作とのスペックの変更点・違いとは?


Phantom4 proの新しいバージョン「Phantom4 pro V2.0」が発売されました。

今回は前作とのスペックの変更点・違いを紹介します。

2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較

Phantom4 pro V2.0 前作との変更点

  1. 機体上部のロゴの色が変更
  2. 動画の伝送システムが変更
  3. 飛行ノイズの軽減
  4. 重量が少し軽くなっている

機体上部のロゴの色が変更

Phantom4 pro V2.0が発売!前作とのスペックの変更点・違いとは?
機体上部のロゴの色が前作はシルバーだったのが、今回のV2.0ではゴールドに変更になりました。

動画の伝送システムが変更

Phantom4 pro V2.0が発売!前作とのスペックの変更点・違いとは?
動画伝送システムとは、飛行時にドローンのカメラから手元のモニターに映像を送るシステムのこと。
このシステムが前作「Lightbridge」から、今回のV2.0では「OcuSync(オキユシンク)」に変更されています。

OcuSync HD伝送システム搭載することにより、自動デュアル周波数切替えに対応し、「DJI Goggles」をワイヤレス(コードなし)で使用可能になりました。

※Goggles RE(Racing Edition/日本未発売)のみ対応ですのでご注意下さい。

 

V2.0の新機能のDJI Gogglesとの無線接続ですが、現時点ではDJI Goggles RE(Racing Edition/日本未発売)のみ対応のようです。
2018年5月12日現在の状況では国内モデルの「DJI Goggles」では有線での接続のみですのでご注意下さい。

 

 

飛行ノイズの軽減

Phantom4 pro V2.0が発売!前作とのスペックの変更点・違いとは?
新しく改良されたプロペラと内部変更により、
飛行時のノイズが4dBと前作と比べて60%軽減され、さらに快適なフライトが楽しめます。

重量が少し軽くなっている

Phantom4 pro V2.0が発売!前作とのスペックの変更点・違いとは?
ほとんど違いはありませんが「Phantom4 pro V2.0」は重量が13g軽いです。

まぁこれによる違いはほとんどないと思いますけど。

まとめ

前作との違いをかんたんにまとめると、
飛行ノイズの軽減、OcuSync HD伝送システム搭載。
これにより「DJI Goggles」をワイヤレスで使用可能になり、さらにパワーアップしたドローンになった。

こんな感じでしょうか!?

以前のバージョンの「Phantom4 pro」を持っているなら、特に買い換える必要はないかと個人的には思います。

持っていない方は、前作との価格の変更はありませんので、これをきっかけに購入するのもいいかもしれませんね!!

200g以上でジンバル付きの綺麗な空撮のできるドローンは、下の記事でも紹介しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?
ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

ドローンを安く買うならbanggoodがおすすめ!!バナーをクリック


バナーをクリックすればbanggoodのセール会場に移動します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です