ドローンスクール

【島根県 おすすめのドローンスクール 比較 一覧】資格を取るなら学校で!

【青森県 おすすめのドローンスクール 比較 一覧】資格を取るなら学校で!
今回は島根県のドローンスクールを紹介していきます。

情報募集しています

この記事に掲載していないドローンスクールがございましたら、お問い合わせフォームから教えていただけると助かります。
ドローンスクール関係者の方からの情報提供でもかまいません。その場合はアピールポイントなどもありましたら合わせて記載していただければそのまま記事に反映させていただきます。お問い合わせフォームはこちら

2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較

ドローンスクールの選び方

ドローンスクールはたくさんありますが、選び方としての基準は、

  • 取得できる資格
  • 料金
  • 学習環境

この3つで決まると思います。

取得できる資格

ドローンスクールで取得できる資格は大きくわけて3つです。

  • ドローン大手メーカーDJIの認定資格
  • ドローン管理団体DPAの認定資格
  • ドローン管理団体JUIDA認定資格

どの資格がいいのか?というのは一概では言えません。
資格について詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

【ドローンの免許・資格の種類 一覧】フライトに免許や資格は必要?不要? 取得方法は?ドローンを飛ばすのに資格は必要?ドローンの資格なんだけど、どのような種類の資格があるの?ドローンの資格を取得する費用は? 今回はこのような疑問をかかえている方におすすめの記事です。...

ドローンの資格を取得することにより、ビジネスに利用できたり、ドローンの飛行申請をするときに一部簡略化することができます。

料金

料金は安いもので3000円くらいのお試しコースのようなものから、ドローンスクールによっては50万円以上するコースなんかもあったりします。
相場としてはDPAの資格もJUIDAの資格も、10時間以上のフライト経験がある人なら20万円程度。
まったくの素人の場合は30万円くらいかかるのが相場なのかなぁ〜と思います。

学習環境

学習環境も重要です。ドローンスクールによってカリキュラム内容などは変わってきます。
基本はドローン管理団体ごとのカリキュラム内容に沿って進めていきますが、フライト環境が室内、屋外などドローンスクールによって変わってきます。
事前に調べてドローンスクールを選ぶようにしましょう。

島根県おすすめのドローンスクール 比較 一覧

Dアカデミー中国 島根校


「Dアカデミー中国 島根校」はJUIDAの認定スクールで、修了後にはJUIDAの認定資格を取得できるドローンスクールです。

受講コースや料金

JUIDA認定 無人航空機操縦技能+安全運航管理者 4日間コース(i-construction対応)

受講資格:20歳以上で矯正視力が両目0.7以上かつ1眼で0.3以上、反社会勢力でないこと
受講料:270,000円(税別) ※テキスト代、昼食代込
取得できる資格:『無人航空機操縦技能証明書』『無人航空機安全運航管理者証明書』

JUIDA認定 無人航空機操縦技能 4日間コース

受講資格:16歳以上(ただし、20歳未満の方は保護者の同意書が必要)矯正視力が両目0.7以上かつ1眼で0.3以上、反社会勢力でないこと
受講料:220,000円(税別) ※テキスト代、昼食代込
取得できる資格:『無人航空機操縦技能証明書』

初期導入コース

受講資格:矯正視力が両目0.7以上かつ1眼で0.3以上、反社会勢力でないこと
受講料:80,000円(税別)

体験コース

受講資格:矯正視力が両目0.7以上かつ1眼で0.3以上、反社会勢力でないこと
受講料:10,000円(税別)

所在地

連絡先:0853-23-3188
住所:島根県出雲市上塩冶町2055-2 上塩冶スポーツセンター

詳しくは公式ホームページでご確認ください↓
Dアカデミー中国 島根校 公式ホームページ

DS・J島根松江校


DS・J島根松江校はドローンの管理団体「DPAディーパ」の認定校で修了後にはDPAの資格を取得することができます。

所在地

島根県松江市八雲町西岩坂396-4MAP
TEL:0852-54-9666

詳しくは公式ホームページでご確認ください↓
DS・J島根松江校 公式ホームページ

最後に

今回は島根県にあるドローンスクールを紹介させていただきましたが、全国にはたくさんのドローンスクールが存在します。

お時間ある方は下の記事もお読みください。あなたに合ったドローンスクールが見つかると思いますよ。

ドローンはどこでも飛ばしていいわけではありません

ドローンスクールに通って、ドローンの資格を取得したからといってドローンはどこでも飛ばしていいわけではありません。

ドローンの許可申請が必要な場合と不要な場合の具体例は下の記事で紹介しています↓↓

ドローンの飛行許可が不要な場合と、申請が必要な場合の具体例を徹底解説! 今回はドローンの飛行許可が不要な場合と、申請が必要な場合の具体例を徹底解説していきます。 ドローンの飛行許可が必要な場...

日本でドローン飛ばすうえで知っておきたい法律については下の記事で紹介しています↓

日本でのドローンの規制(法律・条例)を徹底解説【飛ばせる場所】 日本ではドローンを飛ばすのにいろいろな規制があるので、どこでも飛ばしていいわけではありません。 この記事ではドローンの規制(法律・...

そのほかドローンを飛ばす上で知っておきたい法律などは下の記事で紹介しています↓↓

【飛行可能エリア】ドローンの規制区域がわかる地図サイト(サービス)4選ドローンはどこでも飛ばせるわけではありません。 2015年11月にドローン航空法が施行され、200g以上のドローン飛行時には許可申請書...
200g未満の規制対象外のドローンにも適用される法律2015年11月にドローン航空法が施行され、ドローン飛行時には許可申請書類を提出するように義務付けられました。 航空法に該当するドロー...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です