商品情報

対戦用トイドローン X1 FPV 登場!空撮できて70gで規制外

対戦用トイドローン X1 FPV 登場!空撮できて70gで規制外
2018年7月19日から大手家電量販店、SoftBank SELECTION オンラインショップ、Amazon.co.jpなどを通じて発売開始する、14機が同時対戦可能なトイドローン「X1 FPV」を紹介します。

ミニドローン「X1 FPV」の特徴

対戦用トイドローン X1 FPV 登場!空撮できて70gで規制外
  • 本体サイズ:120(幅)×120(奥行き)×45(高さ)mm
  • 重量:70g
  • 連続飛行時間:7分
  • カメラ:1280 × 720p
  • 静止画解像度:640 × 380
  • 動画解像度:640 × 380
  • 保存フォーマット:JPG / MP4(MPEG-4 AVC / H.264)
  • コントロール距離 携帯電話アプリ:約50m コントローラー:約100m
  • 充電時間:約50分
  • バッテリー:600mAh
  • 3段階の速度調節が可能
  • カメラを標準で搭載しているので空撮が可能
  • 秒速約1mという高速飛行やロール、宙返りといったアクロバティックな飛行が可能
  • 紙製のFPVゴーグル付きで、一人称視点での操作が可能
  • 14機までの対戦プレイが可能

対戦用トイドローン X1 FPV 登場!空撮できて70gで規制外
同梱内容は上記のとおりで、価格は32,407 円(税抜) とのことです。

14機までの対戦プレイ

対戦用トイドローン X1 FPV 登場!空撮できて70gで規制外
トイドローン「X1 FPV」は14機同時対戦できるが一番の特徴。

付属モジュールを本体に装着し、専用のアプリをインストールすれば、アプリ上で「ロックオン」「レーザー攻撃」を疑似的に行うことが可能のようです。

レーザーが当たったと判定された機体は一時的に戦闘不能になる仕組み。
まるでドローンでのサバイバルゲームですね!!。

製品は対戦を前提としたセット内容なので、1製品で2機の機体とコントローラー、対戦モジュールなど2セットが標準で付属しているようです。

紙製のFPVゴーグル付きで、一人称視点での操作が可能

一人称視点で操作ができる簡易FPVゴーグル(紙製)もついてきます。
自分の予想になりますが、スマホを紙製のゴーグルにはめ込むだけの簡単なものかと。
まぁそれでもFPV視点で空中散歩もできますし、楽しそうです。

海外でのレビュー


日本の動画ではありませんが、すでにレビューがされています。

ホバリングの安定感はかなりよさそうで、空撮能力はおまけ程度といったところですね。

あとは対戦がどんな感じでできるのか、気になります。

最後に

新しく情報が見つかり次第、追記していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です