FPVゴーグル

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】
今回は5インチのドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)・マイクロドローン 」を操縦する時に必要な、おすすめの5.8Ghzの電波を受信できるFPVゴーグルを紹介します。
まとめて10選紹介して、最後に価格帯別でおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを選んでいます。

FPVゴーグルは受信機になるので、技適マークは必要ありません。
ですので海外の商品でも電波法違反にはなりませんので、安く購入したいなら海外通販で購入するのがおすすめです。
paypalを使用して購入すれば、万が一商品に不具合が合った場合などでも、間に入って返金や仲裁に入ってくれるので安心して購入できます。

ただデメリットもあり海外通販は到着まで早くても2週間くらいかかります。
高くてもすぐに入手したい人は日本のネットショップを利用しましょう。

FPVゴーグルとは5.8Ghzの電波を受信するためのモニター付きのゴーグルです。技適マークは必要ありませんが、日本で5.8Ghzの電波を使用するにはアマチュア無線4級以上の資格と、無線局の開局が必要になります。

お得な割引クーポンが出ている、5.8Ghz FPVゴーグル 一覧はこちらです。気になるFPVゴーグルがありましたら、クーポンコードをコピーしてお使いください↓↓

メーカー名/型番 クーポンコード 価格 台数 期限

FatShark
HDO 2

BGJPfs12

$445.99 10 11月30日午後3時

Skyzone
SKY03O

BGJPsky27

$385.99 30 11月30日午後3時

FPVゴーグルを選ぶポイント

はじめにFPVゴーグルを選ぶ時のポイントを紹介します。

FPVゴーグルのタイプ

FPVゴーグルの形状は大きくわけると単眼タイプか2眼式タイプにわかれます。

単眼タイプFPVゴーグル

5.8Ghz FPVゴーグル「BETA FPV VR01」実機レビュー
単眼タイプのFPVゴーグルのメリットは価格が安いことと、画面が1つですのでIPD(瞳孔間距離)の調整が必要ないことです。

2眼式タイプんのFPVゴーグルの場合、自分の目と目の距離に合わせてIPDの調整をおこなう必要があり、まれに目が離れている人や、目と目の距離が極端にせまい人の場合、サイズの調整がうまくいかず画面が2重に見えてしまいます。

自分の場合、顔がでかい(その分目が離れている)ので、IPDの最大に広げる幅がせまいゴーグルの場合、画面が2重になって見えてしまいます。

デメリットは、サイズが大きい機種が多いので持ち運びが不便なことと、画面酔いをしやすいところです(人にもよります)。
それとデザインはちょっとダサく感じます(個人的には)。

二眼式FPVゴーグル


二眼式FPVゴーグルのメリットはサイズがコンパクトで、見た目がカッコイイところです。

デメリットとしては上でも紹介しましたが、IPD(瞳孔間距離)の調整できる範囲がゴーグルによって違うため、サイズがたまに合わない場合があるということです。
顔が大きい方や、目が離れている方は、あらかじめメガネ屋さんで右目と左目の中心の距離を測ってから購入するのがおすすめですね。

自分は定規をあてて家族に計測してもらいました。
おおよその距離なら、そんな感じでもだいたいわかります。

それとデメリットは単眼タイプと比べると価格が高いところです。

HDMI Input AV IN OUTはついているか?

FPVゴーグルの中にはHDMIのInputポートや、AV IN、 OUTがついているものもあります。

HDMIのInputポートの使い方としては別の受信感度の良い機器で受信して、その映像をHDMIケーブルで接続してゴーグルの画面に映したり、PCとつないでFPVドローンレースをフライトシュミレーターで体験するのに使用することもできます。

それ以外にも映画やテレビゲームの画面をゴーグルに映し出して楽しむことも可能です。

AV OUTの使い方としては、FPVゴーグルで受信した映像をテレビやモニターなどに出力したりします。

ちなみに自分は特にどちらの機能も使用しません。

ビデオ録画(DVR)ができるか?

現状販売されているFPVゴーグルはほとんどの機種でビデオ録画(DVR)機能はついていますが、少し前の機種はついていない場合があるので、中古でヤフオクなどで購入する場合や価格がの安いFPVゴーグルの場合念のために確認してみましょう。

ただし録画される映像のクオリティーは低いので、観賞用というか記録用みたいな感じですかね。
綺麗な映像を残したい方は、FHDや4Kカメラがついているドローンや、GoProなどのカメラを別で購入してドローンに搭載して飛ばしましょう。

FHDで空撮できるドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

4kで撮影できるドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

それと綺麗な空撮をしたいなら、GoProliteを作って飛ばす方法もあります↓

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた BetaFPVから剥きプロを作るためのキット「GoPro lite」が発売され、好奇心からついに自分もGoProを剥いてみることにし...

IPD(瞳孔間距離)


人はそれぞれ顔の形や目の位置が違います。目が離れている人や、目と目の間の距離が短い人もいます。
IPD(瞳孔間距離)とは、左目の黒目の中心の位置から、右目の黒目の中心の位置までの距離のことを言います。
2眼式FPVゴーグルにはIPD(瞳孔間距離)を調節する機能があり、そのゴーグルによって調整できる範囲が変わってきます。
この調整がうまくできないと、左目右目でそれぞれ別の画像が見えてしまうので2重に画面がみえたりします。

IPD(瞳孔間距離)の調整を行うことにより、左右の画像が1つになってみえるようになります。

逆にIPDの調整幅が顔に合わない場合は画面が2つに見えてしまったりぼやけて見えてしまったりします。

2020年1月25日現在でIPD(瞳孔間距離)の調整幅がいちばん広いのは自分の知る限りでは「FatShark Dominator HDO2」で、54〜74mmの調整が可能です。

視野(FOV)の角度の違い

FPVゴーグルによって視野(FOV)は違ってきますが、個人的にはそこまで気にする必要はないと思っています。
視野30°の「Fat Shark Attitude V5」と視野35°「Skyzone SKY03O Oled」を比較してみましたが、違いがわからないくらい実際に画面にうつる範囲は変わりませんでした。

ということで、個人的な意見としては、そこまで視野(FOV)の違いは気にすることはないと考えています。

ちなみにFPVゴーグルの視野(FOV)で見える範囲はほとんど変わらないと個人的には思っていますが、ドローン機体のFPVカメラの視野(FOV)はかなり変わってくるので、ドローンのFPVカメラを選ぶときは、視野(FOV)の表記を確認してみるといいと思います。

焦点距離の調整機能がついているゴーグルもあり

それと焦点距離の調整機能がついているFPVゴーグルもあります。
焦点距離を調整すれば、目の悪い方や、老眼の方でも、メガネや、ジオプターレンズを使用しないでFPVゴーグルを使用することだってできます。

焦点距離の調整がついているFPVゴーグルは何点かありますが、以下のようなゴーグルが挙げられます↓

FatShark Dominator HDO2

5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Dominator HDO2」レビュー FatSharkから新しくFPVゴーグル「FatShark Dominator HDO 2」が発売されました。 2019年の11月...

Eachine EV300D↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」実機レビュー 今回はEachine(イーシン)から新しく発売された5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」の実機レビューをして...

Eachine EV800DM

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV800DM」実機レビュー 今回はEachineから新しく発売されたFPVゴーグル「Eachine EV800DM」の実機レビューをしていきます。 同...

Eachine EV300O

5.8Ghz FPVゴーグル Eachine EV300O レビュー 今回はEachineから新しく発売されたOLEDディスプレイのFPVゴーグル「Eachine EV300O」をレビューしていきます。...

ドローンレースに必須!おすすめのFPVゴーグル10選

FPVゴーグル Eachine EV800D

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】
IPD瞳孔距離の調整 単眼タイプ
内臓録画機能 あり 720×562
解像度 800×480
画面サイズ:5.0インチ
周波数範囲 5658~5917 40CH
バッテリー 内蔵7.4V /の1200mAhバッテリー
価格 10,000円前後(banggood)
その他の機能 寸法:180 × 145 × 82mm
重量:362g

おすすめポイントは価格が8000円以下で購入できるところと、本体が分裂して、普通の液晶モニターとしても利用できるところです。

新しくFPVゴーグルを買い換えた後でも使う用途があり、自宅でドローンの整備をする時のモニターに使用したり、FPVゴーグルの下に三脚用のネジがついているので、外で人の飛ばしているドローンの観賞用として使用することができます。
自分はこれの録画機能がついていないバージョンを、自宅でドローンを整備する時にいまでも使っています。

EACHINE
¥44,183
(2020/12/04 09:54:57時点 Amazon調べ-詳細)

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV800D』の紹介!録画機能付き 今回は5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV800D』を紹介します。 まぁ簡単にスペックを言えば以前に紹介している「E...

FPVゴーグル Eachine EV800DM

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV800DM」レビュー
IPD瞳孔距離の調整 単眼タイプ
内臓録画機能 あり 720×562
解像度 900×600
周波数範囲 5658~5917 40CH
バッテリー 3.8V / 2000mAh
価格 10,000円前後(banggood)
その他の機能 寸法:150*170*80mm
重量:320g(アンテナなし)

焦点距離の調整ができるFPVゴーグルで最安の機種です。
FPVゴーグル映る映像も綺麗ですしコスパはいいと思います。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV800DM」実機レビュー 今回はEachineから新しく発売されたFPVゴーグル「Eachine EV800DM」の実機レビューをしていきます。 同...

FPVゴーグル Eachine EV100

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】
瞳孔距離の調整 58〜68mm
FOV 28°
内臓録画機能 なし(あと付けでDVR機能をつけられます)
解像度 720 × 540
周波数範囲 5333Mhz-5945Mhz
バッテリー 7.4V 1000mAh(連続使用時間2時間)
サイズ 165mm × 76mm × 30mm
価格 11000円前後(banggood)

単体では録画できる機能はありませんが、2眼タイプのFPVゴーグルにしては価格が11000円と安いです。


録画もしたい場合はこのようなミニDVRを購入すれば録画も可能になります。

ちなみに「Eachine EV100」はミニDVRとセットでも販売されています。
価格は13000円くらいです。もし録画をしたいならセットで購入した方がお得です。

FPVゴーグル「Eachine EV100」は下の記事でも詳しく紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV100』レビュー!使い方も解説 今回は5.8GhzのFPVゴーグル「Eachine EV100」を紹介します。 おすすめの「5.8Ghz FPVゴーグル」は下...

FPVゴーグル Eachine EV300D

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」実機レビュー
瞳孔距離の調整 56-72mm
FOV 42°
内臓録画機能 あり
焦点距離の調整 あり
解像度 1280 × 960
前作EV200Dは1280×720
サイズ
価格 35000円前後
その他 HDMI IN
AV IN / AV out

人気のあったFPVゴーグル「Eachine EV200D」の後継機で、2019年12月ごろに発売されたFPVゴーグルです。
焦点距離の調整ができるようになり、FPVゴーグルに映し出せれる映像はとても綺麗です。

いまいちなポイントはは重量が重たいこと、バッテリーの減りが少し早いところです。
コスパはいいと思います。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」実機レビュー 今回はEachine(イーシン)から新しく発売された5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」の実機レビューをして...

FPVゴーグル Skyzone SKY02C

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】
IPD瞳孔距離の調整 59〜69mm
内臓録画機能 あり
解像度 854 × 480 px
画面対比 16:9と4:3変更可能
周波数範囲 5362Mhz-5945Mhz 48CH
バッテリー 2S~6S バッテリーに対応
価格 30,000円前後(banggood)2019年8月5日現在

2019年6月頃に発売された新商品です。
次に紹介する「Skyzone SKY02X」のフロントカメラがついていないバージョンです。
自分はフロントカメラは使用しないので、価格が安い「Skyzone SKY02C」はかなりおすすめです。
画面比率を16:9と4:3に変えられることも魅力の一つです。
それと重量も軽いのもいいですね。

SKYZONE SKY02C
Rabugogo

FPVゴーグル Skyzone SKY02X

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】
IPD瞳孔距離の調整 59〜69mm
内臓録画機能 あり
解像度 854 × 480 px
画面対比 16:9と4:3変更可能
周波数範囲 5362Mhz-5945Mhz 48CH
バッテリー 外付けで2s 7.4vを自分は使用
価格 32000円前後(banggood)2019年10月01日現在

2019年5月に発売された新商品です。
録画機能、HDMI、AV IN OUTがついていて、さらに画面対比も変更できるとてもおすすめできる5.8GhzFPVゴーグルです。

実際に購入してレビューしていますので、気になる方は詳しくは下の記事をごらんください。
とてもおすすめできる5.8GhzFPVゴーグルです。

5.8Ghz FPVゴーグル「Skyzone SKY02X」実機レビュー!使い方も解説 Skyzoneから新しく5.8Ghz FPVゴーグルが発売されました。 型番は「Skyzone SKY02X」。今回はこちらの5....

Skyzone SKY03O Oled / SKY03S


Skyzone SKY03シリーズが2機種いっぺんに発売されたのでまとめて紹介。
カラーバリエーションが豊富な人気のあるFPVゴーグルです。

FPVゴーグル Skyzone SKY03S スペック

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】
IPD瞳孔距離の調整 57.5〜69.5mm
FOV (field of view): 35°
内臓録画機能 あり
解像度 800 X 600(SVGA)
対比:4:3
周波数範囲 48CH
重量 233g
サポートマイクロSD 128GB
大きさ 170mm(L) 83mm(W) 44mm(H)
価格 41000円前後(banggood)2019年8月3日現在

Skyzone SKY03O Oled

IPD瞳孔距離の調整 57.5〜69.5mm
FOV (field of view): 35°
内臓録画機能 あり
解像度 1024 X 768(XGA)OLED
対比:4:3
周波数範囲 48CH
重量 231g
サポートマイクロSD 128GB
大きさ 170mm(L) 83mm(W) 44mm(H)
価格 45000円前後(banggood)2019年8月3日現在

SKY03O / SKY03Sの違いは液晶ディスプレの違いだけです。
SKY03Oの方はOLEDディスプレイを搭載していて、画面の色が鮮やかに見えます。
ただ個人的な感想としてはたしかに色鮮やかなのですが、コントラストが強い感じであまり好きではない色味です。
ちなみに両機種とも画面比率は4:3ですので一緒です。

個人的におすすめなのはOLEDディスプレイじゃない方の「SKY03S」の方です。
ミドルクラスの価格帯で実際に画面にうつる映像も綺麗です(コントラストの具合が自分は好み)

ARRIS(アリス)
¥53,361
(2020/12/04 09:54:59時点 Amazon調べ-詳細)

OLEDディスプレイの「SKY03O」の実機レビューはこちら↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル Skyzone SKY03O 実機レビュー【他のFPVゴーグルとの比較も】 今回は5.8Ghz FPVゴーグル Skyzone SKY03O の実機レビューをしていきます。 2019年の9月に発売された最新...

価格の安い「SKY03S」も実機レビューをしています↓↓

FPVゴーグル「Skyzone SKY03S」実機レビュー【ドローン】 今回はSkyzoneのFPVゴーグル「SKY03S」の実機レビューをしていきます。 以前に紹介したFPVゴーグル「Skyzon...

FPVゴーグル Eachine EV300O

5.8Ghz FPVゴーグル Eachine EV300O レビュー
瞳孔距離の調整 58-71mm
FOV 38°
内臓録画機能 あり
焦点距離の調整 あり
解像度 1024*768
サイズ 185*75*67mm
重量 262g
価格 52000円前後

焦点距離の調整もできて、映像も綺麗なのでよいとは思うのですが、価格がちょっと高いです。
個人的にはここまで価格が高くなるならHDO2を買ってしまった方がいいと思ってしまいます。
EachineのFPVゴーグルは割引クーポンがでたり、価格が下がる場合がよくあるので、その時を狙って購入するならいいかもしれません。

詳しくは下の記事で実機レビューしています↓

5.8Ghz FPVゴーグル Eachine EV300O レビュー 今回はEachineから新しく発売されたOLEDディスプレイのFPVゴーグル「Eachine EV300O」をレビューしていきます。...

FPVゴーグル FatShark Dominator HDO2

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】
IPD瞳孔距離の調整 54〜74mm(前作は59〜69mm)
焦点距離の調整が可能:+2 〜 -6
内臓録画機能 あり
解像度 1280 X 960(前作は1024 X 768)
画面比率:4:3
OLEDディスプレイ
FOV 46°(前作は37°)
重量 206g(前作は186g)
サイズ 169.2 x 80 x 45.5 mm(スペック表ではサイズは前作と一緒)
バッテリー 18650セルバッテリー(別売り)
※バッテリーを入れるケースは付属品としてついてきます
価格 (banggood)2019年11月1日時点 $499.99

「FatShark」の最上級モデルの「Dominator HDO2」です。
画面比率は4:3 16:9 どちらも選択できてどちらも見やすく色合いも綺麗です。
「FatShark Dominator HDO2」は値段が高いですが予算に余裕があるならこれを買っておけば間違いない商品です。
それと焦点距離の調整もついているので目が悪い方や老眼の方でもそのまま調整して使用できます。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Dominator HDO2」レビュー FatSharkから新しくFPVゴーグル「FatShark Dominator HDO 2」が発売されました。 2019年の11月...

それとHDO2はVTXの電波を受信するレシーバーがついていませんので別で購入する必要があります。
HDO2で使用できる受信モジュールは下の記事で紹介しています↓↓

FPVゴーグルの受信モジュール まとめ!おすすめは?【FatShark】FatSharkのFPVゴーグルは機種によっては別売りの受信モジュールを購入する必要があります。この記事ではFatSharkのFPVゴーグルに必要な受信モジュールのまとめとどれがおすすめなのかを紹介しています。...

5.8Ghz FPVゴーグル FatShark Scout

5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Scout」レビュー
IPO瞳孔距離の調整 単眼レンズの為なし
FOV(視野):50度対角線
内臓録画機能 あり
解像度 1136 X 640
比率 71:40
重量 336.5 g
マイクロSD 64ギガバイトまでのMicroSDをサポート
サイズ 170 x 120 x 95 mm
価格 21000円前後(banggood)2019年8月26日現在

メガネをかけならがら使用できるFPVゴーグルです。こちらもFatSharkから発売される最新単眼タイプのFPVゴーグルです。
録画のフレームレート60fps。

ARRIS(アリス)
¥29,705
(2020/12/04 09:55:00時点 Amazon調べ-詳細)

気になる方は下の記事で実機レビューをしていますので、合わせてごらんください↓↓

メガネをかけながら使えるFPVゴーグル「FatShark Scout」実機レビュー 今回は「FatShark」から新しく発売された5.8Ghz FPVゴーグル「Scout」の実機レビューをしていきます。 メガネをか...

価格帯別におすすめのFPVゴーグルを紹介します

今回はドローンレースには必須のおすすめのFPVゴーグルを紹介しましたが、10個も紹介してしまったので、どれを購入するか迷ってしまいますよね。

ですので最後に価格帯別におすすめのFPVゴーグルを選んでみました。

1万円前後のFPVゴーグルの中から選ぶなら

まずは価格が安い1万円前後のFPVゴーグルの中からおすすめのものを選んでいきます

Eachine EV100


1万円くらいのFPVゴーグルの中から選ぶなら2眼タイプの商品を選ぶなら「Eachine EV100」のDVR録画セットがおすすめです。
おすすめポイントは安さと軽さ。安いのでしょうがないのですが、実際に見える映像は(画面)は小さく、3万円クラスのものと比べると見ずらいです。

Eachine FPVゴーグル EV100
Crazepony

Eachine EV800D


こちらは1万円以下で購入できる単眼タイプのFPVゴーグルです。
おすすめポイントはFPVゴーグルを分割することができて、後から性能の高いFPVゴーグルを買った後でも、ドローン修理用の時の液晶モニターなどにも使えるところです。あと安いのに録画機能もついているところがいいですね。

EACHINE
¥44,183
(2020/12/04 09:54:57時点 Amazon調べ-詳細)

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV800D』の紹介!録画機能付き 今回は5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV800D』を紹介します。 まぁ簡単にスペックを言えば以前に紹介している「E...

3万円前後のFPVゴーグルの中から選ぶなら

次は3万円前後のFPVゴーグルの中からおすすめ品を紹介します。

「Skyzone SKY02X」とフロントカメラなしの「Skyzone SKY02C」


HDMI INポート、AV IN、AV OUT付き。フロントカメラもついていてコスパの高いFPVゴーグルです。
2019年5月に発売された「Skyzone」のわりと新しいFPVゴーグル。
おすすめのいちばんのポイントはコスパの良さで、「HDMI INポート、AV IN、AV OUT付き」で3万円くらいで購入できるFPVゴーグルは他にはありません。画面比率も16:9と4:3どちらにも変更可能です。16:9が基本的にはおすすめで、4:3で使用すると表示される画面が少し小さくみずらいです。4:3がよくて、3万円クラスのFPVゴーグルがいいいなら「Fat Shark Attitude V5」がおすすめです。

Skyzone SKY02Xと性能は一緒!フロントカメラなしで価格が安い「Skyzone SKY02C」はこちら↓↓

Eachine EV300D

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」実機レビュー

3万円クラスのゴーグルで、いろいろな機能がついていれコスパを考えればいちばんよいゴーグルだと思います。
FPVゴーグルに映し出される映像も、自分が使用したことのある3万円クラスのゴーグルの中では色鮮やかでいちばん綺麗だと思いました。
※スカイゾーンのSKY03Sは使用していないので比較対象外です

ただデメリットもあり
「重量が重い」
「バッテリーの減りが早い」
などがあげられます。

その他、個人的にはデザインは「スカイゾーン」や「ファットシャーク」の方がカッコイイと思います。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」実機レビュー 今回はEachine(イーシン)から新しく発売された5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」の実機レビューをして...

お金に余裕があるなら

ここからは特に予算は関係ない。とにかく最高のFPVゴーグルが欲しいという人におすすめしたい商品を紹介します。

FatShark Dominator HDO2


お金に余裕があるなら「FatShark Dominator HDO2」がおすすめです
「FatShark」のFPVゴーグルはドローンレースをしているプロがよく使用しているメーカーでもあります。
そのメーカーの最上級モデルが「FatShark Dominator HDO2」です。
価格は高いですが、満足することは間違いなしです。

焦点距離の調整もできるので、目が悪い方や老眼の方でもジオプターレンズを使用しないでもOKです。
画面に映る映像もめっちゃ綺麗で、ほんと最高に素晴らしいFPVゴーグルだと思います。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Dominator HDO2」レビュー FatSharkから新しくFPVゴーグル「FatShark Dominator HDO 2」が発売されました。 2019年の11月...

ORQA FPV.One


とにかくFPVゴーグルのDVR機能で録画された映像は綺麗です。
それ以外はFatShark Dominator HDO2の方がおすすめです。

価格が高すぎるのがイマイチですね。
とにかくDVR機能を重視する人にはおすすめできるFPVゴーグルです。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

ORQA FPV.One 5.8Ghz FPVゴーグル実機レビュー 今回はORQA FPV.One 5.8Ghz FPVゴーグルのレビューをしていきます。 ついにbanggoodでも「ORQA ...

まとめ

FPVゴーグルを20個近く使用してみましたが、いろいろ使ってきた今でもFPVゴーグル選びはとても難しいと感じています。
人によって顔の形状は違うし、FPVゴーグルに映る画面の色合いなどの好みも違うし、、、、
まぁ人によって感じ方すべて違いますので。

ただ個人的には、1万円前後のFPVゴーグルを買うなら、少し頑張って3万円くらいのFPVゴーグルを買ったほうがいいと思っています。
画面の見やすさがぜんぜん違います。

以上、この記事がFPVゴーグルを選ぶときの参考になれば幸いです。

初心者におすすめしたいマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルのセットは下の記事で紹介しています↓↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事では初めてマイクロ...

FPVゴーグルをすると酔ってしまうなど合わない人は


FPVゴーグルをすると酔ってしまうなど、、、合わない人はスマートフォンをモニターとして使用できる受信機も売っています。

Android携帯のみですが、気になる方は下の記事で紹介していますのでチェックしてみてください↓↓

Eachine ROTG02 レビュー!FPVゴーグルの代わりのモニターとしておすすめ 今回はFPVゴーグルをすると酔ってしまったりしてなんか合わないなぁ〜って人におすすめの「Eachine ROTG02」を紹介します。...

youtubeでも比較とレビューをしています

youtubeでは5.8GhzFPVゴーグル「Skyzone SKY02X」「Eachine EV300D」「FatShark HDO2」の比較しています。

POSTED COMMENT

  1. […] ドローンレースに必須!5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2019年最新版】 今… スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

  2. […] ドローンレースに必須!5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2019年最新版】 今… スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です