DJI Air 2S 販売開始!


DJIから新しいドローン「DJI Air 2S」の販売が開始されました!
詳細はこちらから

ドローンパーツ

【ドローンにおすすめのVTX】系統図が入手できそうなVTXまとめ

【ドローンおすすめのVTX】系統図が入手できそうなVTXまとめ
5.8Ghzのドローンを飛ばすのには無線局の開局が必要になります。
無線局を開局すのに必要になってくるのは「そのドローンについてくるVTXの系統図」です。

この記事は系統図が入手できるVTXの中から、使いやすそうなVTX一を紹介しています。

ほとんど「日本ドローン協会会長 戸澤さん」のところで系統図を作成してくれるVTXをまとめているだけですけど。

ちなみに戸澤さんについては下の記事で詳しく紹介しています↓

【ドローンの開局申請】VTXの系統図は戸澤さんのところで入手できます ドローンの開局申請にはVTXの系統図が必要になります。 日本のショップで購入する場合はVTXの系統図が付いてくる場合もありますが、...

勘違いしているものもあるかもしれませんので、念のため購入する前に戸澤さんにメールで確認してください。VTXを購入してからこの系統図はないよって言われないように。

無線局を開局してドローン(VTX)を登録するときは、先にVTXなり、ドローン本体(VTX)を先に購入してからでないと申請手続きはすることができません(VTXが手元にないのに先に申請するのはNG)。JARDに問い合わせたらルールですので、、、と言われてしまいました。ちなみTSSはVTXを何台まとめて申請しても金額は一緒です。たぶんJARDは一台1000円。ですのでTSSの場合、VTXが手元になくてもとりあえず使えそうなVTXをたくさん申請したいところですが、、、そんなルールとのことです。ちなみにTSSのVTXの追加申請の手数料は何台やっても一回につき4000円です。

200g未満のマイクロドローンに使いやすそうなVTX

まずは200g未満のマイクロドローン や3インチのドローンに使いやすそうなVTXを紹介していきます。

HGLRC Forward MT VTX Mini

VTX「HGLRC Forward MT VTX Mini」をレビュー!600mW出力
600mWの高出力で20mm 20mm のネジ穴があるので、


上の画像のような感じで基盤のタワーに設置しやすいです。
電源は5Vでとれるようになっています。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

VTX「HGLRC Forward MT VTX Mini」をレビュー!600mW出力 今回はHGLRCの高出力できるVTX「HGLRC Forward MT VTX Mini」をレビューしていきます。 電源は5vでと...

BETAFPV A01

最大出力は200mWで使いやすいVTXです。
BetaFPVのドローンによく使われています。

RUSH Tiny Tank Mini

350mW出力ができて小型のVTXです。かなり人気のあるVTXで価格は少々お高めです。
戸澤さんのところで系統図は入手可能。

詳しくは下の記事でレビューしています↓

「RUSH Tiny Tank Mini」VTXをレビュー!軽量ミニサイズでおすすめ 今回は「RUSH Tiny Tank Mini」VTXをレビューしてきます。 自分はVTX単体で購入したのですが、2021年1...

TBS Unify Pro32 Nano 5G8

小さすぎるのでハンダが大変でしたが高品質なVTX。
最大400mWまで出力が可能です。

このVTXは、ARMATTAN 3インチフレーム「Tadpole」で自作ドローンを作るときに使用しました↓

ARMATTAN 3インチフレーム「Tadpole」で自作ドローンを作成 ARMATTANの3インチフレームで自作のドローンを作ってみました。 今回はその時の記録です。 ドローン関連のパーツ類の...

Whoop_VTX

【ドローンにおすすめのVTX】系統図が入手できそうなVTXまとめ
価格も安いですし戸澤さんのところで入手が可能なVTXです。ビスとゴムなどもついているので、いろいろなドローンに使いやすいです。
純正でこのVTXを搭載しているドローンもたくさんあります。

「Whoop_VTX」をデフォルトで搭載しているドローンはこちら↓

Happymodel Larva X HD 125mm ↓↓

Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】 今回はHappymodel Larva X HD 125mmの実機レビューをします。 Happymodelのクー...

Eachine Twig 115mm ↓↓

Toothpick?Eachine Twig 115mmドローン 実機レビュー【FHDで録画が可能】 今回はFHDで空撮できる「Eachine Twig 115mm 3 Inch」の実機レビューをします。 ジャンルとしては「Toot...

Eachine NANO VTX

【ドローンにおすすめのVTX】系統図が入手できそうなVTXまとめ
小型で400mW出力ができるVTXです。
戸澤さんのところで系統図は入手できるし、価格も安く個人的におすすめのVTX。

価格がやすくて飛距離もでていい感じでした(レビュー記事)↓

Eachine NANO VTX レビュー!高出力で安くておすすめ 発売からそこそこ経過しているドローンのVTXですが、はじめて実際に使用したのでレビューしていきます。 価格は1500円程度で購入で...

UR65 US65 UK65

UR65シリーズ。マイクロドローンをはじめるにあたりおすすめの機種です。
カメラと一体型VTXです。
戸澤さんのところで系統図は入手可能です。

Eachine TX06 700TVL


カメラと一体型のVTXを探しているなら「Eachine TX06」もおすすめ。
価格が安くコスパがいいです。
戸澤さんのところに系統図あり。

Happymodel Mobula6 HD と Mobula6

VTXの紹介の記事ですが、FC内蔵のVTXなのでドローンごと紹介しちゃいます。
どちらもおすすめのドローン。

出力は25mWと小さいですが100mくらいはギリいけます(飛ばす環境にもよりますけど)。

系統図は戸澤さんのところで入手可能です。

「Happymodel Mobula6 HD」↓↓

「Happymodel Mobula6」↓↓

どちらのドローンもレビューしています↓

マイクロドローン Happymodel Mobula6 レビュー 発売からかなり経過しているので、今更レビューって感じもしますが、世間の評判が良すぎるので思わずポチってしまいました。 今回はマイク...
軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー 1sバッテリーでHD画質で空撮できる「Happymodel Mobula6 HD」。 飛ばせる準備が整いましたので、実機レビューを...

Eachine UZ65


VTXの型番はよくわかりませんが、Eachineの65mmサイズの「UZ65」の系統図も戸澤さんのところでVTXの系統図の入手が可能です。
21gのドローンですが100mW出力できるVTXがついているマイクロドローン。
Mobla6にも負けないくらいいい感じで飛ぶドローンで燃費もよくMobla6より長い時間飛行できます。

詳しくは下の記事でレビューしています↓

Eachine UZ65 65mm マイクロドローン レビュー! 今回は65mmのマイクロドローンで重量が21gと軽い「Eachine UZ65 65mm」をレビューしていきます。 ...

200g以上のドローンに合いそうなVTX

ここからは200g以上のレーシングドローンに使えそうなVTXの紹介。
電源の入力が7V〜のものも混じっているので、FCからの電源出力に注意してください。

ちなみに電源出力が7V以上のポートに、5.5Vくらいまでしか対応していないVTXを取り付けると煙が出てぶっこわれるので注意してください。

逆の場合は電源が入らない、または入るけど電波が乱れたりうまく動作しません。
たぶん壊れはしませんが、電圧には注意してください。

TBS UNIFY PRO 5G8 HV (SMA)


800mWまで出力できるのでロングレンジもできる高品質なVTX。
5インチでフリースタイルをやっている人の使用率は高いVTXだと思います。
電源の入力が7Vから。
アリエクスプレスで購入できます。

「MR STEELE APEX KIT」のパーツ構成でもこのVTXが使われています。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

【KISS FC V2 の設定】MR STEELE APEX KIT ビルド 3ヶ月前くらいに「MR STEELE APEX KIT」は購入していてストックしていたのでが、KissのFC、ESC、は購入しておら...

Team Blacksheep Unify Pro 5G8 HV – Race


出力が最大200mWですので、ロングレンジには向いていませんがそのぶん価格が安い高品質なVTXです。
商品名もRaceというだけに、ある一定の空間だけで使用するのに向いています。
TBSのVTXにしては価格が安いところがおすすめポイントです。

こちらもアリエクスプレスで購入可能です。

まとめ

この記事で紹介しているVTXの系統図は、ほとんど戸澤さんのところにあります。
それと日本のショップで購入すれば、系統図はついてきます。

価格は海外通販より少し高くなる場合もありますが、日本のショップなら機体を購入するとVTX系統図もついてくることがほとんどです。

ドローンを海外で安く買って、系統図は戸澤さんに売ってもらう。
または日本のショップで系統図付きで少し割高で買う。

どちらか2択でしょうか。

そして最後に、ちょっと愚痴をこぼします。

アマチュア無線の免許と開局申請まではしょうがないと思うのですが、VTXの追加申請はしないでも新しいドローンを飛ばせる仕組みになってもらいたいです。

無線局の開局にお金がかかるのは仕方ないとしても、無線機の追加申請にもお金がかかるのはちょっときつい(笑)
毎年払う電波料金は少し高くしてもいいから、追加申請はなくしてもらいたいです。

出力は違いますが、どの系統図もそこまで変わらないし。

まぁとりあえず、マイクロドローンの沼に一度落ちると、お金が大量に消費されるようです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です