ドローンパーツ

【ドローンにおすすめのVTX】系統図が入手できそうなVTXまとめ

【ドローンおすすめのVTX】系統図が入手できそうなVTXまとめ
5.8Ghzのドローンを飛ばすのには無線局の開局が必要になります。
無線局を開局すのに必要になってくるのは「そのドローンについてくるVTXの系統図」です。

この記事では系統図が入手できそうなVTXの中から、さらに使えそうなVTX一覧をつくってみました。ほとんど自分用の記事(笑)

ほとんど「日本ドローン協会会長 戸澤さん」のところで系統図を作成してくれるVTXをまとめているだけですけど。

勘違いしているものもあるかもしれませんので、念のため購入する前に確認してください。VTXを購入してからこの系統図はないよって言われないように。

無線局を開局してドローン(VTX)を登録するときは、先にVTXなり、ドローン本体(VTX)を先に購入してからでないと申請手続きはすることができません(VTXが手元にないのに先に申請するのはNG)。JARDに問い合わせたらルールですので、、、と言われてしまいました。ちなみTSSはVTXを何台まとめて申請しても金額は一緒です。たぶんJARDは一台1000円。ですのでTSSの場合、VTXが手元になくてもとりあえず使えそうなVTXをたくさん申請したいところですが、、、そんなルールとのことです。ちなみにTSSのVTXの追加申請の手数料は何台やっても一回につき4000円です。

200g未満のマイクロドローンに使えそうなVTX

BETAFPV A01 VTX + EOS2 Camera


Beta75X HDなどに使用されているVTX。
中華フープ飛ばすならこれから開局するのもいいかも。
betaFPVの販売ページで普通に系統図は配布されています。


Beta85シリーズのVTXはこんな感じ。

Z02もネット検索で手に入るかも。

Whoop_VTX


価格も安いですし戸澤さんのところで入手が可能なVTXです。ビスとゴムなどもついているので、他のドローンにも使用できそうです。
「Happymodel Mobula7 HD」の純正VTXとしても使用されているので、そのまま開局して飛ばすことも可能です。

bHappymodel Mobula7 HDはこちら↓

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

マイクロドローン Happymodel Mobula7 HD 実機レビュー【tiny whoop タイニーフープ】 今回はマイクロドローン「Happymodel Mobula7 HD」の実機レビューをしていきます。 最近はやりのtiny whoo...

RunCam TX200U


かなりいろいろな中華フープに使用されているVTXです。

「RunCam TX200」なら戸澤さんのところで系統図は入手可能。スマートオーディオ対応の「RunCam TX200U」はちょっとわかりません。戸澤さんに問い合わせはしたけど返事がこなかったw

FHDで撮影できる「Diatone 2019 GT HD」などもこのVTXを使用しています。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

マイクロドローンDiatone 2019 GT R249 HD レビュー 今回もFHDで空撮できるマイクロドローンを紹介します。 機種名は「Diatone 2019 GT R249 HD」。 もうホ...

Eachine VTX03S


安くてスマートオーディオ対応、みんな大好き「Eachine VTX03S」です。
ビス穴とかないので、設置の仕方がいまいち自分はうまくできていませんが、両面テープで止めたり、グルーガンや、タイラップでとめたりして使用しています。戸澤さんのところで系統図の入手が可能です。ちなみにスマートオーディオに対応していない「Eachine VTX03」も系統図は一緒です。

UR65 US65 UK65

UR65シリーズ。マイクロドローンをはじめるにあたりおすすめの機種です。
カメラと一体型VTXです。
戸澤さんのところで系統図は入手可能です。

Fullspeed FSD TX600

Fullspeedから発売されているマイクロドローンにかなり使われているVTXです。
Fullspeedのマイクロドローンが好きなら、何台か開局することをおすすめします。

人気の「Toothpick」から、

FHDで空撮できる「FullSpeed TinyLeader 75mm HD」も「FSD TX600」を使用しています。

あの4Kで撮影できる「Fullspeed 4K TurboWhoop」も「FSD TX600」を使用しています。
カメラがwifiを使用していて、技適が、、、、ですけどね。

XJB TX20


昔からあるVTXで3インチくらいのレース機に搭載されていたりします。戸澤さんのところで系統図は入手可能。

「XJB TX20」を搭載しているドローンはこちらの「HGLRC XJB-145MM FPV レーシング ドローン」などがあります。
機体の重量は120gなのでバッテリー入れても200g未満で抑えられそうな機種です。うまくセッティングすればGoProを搭載して飛ばすこともできるかもしれません。youtubeにはGoPro搭載動画があがっていました。
開局手続き中ですので、こんど「Rum cam 5」あたりのカメラ搭載してフライトする予定です。
GoPro5も持っているので、搭載して飛ばせるか挑戦してみます。 

youtube動画はこちら↓↓

200g以上のドローンに合いそうなVTX

200g以上の5.8Ghzのドローンを飛ばしたことはないので、なんとも言えませんがとりあえずそのうちまとめます。

TBS UNIFY PRO 5G8 HV (SMA)


800mWまで出力できるのでロングレンジもできる高品質なVTXです。
電源の入力が7V~なので5インチ機に向いていてます。
アリエクスプレスで購入できます。

Team Blacksheep Unify Pro 5G8 HV – Race


出力が最大200mWですので、ロングレンジには向いていませんがその分価格が安い高品質なVTXです。
商品名もRaceというだけに、ある一定の空間だけで使用するのに向いています。
TBSのVTXにしては価格が安いところがおすすめポイントです。

こちらもアリエクスプレスで購入可能です。

まとめ

系統図さがして、どこで入手できるか調べているのですが、
系統図があると、VTXが欲しくなって、、、最後にドローンも買いたくなる。

「普通ドローンが飛ばしたい→系統図を探す」だと思いますが、系統図を探していて見つかると、、、

見つかったVTX系統図を使用しているドローンが欲しくなるという変なサイクルに陥ってしまっています、、、
まぁしょうがない。

とりあえず、マイクロドローンの沼に一度落ちると、お金が大量に消費されるようです。
おそろしや〜おそろしや〜

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です