FPVゴーグル

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV900』レビューと使い方マニュアル


今回は5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV900」を紹介します。
HDMI入力がついていて11000円ぐらいで購入できるおすすめの5.8GhzFPVゴーグルですよ。

こちらの商品は海外通販サイトbanggoodで購入できます↓

Eachine EV900をbanggoodで見てみる

その他のおすすめの5.8Ghz FPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

ドローンレースに必須!5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2019年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

FPVゴーグル Eachine EV900のスペック

IPD瞳孔距離の調整 単眼タイプなので調節機能なし
内臓録画機能 なし
解像度 1920 × 1080
周波数範囲 5333Mhz-5945Mhz
バッテリー 3.8V 2400mAhバッテリー(駆動時間2時間10分)
重量 330g
サイズ 148x 146 x 120 mm
価格 11000円前後(banggood)
その他の機能 ・HDMIポートを使って映画やテレビなどの入力ができます
・V-inポート(音の入力)
・ビデオ出力:EV900がRXモードで動作している場合、アナログビデオはこのポートを介してDVR録画デバイスに接続できます。
・画面サイズ:5.0インチ
・画面の明るさ:屋外FPVのための特別な高輝度バックライトLEDと600cd / m2
・リフレッシュレート:120Hz
・ビューアングル:140/120度(水平/垂直)
・視野角:85度

FPVゴーグル Eachine EV900 セット内容

  • EV900 AR VR FPVゴーグル
  • StingPadアンテナ
  • K-loverleavesアンテナ
  • USB充電ケーブル
  • バッテリー充電ケーブル
  • AV INケーブル
  • 専用ケース
  • マニュアル

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV900』開封


『Eachine EV900』を開封していきます。


まずは上を開けて、


このような専用の収納ケースがでてきます。


収納ケースの素材はなかなか高級感がありいい感じです。
プラスチックとはまた違いますが、少し硬い素材でできていますので、ゴーグルを安心して持ち運ぶことができそうです。


ゴーグルの素材感もなかなかいい感じです。
11000円で安いゴーグルだったので、素材はあまり期待していなかったのですが、そこそこ高級感があります。


ケースを開けるとこのようにゴーグルやアンテナなどが収納されています。

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV900』レビュー

長時間装着していても疲れづらい


単眼レンズタイプのゴーグルですので、重量が330gとそこそこ重たいのですが、顔とゴーグルの接地面のクッションが気持ちのよい素材でできていてるので長時間ゴーグルをしていても疲れない感じがしました。

そこそこの重量はあり


重量は394gとそこそこあります。
ただ顔との接地面のクッションがいい感じの素材ということもあり、そこまで不快な重量だとは感じませんでした。

解像度が高い(1920 × 1080)

解像度が高く「1920 × 1080」となっています。
外部入力のHDMI端子もあることから、映画やテレビ、ゲームなどの映像をFPVゴーグルに直接つないで、みることもできます。
解像度が高いところから、たぶんそういった使用を考えて設計されているような気もします。

テレビがない場所でも映画を見たりすることも可能になります。


それと外部入力を使ってゲームをやることもできます。
付属品としてHDMIケーブルもついていきますので、そのままゴーグルに差し込めば大迫力でゲームをすることも可能です。


しかも解像度が「1920 × 1080」と高いため、ゲームの画面もめちゃくちゃ綺麗に写るんですよね!!

DVR録画機能はなし

このゴーグルは録画機能はついていません。
まぁ11000円で購入できるので、しょうがないともいえますが。

単眼レンズだけどメガネ着用不可

単眼レンズの場合、メガネをしながらでも可能なゴーグルはありますが「Eachine EV900」は設計上メガネ着用での使用はできませんでした。

Eachine EV900の使い方・マニュアル

電源のON/OFFや入力切り替えなど


電源のON/OFFは上部の電源ボタンを長押しで行います。


M/SRCボタンは入力などの切り替え「ダイバーシティ」「AV」「HDMI」を切り替えていきます。
切り替え後の決定ボタンは「BAND+」で行います。

「Search」ボタンを押せばオートスキャンで受信できる電波をとらえます。

「CH+」ボタンは手動でチャンネルを変更するときに使用します。

HDMIインポートとイヤホンジャック


HDMIインポートとイヤホンジャックはゴーグルの左側にあります。
映画やゲーム、テレビの映像などをモニターに出力したい時は、HDMIポートとテレビやゲームの出力ポートと接続すればOKです。
音声を聞くには音声ジャックにイヤホンやスピーカーと接続する必要があります。


ゴーグルの右側にはバッテリーの充電ポートがあります。
充電したい時はそこのジャックと接続します。

Eachine EV900 おすすめ・いまいちポイント まとめ

Eachine EV900 おすすめポイント

  • 解像度が高いのでHDMI入力を使って、ゲームや映画のモニターとしても楽しめる
  • 顔との接地面のクッション性が気持ち良く長時間つけていても疲れづらい
  • 価格が安い
  • 5.8Ghzの電波受信の映像も綺麗

Eachine EV900 いまいちポイント

  • 録画機能はついていない

価格を考えれば録画機能が付いていないのはしょうがないんですけどね。
あえていうといまいちポイントはそこになります。

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV900』の外観


外観はこんな感じです。

まとめ

解像度が高く綺麗な映像をHDMI入力で見れることから、5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV900』は、ドローンレース以外の用途でも使用できるFPVゴーグルだとおもいました。
「HDMIケーブルを使って、ゲームやテレビ、映画などの映像も見たい!」

そんな感じの用途にも使えます。これで録画もできればコスパ最強のFPVゴーグルだったんですけどね。
まぁそれはしょうがない(笑)

気になる方は海外通販サイトbanggoodでチェックしてみてください↓

Eachine EV900をbanggoodで見てみる

海外通販サイトでの購入の経験がなく、買い方がわからない人は下の記事を参考にしてください↓↓

banggood(バングッド)商品の買い方やクーポンの使い方 今回はbanggoodでの商品の購入方法や、クーポンの使い方を紹介します。 日本語訳にできるので、そこまで難しくなく誰でも購入でき...

日本のネットショッピングでも購入可能ですが、価格が海外通販サイト「banggood」の2倍以上します。

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

banggood春の大セール実施中!お得なクーポン付き

詳しくはバナーをクリック!banggoodのセール会場へ移行します↓↓

banggood春のセール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です