FPVゴーグル

メガネをかけながら使えるFPVゴーグル「FatShark Scout」実機レビュー

5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Scout」レビュー
今回は「FatShark」から新しく発売された5.8Ghz FPVゴーグル「Scout」の実機レビューをしていきます。
メガネをかけながらでも使える5.8Ghz FPVゴーグルです。

banggoodで2万円くらいで購入可能。気になる方はチェックしてみてください↓↓

おすすめのFPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

ドローンレースに必須!5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2019年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

5.8GhzFPVゴーグル FatShark Scout スペック

5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Scout」レビュー
IPO瞳孔距離の調整 単眼レンズの為なし
FOV(視野):50度対角線
内臓録画機能 あり
解像度 1136 X 640
比率 71:40
重量 336.5 g
マイクロSD 64ギガバイトまでのMicroSDをサポート
サイズ 170 x 120 x 95 mm
価格 21000円前後(banggood)2019年6月15日現在

5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Scout」開封レビュー


まずは開封レビューからしていきます。


箱をあけると専用の収納ケースが入っています。


収納ケースの下には、クロスやステッカー、などが入っていまいした。


収納ケースをあけると、本体と、アンテナが入っています。


箱からゴーグルを取り出したところ。


セット内容はこんな感じ。

  • 1×FatShark FPVゴーグル本体
  • 1×5.8GHz帯オムニアンテナ
  • 1X オムニアンテナLEDリング
  • 1×18650 2600mAhのバッテリー(内蔵のヘッドセット)

5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Scout」の特徴

ここからは5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Scout」の特徴や使用した感想・レビューをしていきます。
まだ使用回数が少ないので内容が薄いですが、今後使ってみて気づいたことがあったら追記していきます。

メガネが装着できる仕様


メガネを装着してでも使用できるような形状になっています。
自分は目はレーシック手術でよくしてしまったので、近眼ではありませんが、ブルーライトカットのメガネをはめんこでみたところ、イイ感じで装着して使用できそうな感じでした。


ゴーグル内にはメガネのフレームが入るようにくぼみができています。
ちょうど上の画像の指の先の部分のスポンジをとれば、すっぽりめがねが入るようになっています。
ただめがねの縁が極端に大きいものだと入らなそうな感じです。

近視や老眼の方にはいいですね。

バッテリーは18650リチウムイオン電池


バッテリーは18650リチウムイオン電池を使用しています。

アマゾンで安く売っているし、交換できるので便利です。

18650充電池3.7 V 5000 mAh 高速充電器付き
Hqdz

デフォルトで1本ついてきますが、充電器はついていないので購入する必要があります。

マイクロSDは64GBまで対応


マイクロSDのスロットルは左サイドにあり、64GBまで対応しています。

装着感はなかなか良いです


高級感のある良さそうなクッションを使用していて、装着感はなかなか良いです。
デフォルトで鼻の部分の追加クッションが入っていますので、ぴったり密着する感じの方がいい人はクッションを入れるといいと思います。
自分はほどよく顔との接地面は隙間があいていた方がいいと思っている人なので、追加のクッションは入れないで使用しています。

AV INポート付き


AVのINポート、タイプCのUSBポートもついています。
まだ使っていません。

直感的に操作できて使いやすいです


操作のボタンは上部にあるのみですが、直感的に操作ができてわかりやすいです。
自分は説明書なしでも特に問題なく操作ができました。

十字キーの上下はを明るさの変更。
十字キーの左右はコントラストの変更。

十字キーの中心を押すと録画の開始。
十字キーの中心の長押しは、画面に設定項目を表示し、細かい設定ができます。
録画の設定やファンの設定などなど。

CHキーを押すとチャンネルの変更。
CHキーの長押しはバンドの変更。

なんとなく、直感的に操作ができて、とても使いやすいと感じました。

デザインがかっこいい


いままで見た単眼レンズのなかでは、いちばんカッコイイと思いました。
まぁ個人的な意見になりますけど。

画面の写りは綺麗です


実際に見た画面のうつりは綺麗です。
ただ部屋で飛ばした時に感じたのですが、障害物が少しでもあるとノイズがすぐに入る印象をうけました。
外で飛ばしてみるとそこまでノイズは気にならなかったのですが、、、

今後、使って見て検証していきたいと思います。

youtubeでレビューしています


FPVゴーグルの録画機能を使った画質についていはyoutube動画でご確認ください。
あまりyoutubeではわかりずらいと思いますが、「FatShark Scout」はフレームレートが60fpsで撮影できますので、「FatShark HDO」より滑らかな映像で綺麗に感じました。

ただノイズの入り方は、「FatShark HDO」よりバリバリ入ります。
動画は外で飛ばした時のものですので、そこまでノイズは「FatShark Scout」「FatShark HDO」とくに変わりはありませんが、室内で飛ばした時には「FatShark Scout」の方だけバリバリノイズが入るという、、、、ちょっといまいちな感じになりました。

ただまだ1時間程度使用しただけですので、いろいろな場所などで検証していきたいと思います。

まぁノイズに関しては「FatShark HDO」より入るのは仕方のないことかもしれません。
ダイバーシティーではないので、、

まとめ

単眼レンズの中ではいちばん高い価格帯ですが、録画できる画質はいいのでなかなかおすすめできるFPVゴーグルです。
ただ室内で使用した時にノイズがかなり入ったので、室内使用をメインにしようとしている人にはあまりおすすめできません(いまのところ。今後改善されたら記事に追記します)

それとメガネを装着して使用できるので老眼や近視の人にはおすすめできるFPVゴーグルですね。

banggoodで2万円くらいで購入できますので、気になる方はチェックしてみてください↓↓

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です