ドローン購入ガイド

初めてドローンを購入する人の為の購入ガイド!!おすすめのドローンを紹介します
ドローンは機種により得意な分野が変わるので、目的ごとに購入するべきドローンも変わってきます。

このページでは目的別で、どういったドローンを購入するればいいか解説します。
少しでもドローンを購入する時のお役に立てれば幸いです。

ドローンの購入目的

1.とりあえずドローンはどんなものか触れてみたい
2.本格的な空撮動画を撮影したい
3.ドローンの操縦を楽しみたい・上達したらレースに出てみたい

このように、購入する目的はひとによって違います。

僕は本格的な空撮動画を撮影したいと思いドローンを購入しました。

それでは、上にあげた3つのケースをもとに、どのようなドローンを購入すればいいか解説します。

とりあえずドローンはどんなものか触れてみたい

初めてドローンを購入する人の為の購入ガイド!!おすすめのドローンを紹介します
このような人は200g以下のホビードローンがおすすめです。
比較的安い金額で購入可能で、無人航空機の法律にかからないので、人に迷惑がかからない範囲でドローンを飛ばすことができます。

価格は5千円程度のものから5万円ぐらいのものまであります。

下のリンク先で200g以下のドローンを紹介していますので、気になる方は確認してください↓↓
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

ドローンがどんなものかわかって、操縦も上達してから、綺麗な空撮のできる本格的なドローンの購入をしてもいいと思います。

綺麗な空撮動画を撮影したい

初めてドローンを購入する人の為の購入ガイド!!おすすめのドローンを紹介します
綺麗な空撮動画を撮影したいならジンバル付きのドローンを購入する必要があります。
ジンバルがついていることにより、撮影時のブレを補正することができて、とても滑らかな動画を撮影することが可能になります。

テレビなどで使われる空撮動画は全部ジンバル付きのドローンで撮影されたものになります。
ただし購入する前に注意が必要です。

購入する前の注意事項

ジンバル付きのドローンは重量が200g以上になるのでどこでも飛ばせるわけではありません。

・飛行場が近くにある場所
・上空150メートル以上
・人工密集地域

上の3点に該当する場所では200g以上のドローンは飛ばすことができません。
「人工密集地域」については、国勢調査の結果と一定基準によって決められた人工の多い地域のことです。

下のサイトではドローンを飛ばせる地域をかんたんに確認することができます。
購入する前に、自分の行動範囲内で飛ばせる場所はあるのか確認しておくといいと思います。
LINKDJI飛行禁止エリア

下の記事ではジンバル付きで綺麗な動画を空撮できるドローンを紹介しています。機種を選ぶ時の参考にしてください↓
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

ドローンの操縦を楽しみたい

操縦だけを楽しみたいのであれば購入する前にそのドローンの機能を確認しましょう。

・GPSがついているか
・プロポのモードはどっち
・スピードはどのくらいでるか
・宙返りなどの機能

GPS機能がついているか?

GPS機能がついている機種はプロポの操作を何もしていない状態であれば、その場で静止して安定したホバリングが可能です。
綺麗な動画を空撮したいならGPS機能はなくてはならない機能ですが、操縦を楽しみたいだけならGPSがないほうが楽しいかもしれません。
プロポを触っていない状態でも、左右上下に動いてしまう為ホバリングするのも難しいのですが、かえってそれが面白いです。

ドローンの操縦の上達にもなりますし、操縦だけを楽しみたいのであればGPSなしの機種もいいと思います。

プロポのモードはどっち?

ドローンの操縦にはモード1とモード2の2種類があります。
モードによってプロポのレバーを操作した時の、舵がかわってきます。
ほとんどの機種は「モード1」「モード2」の切り替えが設定で変更できるのですが、まれに切り替えができない機種もあります。

スピードはどのくらいでるか

機種によって最高速度は違ってきます。スピードはどのくらいでるのスペックを確認しましょう。

宙返りなどの機能

機種によっては宙返りの機能などついている場合があります。

FPVドローンレース

FPVドローンレースとは頭にゴーグルを装着してタイムスピードの順位を競う競技。
有名なものでドバイで開かれているレースなどがあります。そのに参戦しているプロの技術はかなりすごいもので、見ているだけでも興奮します。下の動画はレースに参戦しているトップレベルの選手のものです。
カッコイイ動画ですので、ぜひ見てください!

レース用のドローンはほとんどの機種が5.8GHzの仕様で、アマチュア無線免許や免許状申請等が必要になってきます。
ですのでドローンの中でもレース用のドローンを飛ばしたい場合はハードルがかなり高いのかもしれません。
僕もこの分野に関してはあまり詳しくないので、今後学習していこうとも思っています。

だけど、ほんとにドローンレースの映像はかっこいいです。

最後に

何をしたいかによって、購入するべきドローンは変わってきます。
この記事が少しでもドローンを購入するときの参考になれば幸いです。