ドローン機体

【2021年】DJIのドローン比較 初心者におすすめの機種を紹介

DJIのドローンを購入してみようと思っているんだけど、どれを購入していいかわからない。

今回はそんな方のために、DJIのドローンの比較しつつ、初心者におすすめの機種を紹介していきます。

記事の最後で初心者におすすめのドローンをランキング形式で紹介していますので、お時間ある方は最後まで読んでいただけるとうれしいです。

DJI Air 2S

「Mavic Air 2」の進化版といった感じの機種で、2021年4月15日から販売がはじまりました。

  • カメラ性能
  • インテリジェント機能
  • 障害物検知システム
  • 伝送システム

など、がアップグレードされています。

20万円くらいだして「Mavic 2 Pro」を買うなら、ほぼスペックが変わらない「DJI Air 2S」を購入してしまった方がいい気がします。

ブログの読者に教えてもらった情報ですがDJIのアプリ「GSPRO」が使えなようです

DJI FPVコンボ

日本仕様 2.4Ghz FPVドローン DJI FPVコンボ 販売開始

DJI初のFPVドローンです。FPVゴーグルをつけての飛行は目視外飛行になりますので、国土交通省の許可が必要になります。

3種類の飛行方法があり、マニュアルモードはすべて手動で操作することになります。重量があることや、最高スピードは140kmまででるようなので、ドローン初心者の方にはドローンシュミレーターで練習してからでないとかなり危険です。

DJI専用のシュミレーターも用意されているようなので、マニュアルモードで飛ばす場合はかなり練習して飛ばすようにした方がいいです。

FPVドローンならではの映像表現ができる魅力的なところはありますが、ドローン初心者の方にはおすすめできないドローンです。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>日本仕様 2.4Ghz FPVドローン DJI FPVコンボ 販売開始

DJI Tello

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
画質HD720P フレームレート30(ジンバルなし)
写真: 5MP (2592×1936)
重量80g
スピード8m/s
伝送距離100m(タブレットwifi)
飛行時間13分
付属品本体:1
バッテリー:1個
プロペラ:8枚
プロペラガード:1セット
価格12800円
その他の機能パソコンで組んだプログラミングで
ドローンを動かす事ができるetc

ドローンがどんなものか知るために飛ばす機種としておすすめ。イマイチポイントは送信機がスマホなのでドローンの操縦練習にはならないところです。

操縦練習として使いたい場合はべつで送信機を購入しましょう。

DJI MINI 2

【200g未満】日本仕様の「DJI Mini 2」ドローン レビュー
DJI Mavic miniDJI Mini 2
価格通常版:46,200円
Fly More コンボ:59,400円
通常版:59400円
Fly More コンボ:79,200円
最長飛行時間18分(無風で約3.3m/s)18分(無風で約4.6m/s)
動画サイズ2.7K:2720×1530@25/30p
FHD:1920×1080
@25/30/50/60p
4K:3840×2160
@24/25/30p
2.7K:2720×1530
@24/25/30p
FHD:1920×1080
@24/25/30/48/50/60p
動画ISO100~3200(自動)
100~3200 (手動)
100~3200(自動)
100~3200 (手動)
写真ISO100~1600(自動)
100~3200 (手動)
100~3200(自動)
100~3200 (手動)
重量199g199g
最高時速13m/s(Sモード)
8m/s(Pモード)
4m/s(Cモード)
16m/s(Sモード)
10m/s(Nモード)
6m/s(Cモード)
伝送距離2km6Km
サイズ140×81×57 mm(折りたたみ時)
159×202×55 mm(展開時)
245×289×55 mm(展開時プロペラ付き)
138×81×59 mm(折りたたみ時)
159×202×55 mm(展開時)
245×289×55 mm(展開時プロペラ付き)
カメラセンサー1/2.3 CMOS
有効画素数:12MP
1/2.3 CMOS
有効画素数:12MP
レンズFOV:83°
35mm換算:24mm
絞り:F2.8
FOV:83°
35mm換算:24mm
絞り:F2.8
最大ビデオビットレート40Mbps100Mbps

上の表は前作とスペックの違いがかんたんにわかるようにした比較表です。

価格は上がりましたが

  • 解像度
  • 伝送距離
  • 伝送方式

がパワーアップしました。

Mavic Mini(マビックミニ)

ジンバル付き200g未満ドローン「DJI Mavic Mini」レビュー【マビックミニ】
2019年11月に発売されたDJIの200g未満のドローンです。

DJI MINI2より価格が安いところがおすすめポイント。

Mavic Mini(マビックミニ)スペック

画質2.7K
2,720×1,530
レンズ FOV:83°
静止画サイズ 4:3 4000×3000、16:9 4000×2250
重量199g
伝送距離2km
周波数2.4Ghz
飛行時間18分
バッテリー1,100mAh
操作モードモード1/モード2 変換可能(たぶん)
機体のサイズ折りたたみ時:140×82×57mm(縦×横×厚さ)
展開時:245×290×55mm
価格46,200円(税込)
フライモアコンボ:59,400円(税込)
その他の機能・GPS搭載

メリット

  • 200g未満のドローンで折りたたみ式、持ち運びに便利です
  • 世界初200g未満ジンバル付きドローン

デメリット

  • 200g未満のドローンにしては、価格は高め

Mavic Mini(マビックミニ)まとめ

200g未満の世界初(BNF機では)ジンバル付きドローンです。綺麗な画質で空撮ができて無人航空機の法律対象外のドローンです。
かなり完成度の高いドローンで、200g未満のドローンの中では個人的にいちばんおすすめしたいドローンでもあります。

SPARK(スパーク)


2017年の6月にDJIから発売された小型のドローン。
特徴は重量が軽くて小さいので持ち運びが便利なところ。
クイックショットといった新しい機能もついて、セルフィードローンとしてかなり重宝されています。

SPARK(スパーク)のスペック

重量300g
伝送距離2km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間最長16分
動画サイズ1920×1080
大きさ全長x全幅x全高 143x143x55 mm
その他の機能障害物回避機能、アクティブトラック機能

メリット

・小さくて軽いので持ち運びに便利
・クイックショットを使えばかんたんに自動操縦で動画が撮影できる
・価格が比較的安い(59800円~)※2017年10月現在

デメリット

・動画の画質が他の機種よりおとる
・軽いのでフライト時、風に流されやすい

SPARK(スパーク)まとめ

軽くて小さく持ち運びが便利なので、旅行などに持っていくドローンとしては最高傑作だと思います。

Mavic Air 2

DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】
画質動画4K/60fps
ハイパーラプス:8K
写真:48MP
重量570 g
伝送距離最大伝送距離6km
周波数2.4Ghz
飛行時間34 分
バッテリー5200mAh
操作モードモード1/モード2
機体のサイズ折りたたみ時:180×97×84 mm
展開時:183×253×77 mm
価格通常版:¥105,600
フライモアコンボ:¥132,000
その他の機能最大時速:68.4 km/h
手ブレ補正機能あり
内部ストレージ8GB

Mavic Pro2に近いスペックを持ちながら価格は10万円ちょっとなので、コスパはいいかも?

趣味で飛ばすぶんには十分すぎるくらいの綺麗な空撮をすることが可能です。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー

Mavic Air(マービックエアー)


2018年1月に発売された、DJIの最新ドローン。
Mavic Proより少し小さめのサイズで人気の機種です。

Mavic Air(マービックエアー)のスペック

重量430g
伝送距離4km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間最長21分
動画サイズ4K 30fps
FHD:1920×1080 120p
その他の機能障害物回避機能、アクティブトラック機能、クイックショット

メリット

・Mavic Air 2が発売されたことにより価格が下がった
・1920×1080の動画サイズの場合フレームレートが120pで撮影可能

120pで撮影すれば動画編集ソフトなどでスローモーションに動画にした時に、滑らかな映像を作ることができます!

Mavic 2 Pro


Mavicシリーズの最新作です。価格は高いですがスウェーデン製ハッセルブラッド(Hasselblad)のカメラ「L1D-20c」を搭載して、最高に綺麗な空撮をすることが可能です。1インチCMOSセンサー付きで、有効画素エリアは次に紹介する「Mavic 2 ZOOM」4倍にもなります

Mavic 2 Pro のスペック

重量907g
伝送距離8km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間最長31分
動画サイズ4K 30fps
その他の機能障害物回避機能、アクティブトラック機能(自動追尾)
価格189000円

メリット

・世界的有名なスウェーデン製ハッセルブラッド(Hasselblad)の「L1D-20c」を搭載。めちゃくちゃ画質が良く動画サイズは4K30fps
・折りたたみがができて、持ち運びが便利

デメリット

・価格が高い
・Mavic 2 Zoomと比較するとズーム機能がない

Mavic 2 Pro まとめ

Mavic 2 Zoomより優れている点をまとめると、
「1インチCMOSセンサー付きで有効画素エリアが広く、綺麗な画質を実現できる」
「絞りの範囲が広いので、いろいろな光量環境下でもクリアな画質を実現できる」
この2点が「Mavic 2 Pro」の特徴です。

Mavic 2 Pro、Mavic 2 Zoom、どちらを買うか迷った場合は、ズーム機能の必要性で選ぶといいと思います。
画質だけでみたら「Mavic 2 Pro」の方がかなり上です。値段も2万7000円ほど高いですけどね。

Mavic 2 Zoom


Mavicシリーズの最新作。2018年8月に「Mavic 2 Pro」と同時に発売されました。
「Mavic 2 Pro」とはカメラが違うだけで、他の機能は一緒です。
※重量が2g軽いという違いはあります

Mavic 2 Zoomには「ズーム機能」がついていて、被写体を拡大して撮影することが可能です。

Mavic 2 Zoom のスペック

重量905g
伝送距離8km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間最長31分
動画サイズ4K 30fps
その他の機能障害物回避機能、アクティブトラック機能(自動追尾)
価格162000円

メリット

・Zoom機能がついていて被写体を拡大して撮影することができる
・Mavic 2 Proと比較して価格が2万7000円くらい安い
・折りたたみがができて、持ち運びが便利

デメリット

・Mavic 2 Proより画質は少し劣る

Mavic 2 Zoom まとめ

DJIのドローンで「Zoom機能」があるのは「Mavic 2 Zoom」だけです。
この機能を使ってみたいなら「Mavic 2 Zoom」は買いです!

詳しくは下の記事で紹介しています

>>DJI Mavic 2 Zoom 実機レビュー【マビックズーム】

Inspire 2(インスパイア2)

DJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

Inspire 2のスペック

重量3290g
伝送距離4km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間最長27分
動画サイズ5.2K(5,280×2,972)/30p
最大速度94km/時
その他の機能障害物回避機能

メリット

・最高級の空撮ができます。画素数は5.2K(5,280×2,972)/30pで撮影可能。あまり想像できませんが4K動画以上ってことですね。

デメリット

・値段が高い。
・重量が重いので持ち運びが大変

上の2点が気にならない方は、この機種を買えば満足すること間違いなし。

Inspire 2(インスパイア2)まとめ

すべてが最高級の性能なので満足はすると思いますが、ドローン初心者の方にはおすすめできません。
誤って操作をミスして落下させ、人身事故にでもなったら大変です。重量も重いので重症もありえます。

どうしてもこの機種がいい場合は、操縦練習だけでも200g以下のドローンでやってからのほうがいいでしょう。
プロポの基本操作は200g以下のドローンも一緒で1万円程度で購入でき、墜落して人に直接ぶつかっても大事故にはなりませんので。

どうしてもこのドローンが欲しい場合は、操縦練習だけでも200g以下のドローンでやってからのほうがいいでしょう。
プロポの基本操作は200g以下のドローンも一緒で1万円程度で購入でき、墜落して人に直接ぶつかっても大事故にはなりませんので。

下のリンク先で200g以下のドローンを紹介していますので、よかったらご確認下さい。
>>【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

初心者におすすめのDJIドローン

それでは最後にDJIのドローンの中から、初心者向けに自分がおすすめできる機種をランキング形式で紹介します。

あくまで初心者向けということで選びました。上級者の方や仕事でドローンを使いたい方は「Mavic Pro2」や「Inspire2」がおすすめです。

1位.DJI Mini 2


初心者から中級者におすすめしたいドローン。
4k動画の撮影も可能です。

重量は軽いですが、そこそこ強風にも耐えるパワーもあります(風速5mくらいでもその場でホバリング可能でした)。

2位.DJI Tello

初心者の方がドローンとはどんなものか体験するのにちょうどいいドローンです。重量は80g程度ですので、2022年法律が変わり、100g未満に引き下げられても模型飛行機に分類されるので比較的飛ばせる場所がみつけやすい機種でもあります。

3位.Mavic Air 2

選んだいちばんの理由は、コスパの良さ!
コンパクトになるので持ち運びが便利なところもいいですね。
価格はMavicPro2より抑えてあるのに、変わらないくらいの高性能なのでとてもお買い得なドローンです。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>【DJI ドローン Mavic Air 2 実機レビュー【マビックエアー2】

まとめ

最後のランキングはあくまで初めてのドローンとして購入するなら!?を前提にしています。
予算に余裕があるなら、高い機種を買ったほうがもちろん性能はあがります。

DJIのドローンを購入する時の参考になれば幸いです。

POSTED COMMENT

  1. MAX より:

    こんにちは。
    いつもブログを楽しませていただいております。

    amazonでいろいろ試した結果、DJIのsparkを購入するに至りました。
    これは本当にいいですね。
    ただ、15分飛ばせると書いてありますが場所によっては残量5分くらいで帰ってこさせた方が良い時もあるようです。
    電池残量ギリギリを見切って帰ってくるようなので、途中にヤバイと思って回避運動をさせてしまうと帰るまでに強制着陸してしまうので(><)

    • akira より:

      ブログを読んでいただきありがとうございます。そうですね!たしかに15分持たない時もありますよね。自動でのオートリターンは、高度設定をちゃんとしておかないと、障害物にあたる可能性もあるし、お互いロストだけはしないようにしましょう^_^

  2. アンディ より:

    ドローン初心者の者です。ドローン購入にあたり筆者のブログが大変参考になりました。何より詳しく長所短所が端的にまとめられており助かりました。
    筆者おすすめのHubsan H216Aを購入するする事に致しました。またブログを覗きに行かれて頂きます。
    この度はありがとうございました。

    • akira より:

      わざわざご連絡いただきありがとうございます。Hubsan H216Aは発売から1年以上経過していますが、今でもコスパを考えれば最高にいいドローンだと思います。GPS搭載しているので、外で飛ばすのに最適です。コンパスキャリブレーションを忘れずに、安全飛行でドローンライフを楽しんでくださいね。

  3. MAX より:

    こんばんは( ^^)

    ご無沙汰しております。

    友人が私のMAVIC Proが欲しいというので売ってしまいました。
    赤く染めたドローンで気に入ってたのですが…
    でもやはり大きめのドローンが必要なので、思い切ってair2Sを買いました。

    とても良いのですが、残念なのはGSProが使えなかったという事ですかねえ…
    最初はGPSを拾うのがやたら遅いし、ジンバルが旋回についてこないし…なんなんコレ!って思って後悔していたら、ある日突然に改善されていました。

    GSProが使えない事以外はなかなか良いです。

    • akira より:

      Maxさん、お久しぶりです。

      air2s購入したんですね〜実物を見たこともないし、飛ばしたこともありませんが、スペックを見た感じではなかなか魅力的なドローンだなぁ〜なんて思っていました。

      GSProが使えないの知りませんでした〜価格の安さはそこなんですかね。
      それと、テレビでair2Sのアクティブトラックを使って、芸能人を追いかける映像を見たのですが、なかなかアクティブトラックの性能も良さそうでしたね。パワーアップしたように見えました
      ٩( ‘ω’ )و

  4. MAX より:

    こんばんは。

    アクティブトラックですか。スパークの時に人を追うのを試して凄く良い精度で追ってくるから、air2Sはもっとすごいのかもしれませんね。
    一度試してみます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です