ドローン機体

【2022年】100g未満 おすすめのドローン10選

この記事の最終更新日は2022年7月4日ですので、古い情報を掲載している可能性があります。その点ご理解のうえ読んでいただけると助かります。


100g未満のおすすめのドローンを紹介します。

アマチュア無線免許と無線局の開局などの手続きが必要なFPVドローンと、特に免許が必要ないドローンにわけて紹介します。

免許なしで飛ばせる100g未満のトイドローンは自分の好みでランキング形式で紹介。

アマチュア無線免許の必要なFPVドローンは、飛ばし方や遊び方によって好みがわかれるので良さそうな機種を何個か紹介していきます。

免許なしで飛ばせる100g未満のドローン ランキング

まずはアマチュア無線免許なしでも飛ばせる100g未満のドローンから紹介していきます。

ランキングに入れているホーリーストーンのドローンの割引クーポンは、下の記事でまとめて掲載しています↓

>>Holy Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 20選

ランキングに入れているHolytonのドローンの割引クーポンは、下の記事でまとめて掲載しています↓

>>Holyton(ホーリートン)ドローン 比較 6選【おすすめの機種を選んでみた】

5位.Holy Stone HS340 ドローン

カメラ720P(HDカメラ)
重量50g
操作距離約40m(障害物なし、干渉なし)
wifi(FPV映像)は実際に使ってみたとこ自分の環境では30mくらい平気でした
サイズ180*173*38㎜
周波数2.4Ghz
バッテリー容量:3.7V 500mAh
充電時間:60分
操作モードモード1/モード2 変更可能
価格7290円(2021年12月19日現在のAmazon価格)

スピードは3段階で調整可能。最高スピードにすればそこそこキビキビ飛びます。FPVカメラの映像はおまけ程度できれいに撮影はできませんが、おもちゃのドローンとして大人でも十分楽しめると思います。

綺麗な映像を残したい(空撮したい)なら別の機種を選んだ方がいいです。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>【100g未満】Holy Stone HS340 ドローン レビュー

4位.Holy Stone HS430 ドローン

重量75g
飛行時間13分
サイズ187 × 135 ×c 43mm(展開/プロペラガード無し)
93 × 63 × 43mm(折り畳み)
バッテリー3.85V 730mAh
充電時間約100分(バッテリー1個)
周波数2.4Ghz
送信機操作距離約40m
FPV映像距離約30ⅿ(障害物なし、干渉なし)
操作モードモード1/2自由転換可(デフォルトモードはモード2)
写真/映像形式JPEG、AVI/MP4
技適番号214-113303 214-113306
価格8960円(2022年5月4日現在10%OFFで購入可能)

画質は良くはありませんが、空撮することもできるドローンです。カメラの角度は手動で変更可能。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>【100g未満】Holy Stone HS430 ドローン レビュー

3位.Holyton カメラ付きドローン HT25

カメラ1920×1080P(写真) 1280×720P(映像)
操作距離送信機:約30m(障害物なし、干渉なし)
FPVの映像:約30m(障害物なし、干渉なし)
重量57g
バッテリー3.85V 730mAh
充電時間:90~100分間
周波数送信機、FPVともに2.4Ghz
操作モードモード1/2自由転換可(デフォルトモードはモード2)
サイズ88 × 55 × 45㎜(折り畳み式) 134*126*45㎜(展開式)
飛行時間11分
価格7980円(2021年12月15日現在5%OFFで購入可能)

FPVカメラがついていて空撮も可能です。スピードもそこそこ出るので飛ばしていて楽しいドローンです。

カメラの角度を少し変えられるところもおすすめしたいポイントです。

詳しくは下の記事でレビューしています↓

>>【100g未満】Holyton HT25 カメラ付きドローン レビュー

2位.DJI Tello(テロー)

画質HD720P フレームレート30(ジンバルなし)
写真: 5MP (2592×1936)
重量80g
スピード8m/s
伝送距離100m(タブレットwifi)
飛行時間13分
付属品本体:1
バッテリー:1個
プロペラ:8枚
プロペラガード:1セット
価格12980円
その他の機能パソコンで組んだプログラミングで
ドローンを動かす事ができるetc

発売から3年以上経過しましたがいまだに人気のあるトイドローンです。世界的に有名なドローンメーカーDJIの一番やすいモデルがTelloです。

ジンバルはついていないので動画はブレが出てしまい、あまり綺麗に撮影できませんが、写真に関してはそこそこ綺麗に撮影できます。送信機は付属品としてついてこないので、デフォルトではスマホやタブレットのみの操作になります。

別でゲームパッドを購入すれば送信機として使うことができます。ゲームパッドがあれば格段に操作性能がよくなりますので本体と同時に購入することをおすすめします。

1位.Holy Stone ミニドローン HS420

【100g未満】Holy Stone ミニドローン HS420 レビュー
カメラ‎HD1280×720P
カメラ角度は真下まで調整できます
FPVの映像の距離20m〜30m程度(スマホに飛んでくる映像の距離)
重量‎46 g
送信機での操作距離約100m(障害物なし、干渉なし)
製品サイズ‎84×90×34mm
バッテリー‎3.7V 300mAh
充電時間:約60分
周波数2.4Ghz
‎オレンジ
技適マーク‎211-200408
211-200407
価格8190円(2021年11月18現在 5%OFFで購入可能)

FPVカメラ付きで、遅延やフリーズはありますが、スマホに飛んできた映像をそのまま録画したり、スマホの映像を見ながらFPV飛行ができます。

小型ですので、室内で遊んでもいいし、風のない日なら屋外でも楽しめるドローンだと思います。

とても人気のある機種です。

※2021年12月19日現在の「HS420」価格を確認したところ「12890円」に値上がりしていました。かなり売れているドローンらしいので、半導体不足などもあって値段をあげたのかもしれません。この価格ならコスパを考えると2位とか3位に選んだ機種の方がいいかもしれません。他の機種も値上がりするかもしれませんが…あくまで2021年12月19日現在の価格を比較しての自分の感想です。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>【100g未満】Holy Stone ミニドローン HS420 レビュー

アマチュア無線免許が必要な100g未満のFPVドローン

アマチュア無線免許と無線局の開局が必要なる5.8GhzのFPVドローンに関しては、どういった遊び方をしたいかによって好き嫌いがわかれるので、

特にランキングをつけないで何種類かおすすめ品を紹介します。

5.8Ghzの電波を使用して飛ばすFPVドローンは別で送信機を用意する必要があります。FPVドローンを飛ばすときに使用する送信機については下の記事でまとめています↓

>>FPVレース系、マイクロドローンの送信機 まとめ

5.8Ghzの電波を使用して飛ばすFPVドローンは、カメラからの映像をFPVゴーグルに飛ばして飛ばすので別でFPVゴーグルを用意する必要があります。FPVゴーグルに関しては下の記事でまとめています↓

>>【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選

Happymodel Mobula6

マイクロドローン Happymodel Mobula6 レビュー
カメラRuncam Nano 3
重量20g
フレーム65mm
FC,ESC,VTXCrazybee F4 LiteFlight Controller
ビルトインESC&レシーバー&VTX
モーター19000KV/25000KV
レシーバーFrsky
価格1万円前後

初心者の方がはじめてのFPVドローンとして購入する定番のモデルです。2020年のはじめのころ発売されたモデルですので、少し古いモデルでもありますが、今でも現役で十分楽しめるドローンだと思います。

FPVドローン初心者の方、初めて飛ばす方におすすめのドローンです

詳しくは下の記事で紹介しています↓(Yotubeのフライト動画あり)

>>マイクロドローン Happymodel Mobula6 レビュー

Flywoo Firefly Baby Quad

カメラcaddx ant 1200TVL
重量47g (without battery)
ホイールベース80mm
FC & ESCGOKU F411 16 * 16 Stack-(FC + 13A ESC)
フレームFirefly Baby Quad Frame (Analog Verizon)
モーターRobo 1202.5 5500KV
プロペラHQ 40mm 4 blade props
レシーバー Frsky XM + / TBS Crossfire
VTXGoku VTX625 450mw
アンテナ5.8GHz Antenna length 30mm (RHCP)
推奨バッテリー4S 450mAh / 4S 300mAh battery (not included)

バッテリーにもよりますが、ギリ100g未満に重量を納められるドローンです。4s仕様でパンチのある飛びが楽しめます。

パンチのある飛び方が好みの人におすすめです。初めてFPVドローン飛ばす人は別の機種がいいです

詳しくは下の記事で紹介しています↓(Yotubeのフライト動画あり)

>>Flywoo Firefly Baby Quad ドローンレビュー【100g未満】

Happymodel 1-2S Crux3

Happymodel 1-2S Crux3 3インチドローン レビュー
カメラCaddx ANT 1200tvl camera
重量41g(バッテリーなしの重量)
フレームWheelbase: 115mm
Size: 97mmx97mmx35mm(without propellers)
FC(Frsky SPI RX version) CRAZYBEEX FR V2.2 FC Firmware target: CrazybeeF4FR
ESCBuilt-in 5A(each) Blheli_S 4in1 ESC Dshot600 ready
VTXOutput power: 25mw~200mw switchable
モーターNew 1202.5 brushless motor
レシーバー選択可能
価格11000円前後(2021年2月現在の価格)

スピード感があって、2s仕様なのにパワーを感じられるドローンです。Insta360Goのマウント付きでキャノピーの上に載せて空撮もできる仕様になっています。

重量を軽くするためにしょうがないところでもありますが、キャノピーとフレームの強度は高くないので折れやすいです。(墜落しないようにすればOK。自分は5本目くらいでキャノピー壊しましたけど)。

キャノピーとフレームは予備のものを揃えておくといいと思います。

パンチのある飛び方が好みの人におすすめです。初めてのFPVドローンを飛ばす人は別の機種がいいです

詳しくは下の記事で紹介しています↓(Yotubeのフライト動画あり)

>>Happymodel 1-2S Crux3 3インチドローン レビュー

URUAV UZ80

カメラRuncam Nano 3
重量19.5g
FC,ESC, VTX(AIO)CRAZYBEE F4 LiteAIOフライトコントローラー
レシーバーが Frskyのバージョン:ファームウェアターゲット「CrazybeeF4FR」
レシーバーが Flyskyのバージョン:ファームウェアターゲット「CrazybeeF4FS」
MCU:STM32F411CEU6(100MHz、512Kフラッシュ)
センサ:MPU-6000(SPI接続)
ボードサイズ:28.5 * 28.5MM

オンボード5A 4in1 ESC
MCUをEFM8BB21にアップグレード
電源:1S LiPo / LiPo HV 
現在:5A連続ピーク6A(3秒)
BLHeliSuiteプログラマブルをサポート
工場ファームウェア:S_H_50_REV16_7.HEX
デフォルトのプロトコル:DSHOT600

VTX
出力電力:25mw
周波数:40CH
入力電圧:3.3V 5.5V
消費電流:300mA(タイプ)
周波数:5.8GHz、5b、40チャンネル
レースバンド付き 
Smartaudio対応
モーター0802 19000KV 
フライト時間1S 250mAh、約3:40分; 1S 300mAh、約4:30分
1S 450mAh、約6:30分; 1S 650mAh、約9:00分
サイズ69mmx69mmx29mm(プロペラなし)
価格95.99ドル

自分で組み立てる必要があるDIYモデルのドローンです。組み立てるのが面倒な人にはおすすめできませんが、

組み立てることによりドローンの構造を覚えることもできるし、初心者の方におすすめしたいドローンです。ハンダなしですべて組み立てることができて、かんたんな説明書もついています。

フライトもキビキビ飛んで楽しいドローンです。

FPVドローン初心者の方でドローンの構造を理解したい人におすすめです。そこまでパワーはありませんが、そこそこキビキビ飛びます

詳しくは下の記事で紹介しています↓(Yotubeのフライト動画あり)

>>【100g未満】URUAV UZ80 ドローン レビュー

Happymodel Moblite7

カメラRunCam Nano4 Lite
重量Weight: 19.5g (without battery)
Weight:36g(with Original 1s 650mah Lipo battery )
フレーム75mm
FC DiamondF4 FR FC Firmware target: CrazybeeF4FR
ESCOnboard 4in1 ESC
VTXFC内蔵VTX
出力:25mw~200mw switchable
モーターUnibell EX0802 brushless motors
EX0802 KV19000
レシーバー選択可能
価格9000円前後(2021年2月現在)

そこそこ長時間飛行ができて、おもしろいドローンだと思います。

詳しくは下の記事で紹介しています↓(Yotubeのフライト動画あり)

>>Happymodel Moblite7 1S 75mm Ultra-light レビュー

Happymodel Mobula6 HD

カメラRuncam Split3-Lite
重量27g
フレーム65mm
FCCrazybee F4 Lite(AIO)
ESCCrazybee F4 Lite(AIO)
VTXCrazybee F4 Lite(AIO)
モーターEX0802 19000KV
レシーバー選択可能
価格13000円くらい(2021年2月現在)

FHD画質で空撮できます。1sでFHDカメラを搭載しているので、その分重量もあがり軽快には飛ばないです。

狭い空間でそこそこ綺麗な空撮がしたい人向けのドローンです。ドローン本体にmicroSD差し込み口があり、FHDで録画ができます。プロペラガードがついているので室内で飛ばしても安全性は高いです

詳しくは下の記事で紹介しています↓(Yotubeのフライト動画あり)

>>軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー

Happymodel Mobula7 1S HD 75mm

カメラRuncam Split3-Lite
Field of View(FOV):Recording FOV 165°(FPV FOV: 165 ° @16:9, 130 ° @4:3)
Video Resolution:1080@60fps/1080@50fps/1080@30fps/720@60fps
重量27g
フレーム75mm
FCX12 ELRS V2.0 flight controller 
built-In ELRS 2.4G receiver Target: CRAZYBEEF4SX1280

X12 Frsky V1.0 flight controller 
built-in SPI Frsky 2.4G receiver Target: CRAZYBEEF4FR
ESCBuilt-in 12A(each) Blheli_S 4in1 ESC
VTXBuilt-in Power: 0/RCE/25mw/100mw/400mw
モーターRS0802 KV20000
レシーバーELRS / Frsky
価格24000円くらい(2022年7月現在)

ELRSで1s仕様のHDドローンが欲しいなら、2022年の6月くらいに発売された「Happymodel Mobula7 1S HD 75mm」はなかなか良さそうです。

VTXの出力が最大400mWでレシーバーをELRSで選択すれば、そこそこ遠くまで飛ばせるかも。狭い空間でFHDで撮影とかしたら面白そうです。

狭い空間でそこそこ綺麗な空撮がしたい人向けのドローンです。ドローン本体にmicroSD差し込み口があり、FHDで録画ができます。プロペラガードがついているので室内で飛ばしても安全性は高いです

海外のレビュー動画↓

https://www.youtube.com/watch?v=zlNvb7UsGP0

DarwinFPV Baby Ape

飛ばした事はありませんが、バッテリーを入れた重量がギリ100g未満になって人気のあるドローンです。

価格が安いところも人気のあるポイントのひとつかもしれません。

Happymodel Mobula7

軽快に飛んで楽しそうなドローン。受信機はFrskyまたはELRSで選択可能です。

最後に

100g未満の機種となると、選択肢があまりなくなってきますね。特に免許が必要ないトイドローン に関してはほぼ選択肢がない感じです。

これ以上、重量の規制が厳しくならないことを願います。

※この記事執筆時は、まだ200g→100gの航空法改正前

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。