レビュー

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばした感想

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
2月15日に予約したDJIドローン Tellがやっと手元に届きました。

AKIRA
AKIRA
DJIオンラインストアで予約すれば、ここまで遅くはならなかったと思います。ポイントがつくyahooショッピングで購入したのをちょっと後悔(笑)

Tello 開封レビュー

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
まずは簡単に開封レビューから。
梱包はオシャレな感じ。

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
ここに、説明書、予備のプロペラ、バッテリーが入っています。

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
付属品はこれだけで、充電用のUSBケーブルはついていません。

飛ばす前の準備

Telloの付属品には充電するのに必要なUSBケーブルがついていません。
形状はAndroidのスマホの充電などによく使われている「Micro−B」になります。

もっていない方は購入する必要があります。

Telloの充電

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
差込口は機体の横にあり、充電が始まると青色のランプが点滅します。

充電が満タンになると、青色のランプが点灯に変わります。
1時間経過しないで、満充電になりました。

Telloアプリのインストール

Telloを飛ばすには専用のアプリをインストールする必要があります。
iphoneやipadを使用する場合は「App Store」
Android端末・携帯の場合は「google play」で検索すればすぐに見つかります。

言語の変更

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
アプリをインストールし使用してみると言語が中国語の場合があります。
日本語には変換できませんが、英語には変更できます。
4月中旬のアプリのアップデートにより日本語に対応しました↓


こんな感じ。

飛ばしてみた感想・レビュー

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
ホバリングは安定していますが、機体の重量が80gと軽量な為、風が吹くと飛ばされます。

公式スペックでは伝送距離が100mになっていますが、30m程度の距離でモニターのwifiの電波レベルが0になってしまうことが何度かありました(一瞬で、すぐに戻りましたが・・・)。
100m飛ばすのはかなり勇気が必要かと・・・・

とりあえず電波レベルが0になってもその場でホバリングしているだけで暴走はしませんでした。

AKIRA
AKIRA
Dobbyを飛ばしていて、電波レベル0で暴走した経緯があったので、安心しました。

静止画の性能

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想 【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想 【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想 【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
こちらは実際に撮影した静止画。
個人的には、12800円のドローンとは思えないくらいのクォリティーに感じます。

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
撮影した写真や動画はアプリ内に保存され、ダウンロードしてモバイル端末にいれることができます。

動画の性能

Telloはジンバルはついていないので、DJIのジンバル付きのドローンと比較してしまうと、動画の質はかなり落ちます。
80gとかなり軽量のドローンですので、風の影響もうけますのでかなりブレのある動画になりました。

まぁ15000円以下で購入できるドローンの中では、トップクラスの動画かもしれません。

ゲームパッドをプロポにする

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
ゲームパッドをプロポにし、操作もしてみました。

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
R2+Yの同時押しで離陸。
遅延などもなく、操作はかなりしやすいので、ゲームパッドはかなりおすすめだと思います。


こちらはアプリ内にある操作方法の画面。

これ以外にスティック部分が「スロットル(高度の上下)、エルロン(左右の移動)、エレベーター(前後の移動)、ラダー(左右の回転)」に割り当てられています。

android端末の方は動画にも出ている「Gamesir T1d Controller」のBluetoothゲームコントローラー。
※「Gamesir T1s Controller」は非対応ですのでご注意下さい。
追記※4月18日現在の情報で、Telloアプリ日本語対応アップデート後から「Gamesir T1s Controller」でも使用できるとの情報もいただきました。実際に確認したわけではないので正確な情報ではありませんが・・・。

iPhone、iPadなどのiosの方は「Apple MFi認証」のBluetoothコントローラーが対応可能です。

ゲームパッドを使用する方法は、下の記事で詳しく紹介しています↓↓
【DJI Tello ドローン】ゲームパッド(Bluetoothコントローラー)を使用する方

6パターンの自動飛行が凄い

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばした感想
「DJI Tello」には自動飛行機能がついています。

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばした感想
360度回転したり、円を描きながら動画を作成したり、

合計で6個のフライトモードが用意されています。

かなり楽しい機能で、自撮りにも使えまね!

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばした感想
ちなみに風が強いと上記のように警告が出て、この6個のフライトモード(自動飛行)は使用出来ません。

良かった点 まとめ

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
  1. 静止画がきれい
  2. ホバリングは安定している
  3. ゲームパッドとの相性はよさそう
  4. 自動飛行が楽しい

いまいちな点 まとめ

【DJI Tello レビュー】200g以下ドローン「テロー」を実際に飛ばしてみた感想
  1. 機体の重量が軽いので、風の影響をかなりうける
  2. 伝送距離が公式の100mより少なく感じた
  3. 動画の質は悪い(同じ価格帯のドローンと比べれば普通)

最後に

Telloは15000円以下のドローンの中では、おすすめのドローンだと思いました。
本格的なドローンを購入する前の練習用にもおすすめです。

公式ストアは新商品の発送や、不具合の対応が早いのでおすすめです。
DJI公式 楽天市場店
DJIオンラインストア

Telloの詳細なスペックは下の記事でも紹介しています↓
https://drone-info.net/dji-tello

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です