ドローンの規制・法律

【飛行可能エリア】ドローンの規制区域がわかる地図サイト(サービス)4選

ドローンはどこでも飛ばせるわけではありません。
2015年11月にドローン航空法が施行され、200g以上のドローン飛行時には許可申請書類を提出するように義務付けられました。
今回はドローンの規制区域(飛行可能エリア)がわかる地図をかんたんに閲覧できるサイト(サービス)を紹介します。

ついにDJIからジンバル付きの200g未満の「DJI Mavic Mini」の販売が開始されました。気になる方はDJIオンラインストアでチェックしてみてください↓↓

下の記事でも紹介しています↓↓

ジンバル付き200g未満ドローン「DJI Mavic Mini」レビュー【マビックミニ】 2019年10月31日に日本仕様の200g未満のドローン「DJI Mavic Mini(マビックミニ)」の発売が決定され、その日の午...
AKIRA
AKIRA
間違って飛行禁止のエリアで飛ばしてしまうと「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」に処せられる可能性だってあるので注意しましょう。

DJI 安全飛行フライトマップ

【飛行可能エリア】ドローンの規制区域がわかる地図サイト(サービス)4選
この地図をみれば、人口密集地域やヘリポートの位置などを調べることができます。
もちろん無料で使えますので、飛ばす前にあらかじめ調べておくことができます。

DJI 安全飛行フライトマップ

国土交通省が提供しているドローン飛行エリア地図


こちらは国土交通省が提供しているドローンの飛行を規制している場所がわかる地図です。
住所検索もできてとても便利なものになっています。

国土交通省が提供しているドローン飛行エリア地図

ドローン飛行支援サービス(SORAPASS)


こちらの「ドローン飛行支援サービス(SORAPASS)」でもドローンの飛行を規制している場所はわかります。

【飛行可能エリア】ドローンの規制区域がわかる地図サイト(サービス)4選
上の画像のように細かく設定もできてとても使いやすいです。
利用登録をする必要はありますがとても使いやすいサービスになっています。

ドローン飛行支援サービス(SORAPASS)

AIRMAP

【飛行可能エリア】ドローンの規制区域がわかる地図サイト(サービス)4選

最後に紹介するのがスマホアプリの「AIRMAP」です。
けっこうサクサク動くので一番使いやすかもしれません。
利用登録をしないでも使用できますが、フライトプランを作成したりするには利用登録をする必要があります。

【飛行可能エリア】ドローンの規制区域がわかる地図サイト(サービス)4選
ちなみに縦向きでも横向きでも使えるすぐれもの。
気になる方はアプリをダウンロードしてみてくださいね!
ちなみにサービスは楽天がやっているようです。ダウンロードページに行くと「楽天AIRMAP」と表記が出てきます。

AIRMAP

まとめ

今回はドローンの規制の対象になる地域がわかる地図を閲覧できるサイト(サービス)を紹介しましたが、200g未満のドローンでも法規制の対象になるケースもあります。

下の記事では200g未満のドローンでも法規制の対象になるケースを紹介しています。
よかったら合わせてお読みください↓↓

200g未満の規制対象外のドローンにも適用される法律2015年11月にドローン航空法が施行され、ドローン飛行時には許可申請書類を提出するように義務付けられました。 航空法に該当するドロー...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です