ドローン機体

【合法で海外通販のドローンを飛ばす方法】開局済みのVTXを交換してみた

【合法で海外通販のドローンを飛ばす方法】開局済みのVTXを交換してみた
今回は初めて5.8GhzのVTXの交換をしてみましたので紹介します。

ちなみにVTXを交換した商品はFHDで撮影できる「Gofly-RC Scorpion 80HD」です。banggoodで購入できます↓↓

海外通販で売っている 5.8Ghzのマイクロドローンを合法的に飛ばす方法は下の記事でも紹介しています↓↓

海外通販で売っている 5.8Ghzのマイクロドローンを合法的に飛ばす方法 今回は海外通販で売っているマイクロドローンを法律に問題なく飛ばす方法を紹介します。 今回の記事で言っているマイクロドローンとは...

開局済みのVTXと交換して、合法でドローンを飛ばす方法


交換に使用するVTXは何台かストックして開局した「Eachine VTX03」です。

「Eachine VTX03」は価格が安いし間違いなく申請が通るVTXですのでおすすめです↓↓何個かまとめて購入して申請しておくといいと思います。系統図はネットで探すか戸澤洋二さんのところで1080円でゆずってくれます。


まずは使用するVTX「Eachine VTX03」のワット数を200wにセットします。
VTXについているボタンを5秒長押しすると、ワット数の変更になります。
ハイフンが1本は25mW、2本は50mW、3本は200mW、を意味します。
上の画像はハイフン3本ですので「200mW」に設定しています。

なぜ「200mW」にするのか??それはわかりません(笑)
ネットにとりあえず書いてあったので「200mW」にしました。
別に他のWでも大丈夫なのかもしれません。

次に日本で利用してもいい周波数に変更します。

日本で利用してもいい周波数に変更

「Eachine VTX03」は全部で72CHの周波数を出すことができますが、日本で利用が許可されている周波数はこのうち7つしかありません。
これは無線局を開局する時に付属させるVTX系統図にも書いてあります。


VTX系統図に書いてある日本で利用できる周波数帯です。

この周波数のどれかに合わせます。

自分は5705に合わせることにします。

「Eachine VTX03」の表だと「CH1 BAND-E」がそれにあたります。


周波数の合わせ方は説明書に記載されています。
3秒長押しと、ふつうにボタンを押す、これで72CHの中から選んで合わせます。


これで周波数は日本の法律に沿った、系統図にも記載されているものに合わせることができました。


次にVTXを交換していきます。ちなみにドローン本体はFHDで空撮できるマイクロドローン「Gofly-RC Scorpion 80HD」です。
裏側のネジを4本とりはずして、とりあえず本体のカバーをとります。

banggoodの商品詳細ページはこちら↓
Gofly-RC Scorpion 80HD

マイクロドローン Gofly-RC Scorpion 80HD 実機レビュー【200g未満】 今回はマイクロドローン「Gofly-RC Scorpion 80HD」の実機レビューをします。 価格は18000円くらいで購入でき...

Eachine VTX03と交換


VTXは上の矢印部分のところです。
この部分を「Eachine VTX03」と交換します。


とりあえず上の2本のネジをとれば、本体からこんな感じで取り外せます。

配線をたどっていくと、ドローン本体の一番下の基盤と接続されていました。
基盤のハンダをとかして、直接つけた方が見た目もきれいにできるとは思いましたが基盤のタワーをバラバラにすることが面倒だったのと、基盤に直接ハンダつけをしても、ちゃんと動作するか自信がなかったので、


今回は配線同士をハンダでつけるというやり方にすることにしましたよ(だっせ〜〜〜)。
なのでニッパーで配線をカットしちゃいました。


「Eachine VTX03」の方も配線カット。

ちなみに説明書に記載されていますが、配線の色は黒が「CAM GND」黄色が「Video」赤が「5vOUT」です。
「Gofly-RC Scorpion 80HD」の方の配線を確認したところ同じ色同士を取り付ければOKだったので、


そのままの色同士を接続。ちなみに「Gofly-RC Scorpion 80HD」の方の配線にはもう一本白があったのですが、とりあえず白だけはそのままどこにも接続しないでぶらぶら状態に。


ここで動作のチェック。
白の配線はブラブラ状態ですが、なんだか動作は問題なさそうです。

配線接続部分をはんだつけ

【合法で海外通販のドローンを飛ばす方法】開局済みのVTXを交換してみた
次に配線の接続部分をハンダづけしていきます。

【合法で海外通販のドローンを飛ばす方法】開局済みのVTXを交換してみた
このハンダつけをするためにアマゾンで、ルーペ付きの照明セットを購入しています。
こういう精密な作業をするときは、照明とルーペがあった方がいいですね。

【合法で海外通販のドローンを飛ばす方法】開局済みのVTXを交換してみた
とりあえずはんだつけが完了。


あとはハンダつけした部分が接触してショートしないようにビニールテープを巻いていきます。
使用したのはTRUSCO(トラスコ) 耐熱・耐寒・難燃 のビニールテープ。ベタベタしないのでかなりおすすめですよ。

【合法で海外通販のドローンを飛ばす方法】開局済みのVTXを交換してみた
あとは組み立てて終了。
え!VTXの配置は、、、、、って感じですが、今の自分には本体上部にのっけることぐらいしかできませんでした(笑)

動作は問題ないのですが、もともとついているVTXではないので、配置が難しいですね。
基盤をとめるための穴とかもあいてないし、今の自分の実力だとこのくらいしかできなかったです。

あとでいろいろ考えてみます。

それとVTXのボタン部分は簡単に周波数が変わらないようにアルミ板などで保護してくださいね。
これも開局申請の時のVTX系統図に書いて提出した事項になります。

まちがってボタンを押すなんて、そうしないと思うけど、まあ決まりなんでしょうがないです。

まとめ

中国のネット通販で売っているマイクロドローンを日本で飛ばすには、すでに開局済みのVTXと交換するのがいちばん簡単な方法だと思います。あまり自作ドローンや、タイニーフープ(Tiny Whoop)などと呼ばれるマイクロドローンについて詳しくないので偉そうなことは言えませんけど(笑)

日本は航空法が厳しく200g以上のドローンの飛ばせる場所が少ないので、今後200g未満のこっち系のマイクロドローンについても勉強していくつもりです。

以上、何かの参考になれば幸いです。

FHDの画質で空撮できるマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

おすすめの5.8GhzFPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

ドローンレースに必須!5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2019年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

おすすめの送信機は技適マーク付きの「Jumper T8SG V2.0 Plus 」です。
価格も送信機の中では安い方だし、一台は持っておいて損はない送信機だと思います。

色違いのカーボン色も技適マーク付きであります。

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

ドローンを安く買うならbanggoodがおすすめ!!バナーをクリック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です