FPVゴーグル

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!
今回はEachine(イーシン)から新しく発売される5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」を紹介します。

2019年おすすめの5.8GhzFPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2019年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

お得な割引クーポンが出ている、5.8Ghz FPVゴーグル 一覧はこちらです。気になるFPVゴーグルがありましたら、クーポンコードをコピーしてお使いください↓↓

メーカー名/型番 クーポンコード 価格 台数 期限

Skyzone SKY03O/S
SKY-ZONE $296.99~$393.29
ショップ:Makerfire
特になし 2019/12/13

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」 スペック

瞳孔距離の調整 56-72mm
FOV 42°
内臓録画機能 あり
焦点距離の調整 あり
解像度 1280 × 960
前作EV200Dは1280×720
サイズ
価格 35000円前後
その他 HDMI IN
AV IN / AV out

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」セット内容

  • FPVゴーグル本体×1
  • ゴーグル収納ケース×1
  • 18650バッテリーケース×1
  • フェイスパットクッション材×1
  • 説明書×1
  • EVA pad×2
  • Eyeglass frames×2
  • 受信モジュール×2
  • Lens wiping cloth×1

商品ページのセット内容から引用。ちょっとどんなものかわからないものはそのまま英語で記載。
とりあえず、必要なものはほとんど揃っていて、18650の充電池だけ購入すれば大丈夫そうです。

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」の特徴

カラーはブラックとホワイトの2色

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!
カラーはブラックとホワイトの2色用意されているようです。
前作の「Eachine EV200D」と一緒ですね。

外部接続

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!
HDMIのINやAVに関してはINとOUTがついています。
さまざまなデバイスと接続が可能です。

Fatsharkの同価格帯のFPVゴーグルだと、「Attitude V5」あたりがあげられますが、HDMIなどの外部接続はついていないのでコスパはいいといえるかもしれません。

焦点距離の調整

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!
前作とのいちばんの変更点は焦点距離の調整ができるようになったところです。
FPVゴーグルの下の部分にダイヤルがついていて、-8 〜 +3 まで変更できるようです。
自分はレーシック手術で視力をあげてしまったので、あまり詳しくは説明できませんが、これだけの範囲の調整ができれば、近視から老眼の方まで調節できるようです。

近視や老眼の方でもジオプターレンズなしで、使用することができます。

画面比率の変更ができる

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!
まぁこれも前作同様になりますが、画面比率の変更ができて、16:9 4:3 どちらでも使用することができます。
一般的には4:3の比率を使っている人がおおいと思いますが、自分は16:9が好きなんですよね。

以前はFatsharkのHDOばかり使用していたので、4:3だったのですが、なんとなく16:9の方がお部屋フープをするときには、狭い隙間を通したりするのがやりやすかったりして、最近ではSkyzoon のSKY02Xばかり使用しています。

まぁこれは好みにもよるのかもしれませんが、ドローンについているカメラの比率が4:3が多いので、そのまま4:3の比率のFPVゴーグルを使った方が自然に映るという人もいましたし、でも今のカメラは16:9のやつも多いので、どっちがおすすめなのかは使う人次第なのかもしれません。

ただあくまで自分の個人的な考えとしては16:9の方が、人間の視野に近いというか、まぁなんとなく見やすいので好んで最近では16:9ばかり使用するようになっています。

パワーボタン

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!
前作はバッテリーを差し込むと電源が入る仕組みでしたが、今回はおそらく電源ボタン付きになっていますね。
ちょっと英語が苦手なんで、絶対ではありませんが、画像を見る感じでは電源ボタンがありそうな感じがします。

RSSIの受信レベルがわかる

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!
ここも前作と違いパワーアップしたポイントですね!!
RSSIの受信レベルが確認できるようになりました。
飛距離を出して飛ばしたいときは、表示を確認しながら飛ばせますね。

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」外観

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定! 5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定! 5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」発売決定!
外観はこんな感じ。前作の「Eachine EV200D」と外観は似ている感じですね。

まとめ

FPVゴーグルにあってほしい機能のほとんどがついていて35000円はコスパがいいと思いました。
「banggood」では予約販売が開始されています。

気になる方はチェックしてみてください。

FPVゴーグルのメーカー 一覧と、おすすめのFPVゴーグルランキングは下の記事で紹介しています↓↓

【FPVゴーグル メーカーと一覧表】おすすめのFPVゴーグルランキング!2019年最新版 このブログでは今までたくさんの「5.8GhzFPVゴーグル」を紹介してきました。 自分でもどのFPVゴーグルを紹介したのかわからな...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です