DJI Air 2S 販売開始!


DJIから新しいドローン「DJI Air 2S」の販売が開始されました!
詳細はこちらから

FPVゴーグル

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー

今回はSKYZONEから新しく発売されたFPVゴーグル「SKY02O」をレビューしていきます。

2021年 5.8GhzのFPVドローンにおすすめのFPVゴーグルは下の記事でまとめています↓

>>5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選

割引クーポンが出ている、5.8Ghz FPVゴーグル一覧です。気になるFPVゴーグルがありましたら、クーポンコードをコピーしてお使いください↓↓

メーカー名/型番クーポンコード価格台数期限

SKYZONE
SKY02O
BGJP366
$339.00302021年4月30日

Eachine VR004
BGJP906949
$55.99302021年4月30日

ImmersionRC
RapidFIRE
BGJP029149
$149.99102021年4月30日

FPVゴーグル SKYZONE SKY02O スペック

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー
瞳孔距離の調整(IPD)59-69mm
FOV?
画面比率: 16:10
録画機能あり 30fps
焦点距離の調整なし(Fatsharkジオプターレンズと互換性があるようです)
サイズ 167 × 70×79mm
解像度640×400
重量210g
マイクロSD
対応電圧 2-6S LiPo
価格40000円くらい

FPVゴーグル SKYZONE SKY02O セット内容

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー
  • SKY02O FPV Goggles Set
  • Patch antenna
  • Ommi antenna
  • 収納ケース
  • 棒のアンテナ × 2
  • 電源ケーブル
  • AVケーブル
  • 説明書

セット内容はこんな感じです。

アンテナや受信モジュールも内蔵されているので、あとはXT60の2S〜6Sのリポバッテリーさえあれば、すぐに使用することができます。

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー

収納ケースはこんな感じです。SKYZOONおなじみのケースです。

FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー・特徴

ディスプレイはOLED

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー

ディスプレイはOLEDで解像度は「640 × 400」。

画面比率は16:10と記載があるので、解像度と比例させると合わない気もしますが…..

とりあえず実際に使ってみた感想としては、解像度は低いですが見える映像は明るくて綺麗です。

ちなみに解像度は低いんですけど、ザラザラしたような荒い映像ではなかったです。

少し前にレビューした「Fat Shark Attitude V6」より映像は明るくて綺麗に感じました。ただ画面比率が16:10なのが微妙なところです。

FPVカメラの設定を16:9で使用する人にはいいかもしれませんが、4:3のカメラ比率で使うとなると少し横に伸ばす感じの映像になります(まぁほとんど自分は気にならない)

65mmフープは4:3のFPVカメラの場合が多いので、室内でフープを飛ばす人には向いていないFPVゴーグルだと思います(画面比率が合わないため少し横に伸びる映像になる)。

FPVゴーグルを実際に装着して飛んできた映像を見る画面は、少し小さめにうつります。

価格差があるので当たり前なんですけど、普段HDO2を使っている私としては、画面が小さくてみえずらい印象をうけました。

受信レベルについては「Fat Shark Attitude V6」よりは良さそうです。距離をだしても「Fat Shark Attitude V6」よりはノイズが入りにくい印象です。

ただSKY04XやHDO2の方がいいです(HDO2は受信モジュールによっても変わります)

アンテナ

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー

アンテナは特性の違う「Patch antenna」と「Ommi antenna」の2種類ついてきます。

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー

商品ページの画像は両方ともカラーが黒のアンテナになっていますが、実際に付属されていた「Ommi antenna」は黄色が入っているものでした。

それと棒のアンテナ(正式名称がなんというかわからない)も2本ついてきます。

重量は軽い

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー

重量は210gと軽くHDO2と同じくらいです。

素材感は、艶消しブラックという感じです。ただ塗装していないだけかも。

個人的には艶消しブラックは好きなんですけど、少し素材感が安っぽいです。電源ボタンもちゃっちい感じで、素材感だけなら同じ価格帯の1年以上前に発売された「SKY02X」の方が高級感があると思いました。

カラーは2種類

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー

FPVゴーグル本体のカラーは「ブラック」と「ホワイト」の2色用意されているようです。

ブラックは艶消しでしたが、ホワイトはどんな感じかわかりません。

画面比率

商品ページでは画面比率は16:10と記載されています。あまり見たことのない比率ですね。

4:3のカメラで屋外でFPV飛行してみましたが、画面の比率に関してはそこまで違和感はないです。

ただ室内で輪っかをくぐるようなタイニーのレースをやる人にとっては輪っかが横に伸びるように映ったりして違和感がでるかもしれません。

16:9の比率のFPVカメラを使用するなら問題ないと思います。

焦点距離の調整はなし

最近発売されている3万円以上のFPVゴーグルには焦点距離の調整がついているものがほとんどでしたが「SKY02O」はこの機能はついていません。

Fatshark 初代HDOなどに使われているジオプターレンズが使用できるようです。

HDO2 録画した映像の比較

HDOと同時録画をしてみました。録画の映像に関しては「SKY02O」の方がいいと思います。まぁHDO2の録画映像が良くないだけなんですけどね。

ただ受信感度はHDO2の方がいいので、ノイズの入り具合はだけで良し悪しを言うならHDO2の方が上です。

SKYZONE SKY02O 外観

5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー
5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー
5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー
5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー
5.8Ghz FPVゴーグル SKYZONE SKY02O レビュー

外観はこんな感じです。電源のON・OFFボタンつき。

最後に

いろいろなFPVゴーグルをかんたんにレビューしてきていますが、最近思うのが初心者の方がコスパを重視して初めてFPVゴーグルを購入するなら単眼レンズの方がいい気がするんですよね。

お金に余裕がある方は別ですけど。

個人的には単眼レンズで綺麗な映像をもとめるなら少し高いけど「SKYZONE Cobra X 

とにかく安く済ませ位なら「BETA FPV VR01

それと、あとあとFPVモニターとしても使える「 Eachine VR004」とかもいいと思います。

3万円〜4万円くらいのFPVゴーグルって、イマイチなポイントがどこかしらあって、もしこのクラスの価格帯のFPVゴーグルを購入するならあと2万円くらいプラスして「SKY04X」または「HDO2」あたりを買ってしまった方が、あとあといい気がしてしまうんです。

といことで、最後にまとめると、最初は安い1万円〜2万円くらいの単眼レンズを買って、FPVドローンにはまりそうなら「SKY04X」または「HDO2」あたりを買う!そんな流れがいいと自分は思っています。

お金に余裕がある方は、最初から高いゴーグルを買っちゃった方がよくて、例外も少しはあると思いますが価格に比例してFPVゴーグルはいいものになります。

そんな感じで「SKY02O」は実際に使ってみたところ、あまりおすすめできるFPVゴーグルではないと思いました。

でもでも、そんなこともいいつつ、やっぱり人には好みもありますので、購入して気に入っている方いたらごめんなさい。あくまで個人的な意見ですので。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です