ドローン機体

BETAFPV のマイクロドローン一覧 まとめ!おすすめの機種は?

BETAFPV のマイクロドローン一覧 まとめ!おすすめの機種は?
BETAFPVから販売されているドローンのまとめ記事。

BETAFPVのドローンは、レシーバーがFC内蔵のものならベータフライトの設定でプロトコルをS-FHSSに変更したり、外部レシーバーを取り付けFUTABA対応にしたりと、FUTABA送信機が使いたい人にも、そしてマイクロドローン初心者の方にもおすすめできるドローンだと思います。

それと日本のAmazonでも購入できるので、海外から直接購入するのに抵抗がある人にもおすすめです。

BETAFPVのマイクロドローンのまとめ記事ということで、たいした情報は記載していませんが、購入するときの比較などに利用していただければ幸いです。

ドローン本体(型番)クーポンコード価格台数期限

BETAFPV
HX115 HD
BGd9b523
50% OFF302021年10月31日

BetaFPVのクーポンコード一覧です。コードをクリックするとクーポンコードがコピーされて、商品ページに移動。そのまま貼り付けて使用できます。

その他、ドローンが安く購入できるBanggoodのクーポンは下の記事でまとめています↓

>>banggood(バングッド)ドローン送信機 FPVゴーグル クーポン 一覧

BetaFPVってどんな会社(ベータエフピーブイ)

BETAFPV のマイクロドローン一覧 まとめ!おすすめの機種は?

BETAFPVは2016年に「深圳市」で創業されたドローンやドローン関係のパーツの販売をしている会社です。世界でも有数のドローン企業で、最先端の製品やギアで世界中のドローン愛好家を魅力しているメーカーだと思います。これは個人的な感想ですが主にマイクロドローン「woop フープ機」の販売に力を入れているように感じます。

ちなみにBETAFPVの会社概要のページを見てみたところ社員数は11人〜50人になってました。

※幅が広い(笑)

BETAFPVのドローン一覧

BETAFPV HX115 SE

【100g未満】BetaFPV HX115 SE ドローン 販売開始
カメラCaddx ANT camera
重量39.15 ±1g
ホイールベース115mm
モーター1102-18000KV
バッテリーBT2.0(付属品で 450mAh 1S バッテリーがついてきます)
VTXA01 25-200mW VTX
フライト時間3-5min with BT2.0 450mAh 1S Battery
FC,ESCF4 1S 12A AIO FC

BETAFPV HX100 SE よりサイズをちょっと大きくしたようなドローンです。HX100はカメラ角度の変更ができませんでしたが、HX115SEはカメラの角度も変えられるようになっています。

100SEを今から買うなら115SEの方がいい思います。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>【100g未満】BetaFPV HX115 SE ドローン 販売開始

BETAFPV Cetus FPV Kit

BetaFPV Cetus FPV Kit!送信機は技適マーク付きで販売開始

FPVゴーグル、送信機、ドローン、の3点セットです。

箱だしですぐにFPV飛行が楽しめるキットになっているようです。

BetaFPV Cetus FPV Kit

※技適付きとの記載で日本の販売店で売っていますが、Youtube動画を見ている感じでは技適マークの記載がないようにも見えました。購入を検討している方は販売店に問い合わせをしたほうがいいかもしれません。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>BetaFPV Cetus FPV Kit!送信機は技適取得で販売開始

BETAFPV Pavo30

4s仕様でかなりパワフルに飛んでくれるドローンです。ただ200g未満におさめるなら「Tattu 450mAh」バッテリーでギリでした。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>BETAFPV Pavo30 ドローン レビュー!SMO 4K

BETAFPV Beta95X V3

カメラEOS Camera
重量99.1g
フレーム95mm(Beta95X V3 Frame Kit)
FC、ESC、VTXF4 AIO 20A Toothpick FC V4
VTXM02 25-250mW 5.8G VTX
モーター1106 3800KV Brushless Motor
プロペラ:Gemfan D63 5-Blades Props
フライトタイム:4s450mAhで4分半ぐらい
レシーバーFrsky FCC/Frsky LBT/TBS/PNP
価格179.99ドル

手ブレ補正最強のinsta360とBetaFPVでコラボして作られた「SMO 4Kカメラ」を搭載するのに最適なドローンです。
「BetaFPV 95X V3」と「SMO 4Kカメラ」両方購入するとなると4万円以上かかってしまいますが、綺麗な空撮をできること間違いなしです。

ちなみにカメラの価格は「239.99ドル」ドローン本体は「179.99」ドルで購入可能です。

「Insta360 SMO 4K」カメラの販売ページはこちら↓

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>BETA FPV Beta95X V3 ドローン レビュー

Meteor65 HD Whoop Quadcopter (1S)

Meteor65 HD Whoop (1S)レビュー【ドローンとカメラの設定】
カメラBetafpv Nano HD Camera
重量27.46g (without battery)
フレームMeteor65 Frame
FC、ESC、VTXF4 AIO 1S Brushless FC
VTX:Built-in 25mW
モーター0802SE 22000KV Motor
レシーバーFrsky FCC/ Frsky LBT/ Futaba
価格$149.99 USD

Beta65X HDの1sバージョン。
FC内蔵タイプのBuilt-in VTXを採用し「Beta65X」より3gくらい軽量化されています。
1080P60fpsで空撮可能。動画はマイクロSDに保存できます。

詳しくは下の記事でレビューしています↓

>>Meteor65 HD Whoop (1S)ドローン レビュー

Beta65X HD Whoop Quadcopter (2S)

カメラとVTXBetafpv Nano HD Camera
New 25mW VTX
重量30g
フレームMeteor65 Frame
FC、ESCF4 AIO 2S FC2020
モーター0802 14000KV Motor
レシーバーFrsky XM / DSMX / Futaba S-FHSS / TBS Crossfire
価格$169.99 USD

2020年3月30日に発売された65mmサイズのHDドローン。
重量は30gとかなり軽量ながら1080P60fpsで空撮できます。
バッテリーは新しい規格「BT2.0」を2本使用して2s仕様で飛ばすようになっています。
上で紹介したドローンの2sバージョン。

BETAFPV Meteor65

BETAFPV のマイクロドローン一覧 まとめ!おすすめの機種は?
カメラとVTXM01 AIO Camera VTX
重量22.84g
フレームMeteor65 65mm 1S Brushless Frame
FC、ESCF4 1S Brushless Flight Controller V2.1
モーター0802 19500 / 22000KV Motors
レシーバーFrsky XM / DSMX / Futaba S-FHSS / TBS Crossfire
価格$109.99 USD

新しいバッテリーの規格「BT2.0」を採用。1sドローンですがかなりスピード感のあるフライトを楽しめます。
モーターのkv値は購入する時に選択できるのですが、22000KV値のものでフライト時間は長くて2分程度でした。
飛ばし方によっては1分半くらいです。それと飛ばしている時のモーター音がとても静かだとおもいました。
公園フライトとかすると楽しいドローンだと思います。

BETAFPV Beta65S

BETAFPV のマイクロドローン一覧 まとめ!おすすめの機種は?
カメラ、VTXM01 AIO Camera 5.8G VTX
重量25g
フレーム 
FC、ESCBETAFPV F4 Brushed FC / F4 Brushed NO RX FC / F3 Flysky FC / F4 Brushed FC (DSMX RX)
モーター7x16mm Coreless Brush Motor, 19000KV
レシーバーSPI Frsky D16 potocol / SPI FUTABA RX / SPI Flysky RX / Native DSMX RX レシーバー選択可能
価格$69.99 USD

発売から1年以上経過していますが、今は売れているんですかね。どうなんでしょう。室内でもあそぶのにちょうどいい感じのフープですかね。
ブラシモーターですので、モーター寿命は早そうですが価格が安いのでお部屋でフープの練習用にはいいかもしれません。

Beta FPV 65S ブラシドローン

BETAFPV HX100 SE

BETAFPV HX100 SE レビュー【100g未満 Toothpick】
カメラM01 AIO Camera 5.8G VTX
重量28.09g
フレームHX100 SE Carbon Fiber Frame
FC、ESCF4 1S Brushless FC V2.1
モーター1102 13500KV Motors
レシーバーFrsky XM / DSMX / Futaba S-FHSS
価格$109.99 USD

軽量でスピードがでる「Toothpick」です。軽くてふわっとした飛び方をするし、スロットル入れるとスピードがでてとても楽しいです。フライト時間は1分半から2分くらいです。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

BETAFPV TWIG ET5

カメラCaddx Ratel Camera
重量169.3g (Not including Battery)
フレームTWIG ET5 5” Toothpick Frame
FC、ESCF405 Flight Controller & 35A BLHeli_32ESC
VTXA01 25-200mW 5.8G VTX
モーター1506 3000KV brushless motor
レシーバーFrsky FCC/ Frsky LBT /TBS Crossfire
価格$229.99 USD

200g以上になってしまうドローン。
サイズが大きくなるぶんパワーもありそうです。

X-Knight 360 FPV Quadcopter

カメラCaddx ANT Nano Camera
重量194.4g
フレームX-Knight 360 Carbon Frame Kit
FC、ESCF4 35A AIO Brushless FC
VTXM02 5.8G VTX
モーター2004 3000KV Brushless Motors
レシーバーFrsky XM+ / TBS Crossfire
価格$249.99 USD

「Insta360 ONE R」を搭載できるように設計されたドローンです。
BetaFPV公式サイトで動画が公開されていますが、おもしろい映像が撮影できそうです。

最後に個人的におすすめしたBETAFPVのドローンを紹介

まだまだ他にもBETAFPVから発売されているドローンはあるのですが、この中から個人的におすすめのドローンをランキング形式で紹介します。

1位.BetaFPV HX115 SE

【100g未満】BetaFPV HX115 SE ドローン 販売開始


1sでパワーはそこまでないと思いますが、飛ばしていて楽しそうです。新製品ということもあり機体をこめて1位にしてみました。

2位.Beta95X V3

今まで飛ばしたプッシャータイプ のドローンの中では、いちばんパワフルかつ安定して飛ぶドローンだと思いました。

SMO4K用の電源もデフォルトで基板から出ているし、SMO4Kカメラならマウントいらずでそのまま機体にかんたんに取り付けることもできます。

自分はGoProliteを搭載したので、フリーのサイトで3Dプリンター用のデーターをダウンロードして、マウントを作成しました。

それとデザインも個人的には好きです。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

>>BETA FPV Beta95X V3 ドローン レビュー

BETA FPV ドローンの系統図

betafpvに使われているVTXの系統図は戸澤さんのところで入手可能です。

また国内のショップなら系統図付きで販売されていることがほとんです。

戸澤さんについては下の記事で紹介しています↓

BETAFPV プロポ


BetaFPVから販売されているプロポといえば「LiteRadio 2 Radio Transmitter」でしょうか。
2020年8月10日じてんではまだ技適の取得はされていないようですが、技適取得についてうごいているとの噂もあります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です