DJI Mini 3 Pro 販売開始!

2022年5月20日から「DJI Mini 3 Pro」の販売が開始されることが決定しました。

前作のモデル「Mini 2」より、カメラの性能などがパワーアップしているようです。

ドローン機体

iFlight TurboBee 160RS 165mm DIYキット 発売開始!

この記事の最終更新日は2020年8月4日です。古い情報を掲載している可能性があります。その点ご理解のうえ読んでいただけると助かります。


iFlight TurboBee 160RS 165mm DIYキット 発売開始!
iFlightからホイールベースが165mmのドローンが発売されたので紹介します。
サイズは大きいドローンですが、バッテリーなしの重量が100gくらいなので、バッテリーを入れても200g未満におさまるドローンになります。

iFlight TurboBee 160RS 165mm DIYキット スペック

iFlight TurboBee 160RS 165mm DIYキット 発売開始!
カメラ 14 × 14mm nano camera
重量 100gくらい
フレーム ホイールベース:165mm
FC SucceX Micro F4 F1.5 Flight controller is 2-4s Lipo Compatible
ESC
VTX SucceX Micro300mW VTX
モーター XING 1404 3800KV motor
レシーバー なし
価格 16000円くらい

iFlight TurboBee 160RS 165mm DIYキット 発売開始!
DIYキットのセット内容はこんな感じです。
レシーバーだけ別で購入する必要がありますね。

iFlight TurboBee 160RS 165mm DIYキット 発売開始!

スペックを見てみるとモーターは「XING 1404 3800KV」で4s 重量もちょうどバランスが取れていそうなので、パンチのある飛びをしてくれそうな気がします。

VTXはピンタイプのものですが、FCから配線でのハンダつけもできそうな気がするので、VTXを違うものをつけるのも可能かもしれません。

キャノピーの形状的に、別でカメラを搭載するのかんたんじゃないのが、個人的には微妙なところでしょうか。

べつに綺麗な空撮をしたいのが目的ではない人には関係ないかもしれませんけど。

最後に

自作ドローンの作り方の勉強にいいかもしれません。
価格的には個人的にはあまりお得感がないと感じるので、微妙な機体かなぁ〜とも思います。

まぁ4インチというサイズを考えると安いのか??

別に大きければいいというものでもない気もしますけどね。

ちなみに完成しているBNFバージョンも1000円くらい高いですが、販売されています。
組み立てるのが面倒で、飛ばすのだけ楽しみたい人はこちらをどうぞ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。