ドローン機体

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

今回はBETAFPV「PAVO30」をレビューしていきます。

BetaFPVのドローンのクーポン一覧です↓気になるドローンありましたらチェックしてみてください。
ドローン本体(型番)クーポンコード価格台数期限

BETAFPV
HX115 HD
BGd9b523
50% OFF302021年10月31日

BETAFPV Pavo30 ドローン スペック

BETAFPV Pavo30 ドローン 販売開始!SMO 4K
Pavo30 Whoop Drone(Analog VTX)Pavo30 Whoop Drone(HD Digital VTX)
Weight145g (without battery)173g (without battery)
Wheelbase118mm118mm
FCF722 AIO 35A FCF722 AIO 35A FC
FramePavo30 Frame KitPavo30 Frame Kit
Motor1505-3400KV motor1506- 3000KV motor
PropellerHQ75 5-blade props with 1.5mm shaft holeGemfan D76 5-Blade props with 5mm shaft hole
Receiver OptionFrsky FCC/Frsky LBT/TBS/FUTABA/PNP Frsky FCC/Frsky LBT/TBS/PNP
FPV CameraANT Nano cameraNebula Nano camera
FPV Camera Tilt Degree0°- 60° 0°- 60° 
VTXM02 25-250mW VTXVISTA HD Digital VTX
Camera MountSMO 4K camera MountSMO 4K camera Mount
SMO 4K Tilt Degree5°- 45° 5°- 45° 
Battery750mAh 4S battery /850mAh 4S battery (Not included) 750mAh 4S battery /850mAh 4S battery (Not included) 
Charge ConnectorXT30XT30
Flight timeAbout 6-8 minutesAbout 6-8 minutes
今回レビューしているのはアナログバージョンのPAVO30です

BETAFPV Pavo30 セット内容 (Analog VTX)

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K
  • Pavo30 Whoop Quadcopter
  • HQ75 5-Blade Propellers(2CW+2CCW)
  • 19mm FPV Camera Mount
  • USB Adapter Board for FC
  • Adapter Cable for Customized Naked Camera
  • 六角レンチ

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

これはセット内容のいちぶですが、右上にあるのがSMO 4Kの配線をGoProlite用に変換するケーブルです。

下にはあるのはFPVカメラの幅を19mmのものに変えたい時に使用できるマウントになります(デフォルトでは14mmのantがついています)。

BETAFPV Pavo30 の特徴や形状など

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

BETAFPVによって開発された3インチプッシャードローンの新しいコンセプトであるPavo30フープクワッドコプターは、まったく新しい電源システムにより、パフォーマンス、耐久性、および出力をさらに向上させています。これは、すべてのFPVフリースタイルトリック用にSMO 4Kカメラまたはカスタマイズされたネイキッドカメラを搭載するのに十分強力であり、簡単なアクションフライング用にGoProを搭載することもできます。したがって、この3インチのフープドローンは、より高品質の射撃ニーズを満たすことができます。パイロットは、FPV飛行中に、信じられないほど安定したクリアなHD映像ビデオを楽しむことができます!

引用元:BETAFPV商品販売ページ

「Pavo30」はこんな感じのコンセプトで設計されているようです。

PAVO30 外観

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K
BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

PAVO30の外観はこんな感じ。

FPVカメラ

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

アナログバージョンのFPVカメラはそこそこ視界良好な「Caddex ANT」。

でも最近思うのが1200TVLにしては、太陽の光の位置によって見えずらくなる印象。

モーターサイズ

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

モーターは1505 3400KV。フープにしてはかなり大きめです。

※アナログバージョン

重量

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

アナログバージョンの重量は145g(実際に計測したら148gでした)。推奨バッテリーをつむと確実に200gオーバーしてしまいます。

実際に計測してみたところTattu4S450mAhでギリ199gで、気になるフライト時間は2分くらいでした。フライトしている動画は記事の下の方にうめこんでおきます。

ちなみにスペック上では推奨バッテリー「750mAh 4S battery /850mAh 4S」を使用すればフライト時間が6〜8分になっています。

※アナログバージョンの重量です

VTX

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

VTXの出力は最大350mWだせる「 M02 」を搭載しています。M02はピットモードに入ってしまうという事例がよくあがっていますが、自分の機体は今回は大丈夫でした。

機体の裏側のど真ん中に設置されています。

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

VTXのアンテナは機体の後ろ部分にピコッとはめ込んである感じです。

ちなみにアンテナの左に少し見えるがレシーバーで、バインドボタンはここから押せるようになっています。

FC & ESC

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

FCは「Toothpick F722 2-6S AIO Brushless Flight Controller 35A(BLHeli_S)」を搭載しています。

BETAFPV Pavo30に搭載できるカメラ

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

SMO 4Kカメラなら、FPVカメラの上にあるマウントにそのまま載せることができます。

GoProliteやInsta360GOなどを搭載したい場合は、3Dプリンターで作成、またはショップなどで購入する必要があります。

日本のショップでも販売はされているようでした。

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K
BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

上の画像は3Dプリンターを使って自分が作成したものです。データーに関しては無料でダウンロードできるサイトがありますので、そこで検索すればみつけることができます。

STLデータを無料でダウンロードできるサイトは下の記事で紹介しています↓

>>【ドローン パーツ 】3DプリンターのSTLデータが無料で入手できるサイトの紹介

BETAFPV Pavo30 フライトレビュー動画

Youtubeでもレビューしています。フライト映像は動画の最後の方に収録していますので、飛びがどんな感じか知りたい方はご視聴ください。

最後に

BETAFPV Pavo30 ドローンレビュー!SMO 4K

形状はフープでもかなりパワフルな飛行が楽しめるドローンだと思いました。

ただ200g未満に収めようとすると、バッテリーは4s450mAhでギリなのでそこが微妙なところです。

フレームのデザインは個人的にはかっこいいと思うので、フレーム(Pavo30 Frame Kit)だけ購入してモーターを小さいのをつんで200g未満にできるようにビルドしたりするのもありかもしれません。

フレームは1サイズ小さい1404モーターなどでも組めるように、フレームにモーター取り付け穴があいています

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です