基本・基礎

【ドローン用語】コンパスキャリブレーションとは?

この記事の最終更新日は2017年11月12日ですので、古い情報を掲載している可能性があります。その点ご理解のうえ読んでいただけると助かります。


【ドローン用語】コンパスキャリブレーションとは?
GPS内臓のドローンの場合、コンパスキャリブレーションをフライト前に必ずおこなう必要があります。

コンパスキャリブレーションとは?

コンパスキャリブレーションとは、ドローンに北の方角を教えるための作業です。

GPSが内臓されていても、ドローン本体が北の方角を認識しなければ、機能を発揮することはできません。

毎回おこなう必要のない作業とされていますが、場所を移動したときには再度おこなった方がいいです。

それと、飛行機や船などの大きな金属の近くに長時間放置した場合は、必ず再度おこないます。

注意点

コンパスキャリブレーションを行うさいの注意点は、

・鉄製の大きな建物付近や、鉄塔の近くなど、近くに大きな金属製のものがない場所でやるようにする
・電線・アンテナ等磁場が影響する範囲もだめ

こんなところです。

コンパスキャリブレーションの方法

こちらの動画が参考になります↓

ちなみに僕は本体だけを回すのではなく、自分が回って「コンパスキャリブレーション」をやっていたので、しょっちゅう気持ち悪くなっていました(笑)
あくまでドローンをはじめた当初のことですが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。