ドローン機体

BETAFPV「SMO 360カメラ」「Pavo360ドローン」販売開始

BETAFPV「SMO 360カメラ」「Pavo360ドローン」販売開始

今回はBETAFPVから発売された「BETAFPV SMO 360カメラとPavo360ドローン」を紹介します。

※記事の内容は、ほぼ、BETAFPV公式の販売ページを翻訳しただけのものになります

海外のYoutuberのレビュー動画↓実際の空撮映像もあってこのドローンの特性がわかりやすいです。

Pavo360ドローン スペック

カメラデジタル:Caddx Polar Vista Camera
アナログ:Caddx Ratel
モーター2204-2400KV
FCToothpick F722 AIO 35A
VTX(アナログ)A02 /25/200/500/800mW
プロペラGemfan D76 5-Blades
価格ドローン本体:$469.99 USD(デジタル)$319.99 USD(アナログ)
360°カメラ:$399.99 USD

BETAFPV SMO 360カメラとPavo360ドローンの概要

BETAFPV「SMO 360カメラ」「Pavo360ドローン」販売開始

「Pavo360」はフラットな形状のデザインで、360°カメラを搭載して、録画するさいに、ドローンが映り込まないように設計されているとのこと。

編集次第ではいろいろな映像表現ができそうです。

FPVカメラ

BETAFPV「SMO 360カメラ」「Pavo360ドローン」販売開始

カメラはデジタルバージョンとアナログバージョンの2種類用意されています。アナログバージョンのVTXはA02で最大800mWまで出るのである程度ロングレンジも可能です。

アナログバージョンのカメラは「Caddx Ratel」で、ある程度暗い場所でもよく見えます。画面比率は4:3 16:9 どちらにも設定で変更可能です。

ランディングギア

BETAFPV「SMO 360カメラ」「Pavo360ドローン」販売開始


360°カメラが地面に接触しないように考えられたランディングギア。

ただBETAFPVの販売ページにも記載されていますが、カメラの保護フィルムは貼った方がいいとのこと。

たしかにランディングギアといっても、そこまで高くはならなそうなのでレンズが地面に接触することもありそうですね。

360°搭載カメラ

BETAFPV「SMO 360カメラ」「Pavo360ドローン」販売開始


SMO360カメラは「Pavo360 FPVドローン」のために設計された、軽量の360°アクションカメラです。BETAFPV社とInsta360の技術がぎっしりとつまっています。

そしてPavo360 FPVドローンにフィットし、手ぶれ補正機能により、ブレのない安定した空撮映像を撮影できます。

Pavo360ドローンには、SMO 360カメラは付属していません。Pavo360 FPVドローンで360°映像を撮影するには同時に発売されたBETAFPV SMO 360カメラを一緒に購入する必要があります。

最後に

動画の編集次第で、いろいろな映像表現ができるドローンだと思いました。

気になる方はチェックしてみてください。

BETAFPVのドローンは下の記事でまとめています↓

>>BETAFPV ドローン一覧 まとめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です