商品情報

【ドローンの飛行時間を比較】連続で長く飛ばせるドローン8選

ドローンの飛行時間は機種によって変わってきます。
特に仕事で使用する方によっては、飛行時間は気になってくるところではないでしょうか?

今回の記事ではドローンの飛行時間について詳しく解説していきます。

連続飛行時間が世界最長のドローンは!?


たぶん連続飛行で世界最長のドローンはFoxtech社が開発した独自ドローン「GAIA 160 Hybrid」でしょう。

なんと6時間も連続で飛行することが可能のようです。

通常のドローンと同様にリポバッテリーを搭載している以外に、電力を発電できる電力ジェネレーターを搭載してバッテリーに電力を供給することが可能な為、連続で6時間飛行が可能になっているようです。

電力ジェネレーターを動かすにはガソリンが必要らしいです。

AKIRA
AKIRA
詳しくはわからないのですが、総重量はどのくらいになるんですかね。10kg以上にはなるのかと、、、

たぶん技術開発のためお試しで製作したドローンだと思いますので、実用販売はしていないと思います。

ドローンの飛行時間を比較 ランキング

完成品として販売されているドローンの中から、ランキング形式で飛行時間が長い順から紹介します。

AKIRA
AKIRA
産業用のドローンは自作で組み立て製作し、飛行時間を伸ばすことが可能です。あくまで完成品のドローンの中から選んでいます

MATRICE 600


産業量として活躍しているドローンです。
飛行時間は最大40分です。

MATRICE 600のスペック

重量 9600g
伝送距離 3.5km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間 最長40分
機体のサイズ 1668 mm x 1518 mm x 759 mm (プロペラ、機体アーム、GPS マウントを広げた状態)

DJIオンラインストアのみで購入が可能です。

DJIオンラインストア

Xiaomi FIMI X8

【Xiaomi FIMI X8ドローン レビュー】連続飛行時間33分のハイスペックドローン
日本仕様の技適マークでの販売はされていない商品ですが、価格は5万円ちょっとで購入可能なドローンです。
連続飛行時間は33分であの「DJI Mavic 2 Pro」より2分長いコスパ最強ドローンです。

Xiaomi FIMI X8 スペック

画質 4K 30FPS
重量 790g
伝送距離 5Km
飛行時間 最大フライト時間33分
バッテリー 4500mAh リポバッテリー
操作モード
機体のサイズ 204 x 106 x 72
価格 55000円前後(2019年1月現在)banggood
その他の機能 ・GPS内蔵(自動帰還機能付き)
・フォロミーモードつき

技適マークはついていませんが、並行輸入でしたらbanggood(バングッド)で購入可能です↓↓
banggood(バングッド)

Mavic 2 Pro


Mavicシリーズの最新作です。価格は高いですがスウェーデン製ハッセルブラッド(Hasselblad)のカメラ「L1D-20c」を搭載して、最高に綺麗な空撮をすることが可能です。

連続飛行時間は31分です。

Mavic 2 Pro のスペック

重量 907g
伝送距離 8km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間 最長31分
動画サイズ 4K 30fps
その他の機能 障害物回避機能、アクティブトラック機能(自動追尾)
価格 189000円

Mavic 2 Zoom


Mavicシリーズの最新作。2018年8月に「Mavic 2 Pro」と同時に発売されました。
「Mavic 2 Pro」と連続飛行時間は同じで31分です。

Mavic 2 Zoom のスペック

重量 905g
伝送距離 8km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間 最長31分
動画サイズ 4K 30fps
その他の機能 障害物回避機能、アクティブトラック機能(自動追尾)
価格 162000円

MAVIC PRO PLATINUM


MAVIC PROとほぼスペックは変わりませんが、飛行時間が30分と少し伸びています。

MAVIC PRO PLATINUMのスペック

重量 1388g
伝送距離 4km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間 最長30分
動画サイズ 4K 60fps
その他の機能 障害物回避機能、アクティブトラック機能

Phantom4 Pro

DJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?
Phantomシリーズの中で一番の高性能モデル。
連続飛行時間は30分です。

Phantom4 Proのスペック

重量 1388g
伝送距離 4km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間 最長30分
動画サイズ 4K 60fps
その他の機能 障害物回避機能、アクティブトラック機能

Parrot Bebop2 Power

Parrot Bebop2 Power 『スペック・変更点』とネットでのレビュー・感想・評価
Parrot社のドローンでコスパがいいのがおすすめポイント。
7万円ぐらいで購入可能です。
連続飛行時間は30分と価格のわりには長いです。

Parrot Bebop2 Powerのスペック

重量 525g
伝送距離 2km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間 最長30分
動画サイズ 2K
その他の機能 アクティブトラック機能

Mavic Pro(マービックプロ)

DJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?
連続飛行時間は27分です。

Mavic Pro(マービックプロ)のスペック

重量 734g
伝送距離 4km(障害物および干渉がないこと)
継続飛行時間 最長27分
動画サイズ 4K 30fps
その他の機能 障害物回避機能、アクティブトラック機能

Parrot ANAFIのスペック

Parrot社から、新型ドローン「ANAFI」登場!気になるスペックの紹介
機体の重量は320gと軽いのに連続飛行時間は25分とかなり長い機種になります。

軽くて長時間飛ばしたい人にはおすすめのドローンです。

ANAFIのスペック

重量 320g
折りたたみサイズ 長さ244x幅67x高さ65mm
広げた時のサイズ 長さ175x幅240x高さ65mm
飛行時間 25分
動画 4K/25fps
写真 ワイド21MP(5344×4016)/ 4:3/84°HFOV
直角 16MP(4608×3456)/ 4:3 / 75.5°HFOV

まとめ

2018年11現在でのドローンの連続飛行時間は長いものでも30分前後になります。

容量の大きいバッテリーを積めば飛行時間が伸びるのはメーカーもわかっていると思うのですが、そうなると機体重量が増えてしまいます。
現状だとこの30分という時間がちょうどバランスのとれたところなんでしょうね!

200g以上でジンバル付きの綺麗な空撮のできるドローンは、下の記事で紹介しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です