ドローン機体

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
今回はHoly Ston(ホーリーストーン)のGPS搭載ドローンHS700Dの実機レビューをしていきます

2020年の4月12日に発売されたばかり最新ドローンです。

Holy Stone
¥27,990
(2020/09/27 12:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

ホーリーストーンから発売されているその他のドローンは下の記事で紹介しています↓↓

Holy Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 15選【おすすめの機種を選んでみた!】Amazonで人気のトイドローンをいろいろ販売しているメーカーHoly Stone(ホーリーストーン)社。 今回の記事では「Hol...

Holy Stone GPSドローン HS700D スペック

カメラ画質 4K 3840 ×2160P(SDカード)
HD1920×1080P(スマホ)
チルト式で真下の撮影が可能
重量 630g
SDカード 最大32GB
周波数 送信機:2.4Ghz
FPV:2.4Ghz
モーター 2204 1400KV
飛行時間 22分
バッテリー 7.4V 2800mAh
充電時間:5-7時間
操作モード モード1/モード2
機体のサイズ 434 × 434 × 151mm
価格 27990円(2020年4月16日現在20%OFFで購入可能)
その他の機能 ・オートリターン
・ホバリングモード
・ウェイポイントモード
・フォロミーモード

Holy Stone GPSドローン HS700D 開封レビュー

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
まずは開封レビューからしていきます。
こちらは外箱。

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
箱をあけるとこんな感じで収納されていました。

Holy Stone GPSドローン HS700D セット内容

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
  • 本体×1
  • 送信機× 1
  • バッテリー× 1
  • 4K カメラ× 1
  • バッテリー充電器× 1
  • 予備プロペラ× 4
  • プロペラガード× 4
  • 日本語マニュアル× 1

セット内容はこんな感じです。

組み立てが必要

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
説明書もついていますし、そこまで難しくはありませんが「Holy Stone GPSドローン HS700D」は組み立てが必要です。

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
組み立てが必要なのパーツは「カメラ」「プロペラ」「ランディングギア」の3点。

プロペラは向きを間違えると、飛びませんので注意が必要です。

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
カメラは機体の下側にスライドしてはめ込む感じ。
特に工具は必要ないので簡単です。

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
とりあえず組み立て完了です。
10分程度で組み立てることができました。

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
ちなみに送信機は単三電池4本で動くようになっています。

Holy Stone GPSドローン HS700D 特徴

4Kカメラを搭載

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
4Kカメラを搭載していて、さらに角度を90°真下にすることが可能です。

フォロミーモードを搭載

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
フォロミーモードを搭載しているドローンですので、自動追尾させながら空撮することができます。

ホバリングモード

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
指定した位置を旋回しながら、一緒に空撮することも可能です。

ウェイポイントモード

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
アプリに飛行させたい空路を描き、自動飛行させる機能です。
同時に空撮もすることが可能です。

ヘッドレスモード

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
機体の向きに関係なく、自分視点でドローンを操縦することができます。
ヘッドレスモードをONにすれば、機体の向きを見失っても、位置さえわかればドローンを操縦することができます。

GPS搭載

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
GPS搭載ですのでオートリターンをすることができます。
機体を見失ってもオートリターンを実行することにより、ホームポイントまで帰還させることができます。
また定電圧になると自動で帰還させる機能もついているようですので、ドローン初心者の方でもわりと安心して飛行させることができるかと思います。

Holy Stone GPSドローン HS700D 実際に飛ばした感想・レビュー

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
風が風速3mはある悪いコンディションでしたが、フライトさせてきました。
重量が600gくらいあるドローンなので3mくらいなら、そこまで危なげなく飛ばせますね。

空撮は風の影響もあり「ガクガクブルブル」のものになってしまいましたが、それなりに楽しんで飛ばすことができました。
その時の動画はこちら↓空撮映像だけ見たい方は動画の10分あたりからご視聴ください。

Holy Stone GPSドローン HS700D レビュー【ホーリーストーン】
風が強い悪条件の中でもホバリングは非常に安定していましたね。
風がふいてもその場でとどまるように踏ん張っている感じ。

HS700DにGoProHERO7を搭載して飛ばしてみました


HS700DにGoProHERO7を搭載して飛ばしてみました。


タイラップでGoProHERO7のマウントをつけて、


このような感じでカメラが2個ついた状態で飛ばしています。

タイラップでカメラマウントをきつくとめる必要があるため、スポンジでタイラップのあとがつかないように保護して取り付けました。


こちらの動画はその時のものです。
よかったらご視聴ください。

まとめ

200g以上のドローンですので、飛ばす場所が限られてしまいますが、なかなか面白いドローンだと思いました。
ランディングギアがそこそこ高いのでGoProあたりを搭載しても飛ばせそうです。
※まだ搭載できるか実践はしておりません。今度やってみる予定

広くて人のいない飛ばす場所があることが前提になりますが、
GPSドローンでホバリングも安定していますしオートリターンもついているので、初心者にもおすすめできるドローンだと思います。

気になる方はAmazonでチェックしてみてください

Holy Stone
¥27,990
(2020/09/27 12:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. エルモ より:

    こんにちは、興味深くブログを拝見させて頂きました。

    僕もHS700Dを購入しようと検討しているのですが、やはり動画の画質などはGoProの方が良いのでしょうか?

    GoPro6を持っているのですが僕も装着しようかと考えていて、簡単に固定出来るのかが気になりました。

    • akira より:

      エルモさん、こんにちは。

      画質は、GoProの方がいいですよ。
      Hero6の場合、Hero7より手ぶれ補正がそこまで効かないので、有料になりますが撮影後「ReelSteady GO」というアプリを使用すればHero6の映像でもにブレのない綺麗な画質になります。
      純正のカメラだと、手ブレ補正がないので、ガクガクブルブルした画質になります。

      固定はそこまで難しくはないと思います。
      自分はタイラップを使って下の記事のマウントをつけました。
      https://drone-info.net/goprohero-mount

      ただ重量がカメラをつけると100g以上増えるので、自分の場合、普通に飛ばせましたが、あまりおすすめはできません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です