レビュー

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!
GPS内蔵ドローンを安く販売している「Hubsan」社から、ジンバル付きのドローンが発売されましたね!
名前は「Zino」。ちなみに型番は「H117S」で販売されています。

アマゾンで確認したら58000円くらいで販売は開始されていましたが、たぶん技適マークは取得していないと思います(確認中)
技適マーク付きで販売されて、もう少し価格が落ちればかなり日本でも売れそうなドローンなんですけどね!

そんな感じで個人的にかなり期待しているドローン「Zin H117S」を、今回は紹介していきていと思います。

Hubsanから販売されているドローンを比較するなら、下の記事がおすすめです↓↓
【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!

Hubsan Zin H117S のスペック

画質 4K動画(3840 X 2160 30FPS)
重量 700g
伝送距離 1000m程度
飛行時間 最大フライト時間23分
バッテリー 11.4V 3000mAh (充電時間180分)
操作モード たぶん自由に変換可能(確認中)
機体のサイズ 30.4 X 25.2 X 9cm
最高時速 60km
価格 58000円前後(2019年1月現在アマゾン)
メーカー販売ページでは40959円海外から輸入して購入することが可能
その他の機能 ・GPS内蔵で自動追尾機能
・ホーム・トゥ・リターン
・ウェイポイントモード
などいろいろな機能あり

Hubsan Zino H117S のセット内容

  • 航空機本体
  • インテリジェントフライトバッテリー
  • HT016リモートコントローラ
  • 2つのプロペラ(セット)
  • プロペラスクリュー2個(セット)
  • ジンバルプロテクター1個
  • プロペラレンチ
  • ACアダプタ
  • 充電器
  • 航空機バッテリ用USB充電器1個
  • トランスミッタバッテリ用USB充電器1個
  • RCケーブル(避雷器)
  • RCケーブル(標準マイクロUSBコネクタ)
  • RCケーブル(USBタイプ-Cコネクタ)
  • ユーザーマニュアル

Hubsan ドローン Zino H117S の特徴

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!
  • 4Kカメラ三軸ジンバルを搭載(3840 X 2160 30FPS)
  • フォロミー機能(自動追尾機能)
  • ウェイポイントモード
  • 連続飛行時間は23分
  • RTH(リターン・トゥ・ホーム)機能付き
  • 折りたたみできてコンパクトになる

4Kカメラ三軸ジンバルを搭載(3840 X 2160 30FPS)

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!
4Kカメラと三軸ジンバルを搭載しているので、ブレのない綺麗な映像を撮影することができます。
Hubsan社のドローンでジンバル付きは、今回発売された「Zino H117S」がはじめてだと思います。
はじめてのジンバル付きドローンというと、「ブレない映像が撮れるのかなぁ?」と心配になると思いますが、youtube動画をみてみたところ、かなり綺麗な空撮映像が撮れていましたね!


空撮の画質は上の動画が参考になります↑

フォロミー機能(自動追尾機能)

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!
フォロミー機能(自動追尾機能)もついています。
対象物を設定すれば、自動で追尾させながら空撮することも可能です。
DJIのドローンではこの機能を「アクティブトラック」と呼んでいます。

ウェイポイントモード

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!
専用のアプリで空路を設定すれば、自動飛行することが可能です。

連続飛行時間は23分

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!
連続飛行時間は23分となっています。
Hubsan社から販売されているドローンの中ではたぶん最長となる飛行時間になっています。

RTH(リターン・トゥ・ホーム)機能付き

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!
GPS内蔵ですのでもちろん「RTH(リターン・トゥ・ホーム)機能」もついています。
機体を見失ってもワンキーで帰還させることができるので、ドローン初心者でも安心して飛ばせます。

折りたたみできてコンパクトになる

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!
機体は折りたたみできて、コンパクトになります。
持ち運びをするときなどに便利ですね。

Hubsan ドローン Zino H117S の外観

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売! 【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売! 【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売! 【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!

【Hubsan ドローン Zino H117S レビュー】4K動画が撮影できてジンバル付きドローンがついに発売!
外観は折りたたみできることも含めて「DJIのMavicシリーズ」に似ていますね。

Hubsan ドローン Zino H117S レビュー

海外では何本かレビュー動画も上がっています。
空撮の映像はかなり綺麗ですし、安定感のあるドローンだと評判もなかなか良さそうです。


海外でのレビュー動画ですので、英語になりますが参考にしてみてください。

まとめ

「Hubsan ドローン Zino H117S 」はHubsan社はじめてのジンバル付きドローンで、値段のわりにはかなり高スペックなドローンだと思います。

日本のアマゾンでは販売が開始されていますが、たぶん技適マークはついていないと思います。
個人的には早く日本でも技適マーク付きで販売されるとうれしいところなのですが、、、、。
ちなみに現在技適マークがついているか質問中です。

「Hubsan ドローン Zino H117S」の詳細はアマゾン公式サイトでも確認できます↓↓

アマゾン公式サイト

「Hubsan ドローン Zino H117S」は700gあるので無人航空機の法律の対象になってしまうドローンです。法律の対象外になる200g以下のドローンは下の記事で紹介しています。
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

ジンバル付きのDJIのドローンの紹介

AKIRA
AKIRA
綺麗な空撮を楽しみたい人は、ジンバル付きのドローンがおすすめです。
200g以上になりますが、ジンバル付きの綺麗な空撮のできるドローンは下の記事で紹介しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?
Amazonでお得にドローンを購入する方法

Amazonでドローンを購入するならAmazonギフト券をチャージしてから購入するのがおすすめ。
チャージをすれば、チャージ額に対して最大2.5%のAmazonポイントがつきます。
ギフト券の詳細や、チャージ方法は公式サイトでご確認ください。

アマゾンギフト券 公式サイト

POSTED COMMENT

  1. TA より:

    HUBSANより直接購入しております。現在 技適取得完了していて、1月後半に技適が有効になるとのことです。1月後半から集荷とメーカーより連絡が来ております。完全日本仕様なので2.4Gでの仕様と思います。補足ZINOはジンバル付では2機目となります。初代はH109 の機体がジンバル付となります。

    • akira より:

      そうなんですね。有益な情報ありがとうございます^_^
      自分もこの機種を欲しいと思っているのですが、そうなると来月あたりから、普通に日本のネットショップでも技適マーク付き買えるようになるんでしょうか?それともメーカーのページから買うしかないのでしょうか?質問ばかりですいません
      m(_ _)m

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です