ドローンパーツ

S-FHSS 受信機 RX800-PRO レビュー【FUTABA通信方式KINGKONG/LDARCレシーバー】

S-FHSS 受信機 RX800-PRO レビュー【FUTABA通信方式KINGKONG/LDARCレシーバー】
フタバの純正のレシーバーは価格が高い。
自分は「R2000SBM」を使用しているので、価格が3500円くらいするんですよね。

ということで、フタバの通信方式で安い商品を探していたところ「KINGKONG/LDARC RX800-PRO」という1000円ちょっとで買える安いレシーバーを見つけました。

今回は「LDARC RX800-PRO」をレビューしていきます。

KINGKONG/LDARC S-FHSS 受信機 RX800-PRO スペック

電源の電圧 4.0V – 6.0V
重量 1.2g
サイズ 22x13x3mm
通信距離 500m
価格 1200円くらい

S-FHSS 受信機 RX800-PRO レビュー

S-FHSS 受信機 RX800-PRO レビュー【FUTABA通信方式KINGKONG/LDARCレシーバー】
まずは開封レビューからしていきます。
こんな感じでパッケージの中にプチプチ入りで梱包されていました。

S-FHSS 受信機 RX800-PRO レビュー【FUTABA通信方式KINGKONG/LDARCレシーバー】
セット内容はこんな感じ。
説明書は中国語のみ。

S-FHSS 受信機 RX800-PRO 取り付け方法

S-FHSS 受信機 RX800-PRO レビュー【FUTABA通信方式KINGKONG/LDARCレシーバー】
取り付け方法は他の受信機と基本的には同じで、「SBUS」「GND」「5V」をFCから接続すればOKです。

S-FHSS 受信機 RX800-PRO ベータフライトの設定

ベータフライトの設定は、受信機を接続させたポート(ハンダをしたポート)をシリアル受信ONに設定。
それと基本設定のタブの受信機をSBUSにすればOKです。

RSSIの受信レベルをOSDに表示させたい場合は、ベーターフライトの受信機タブの「RSSI」のところをAUX12にすればOKです。

S-FHSS 受信機 RX800-PRO バインド方法

バインド方法はレシーバーにバインドボタンがついていますので、バインドボタンを押しながら、バッテリーを接続すればレシーバーがバインド待ちになります。

FUTABA T10J 送信機の場合は、送信機の電源を入れてあげればバインドされます(モデルデータの通信方式はS-FHSSにしてある前提です)。

S-FHSS 受信機 RX800-PRO 飛距離


実際にどのくらい飛距離をだせるかフライトテストをしてきました。

障害物などによって変わってくると思いますが、自分が飛ばした環境では400mくらいでしたね。

ただ木の陰にかくれた瞬間にRSSIが一気におちて、バインド切れしたので、何もないところなら500mくらいはいけるような気がします。

200m程度の距離で飛ばしているぶんには、バインド切れする感じはほとんどなく快適に飛ばすことはできました。

実際に飛距離のテストをしている動画です。
動画の3分30秒あたりから飛距離のテストをしています↓


バインド切れした後、落ちたところが草むらだったので、ほぼ無傷で済みました。
まぁ落ちることを想定して飛ばしていましたので、高度はあげないようにして飛ばしていましたけど。

最後に

まだフライト回数は5本程度ですが、RSSIの受信もできますし、価格を考えれば、悪くないレシーバーだと思います。
サイズはフタバ純正レシーバー「R2000SBM」よりひとまわり大きいですが、3インチ機につけるぶんにはこのくらいのサイズなら問題ないです。

お金に余裕がある方は、「R2000SBM」の方がおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です