ドローンパーツ

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

この記事の最終更新日は2022年4月23日ですので、古い情報を掲載している可能性があります。その点ご理解のうえ読んでいただけると助かります。


HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

今回はHOTA F6 リポバッテリー充電器をレビューしていきます。

充電器関連のクーポンコード一覧です。クーポンコードをクリックするとコードがコピーされて、商品ページに移動します。そのまま貼り付けてご使用ください。
商品名クーポンコード価格台数期限

HOTA D6 Pro
AC 200W

BGD6Pro622

$100.99302022年6月25日

ISDT Q6 Nano
BattGo 200W
BGQ6Nano622

$29.99302022年6月25日

その他、ドローンが安く購入できるBanggoodのクーポンは下の記事でまとめています↓

>>banggood(バングッド)ドローン送信機 FPVゴーグル クーポン 一覧

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

HOTA F6 スペック

ブランド名HOTA
モデルHOTA F6
入力電圧DC 10.5~30V 
Charge Current0.1~15A × 4
Regenerated Current0.1~15A × 4 
Combined Charging Current0.1A-22A
Balance Current1000mA × 4 
Discharge Current0.1~3A × 4
Charge Power50WX4 @Input voltage>23V
Combined Charging Power500Wx2 @Input voltage>23V
Discharge Power Internal discharge:12W × 4(balance port 6WX4) 
Regerated discharge power250W x 4 (1000W)
Battery TypeLiHv/LiPo/LiFe/Lilon/Lixx : 1~6S 
NiZn/Nicd/NiMH1~16S 
Smart Battery1~6S 
Lead Acid(Pb)2~24V 
Enelop1~16S
USB Output5V / 2.1A 
Type-C Output45W Max
Storage Temperature-20-60°C
Operating Temperature 0-40°C
Screen Size2.8″IPS 320X240 2600000 colors
サイズ115x121x46mm
重量475g

 

HOTA F6 セット内容

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー
  • リポバッテリー 充電器本体
  • ステッカー
  • 説明書

HOTA F6 の特徴や外観

ポートに関して

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー
HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

充電ポートは全部4CH。よくあるリポバッテリーの充電器は2CHタイプが多いので4つもあるのはうれしいところ。

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

こんな感じで「パラレル充電ボード」なしでも4個一度に充電することが可能です。

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

パラレル充電ボードがあれば、まとめてかなりの数のリポバッテリー の充電ができそうです。

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

それ以外に

  • PDチャージ×1
  • USBタイプA×1
  • サーボテスター
  • PWM 信号リーダー、PPM 出力ポート

があります。

画像の「USB1」「USB2」に関してはファームウェアを更新する時に使用する為のポートのようです

サーボテスター PWM、PPM出力に関しては上の動画がわかりやすいので、気になる方は動画を見ていただけたらと思います。

サイズ

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

充電器のサイズは「115x121x46mm」で以前にレビューした「ISDT K2」より一回り小さいです(上の画像の下がISDT K2)。

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

充電器の下側。

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー
HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

このように充電器を斜めに立てかける事ができます。

電源はDC XT60

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

電源はDC 10.5V〜30Vのみで、ACから直接とることができません。

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

リポバッテリーで電源をとるなら3s〜6sのバッテリーを使用することになります。ACコンセントから直接電源をとれないので、あまり初心者向けのリポバッテリー ではなさそうです。

もちろん、大容量の4sあたりのバッテリーを購入して、そこから電源をとってもいいとは思いますが、大容量となるとそれなりに値段も高いです。

2sや3s程度で少ない容量のバッテリーのみ充電するなら、そこまで大容量のバッテリーは必要ないので値段はそこまでしないです

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

自分は「AC DC コンバーター」を使用して電源を取りましたが、持っていない方はわざわざ購入するのも微妙なところです。

HOTA F6 リポバッテリー充電器 レビュー

「AC DC コンバーター」に関してはそこまで値段は高くありませんが、2000円程度はします。

HOTA F6 の良いところ、いまいちなところ まとめ

良いところ

  • パラレル充電ボードなしで4個のバッテリーを充電できる
  • 自分は使用しないし、いまいちわかっていませんがサーボテスター、PPM出力のポートあり(動画を参考にしてください

いまいちポイント

  • 電源がDC XT60のみ。容量の大きいXT60バッテリーまたは「AC→DCコンバター」などが必要

良いところと、いまいちなポイントをまとめるとこのような感じです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。