DJI Air 2S 販売開始!


DJIから新しいドローン「DJI Air 2S」の販売が開始されました!
詳細はこちらから

ドローン機体

Stardrone Octopus 130mm おもしろいドローン発売

Stardrone Octopus 130mm おもしろいドローン発売
新作ドローンを探していたら、見た目がなんかおもしろいドローンを発見したので紹介します。

Stardrone Octopus 130mm スペック

カメラ Runcam Racer nano2 14mm
重量 68g
フレーム Diatone GTB33-SD 130mm
FC、ESC 26.5×26.5mm GEPRC 20A x4 BLS 96Khz(たぶんGEPRCの一体型FCだと思います
VTX TBS PRO32 nano 25/100/400mW
モーター GEPRC 1105 5000KV
プロペラ:Gemfan 3016
レシーバー Frsky R-XSR / Nano RX(SE)
価格 350ドルくらい

Stardrone Octopus 130mm 特徴

Stardrone Octopus 130mm おもしろいドローン発売

飛行時間

商品紹介ページを見てみると推奨バッテリーは「3S 550mAh HV」になっていて、フライト時間が「5~14 Min」になっているんですけど、14分って記載ミス??さすがに14分は飛ばないと思いますが、、、、何か仕掛けがあるのでしょうか。

変わったデザインのキャノピー

Stardrone Octopus 130mm おもしろいドローン発売
変わったデザインのキャノピーですね。「Hand-painted」と記載があるので、誰か有名な人のペイントなんでしょうか?
よくわからんですけど、機体の価格が高いのでかってに有名な人のペイントなのかなぁ〜って。

商品ページをみると、カラー選択になっていたので、どれか1つキャノピーを選択するっぽいです(全部セットでついてくるわけではない)

機体のパーツ

Stardrone Octopus 130mm おもしろいドローン発売
機体のパーツは構成はいろいろなメーカーのものが混じっていますね。

フレーム:ダイアトーン
バッテリーストラップ:ダイアトーン
カメラ:ランカム
VTX:TBS
モーター:GEPRC
FC,ESC:GEPRC

なんか、面白いパーツ構成です。
とりあえず、パワーそこそこあって、軽量にするようなパーツ構成になっている気がします。

最後に

Stardrone Octopus 130mm おもしろいドローン発売
特に自分はキャノピーに魅力を感じないのと価格が高ので購入はしませんが、、、

とりあえず面白いドローンだと思ったので紹介させていただきました。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジン...

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

GoPro Lite

GoProliteを作って、ドローンに搭載するやり方でも綺麗な空撮をすることができます。
Hero7でGoProliteを作ればそのまま手ぶれ補正が効いて、少しくらいのブレのある映像でも綺麗な映像に補正してくれます。

Hero6でGoProlite をつくる場合は、手ぶれ補正アプリ「ReelSteady GO」を使えば綺麗に補正することが可能。

GoProliteの作り方は下の記事で紹介しています↓

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた BetaFPVから剥きプロを作るためのキット「GoPro lite」が発売され、好奇心からついに自分もGoProを剥いてみることにし...

GoProlite で撮影した映像はこちら↓FPV録画と比較しています(手ぶれ補正が綺麗に効いているのがわかると思います)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です