基本・基礎

自作でタイニーフープを作るのに勉強になるブログや動画まとめ

最近話題になりつつあるマイクロドローン「tiny-whoop(タイニーフープ)」
youtubeで「オンナノコズ:”Onnanocos” × Micro Drone」というのが配信されてから爆発的に話題になったように思われます。

今回はタイニーフープを自作して始めるにあたり勉強になるブログや動画を紹介します。

おすすめのFHDで撮影できる「tiny-whoop(タイニーフープ)」系のマイクロドローンは下の記事で紹介しています。

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

タイニーフープとは

FPVカメラとビデオトランスミッター(VTX基板)が一体化した小型のFPVカメラのパーツが取り付けてある、小型のドローンを「タイニーフープ」と呼んでいます。

レース機の操縦者は、FPVゴーグルを頭につけて、ゴーグルの画面に機体からリアルタイムに送られてくるFPVカメラからの映像をたよりに、機体を操縦します。

いろいろなレースや大会もありかなり賑わっていますね〜。下の動画はテレビで取り上げられるほど話題になりとても有名な動画です(「オンナノコズ:”Onnanocos” × Micro Drone)。かなりのテクニックを駆使して撮影されていて、この動画をみればタイニーフープのとりこになること間違いなしでしょう。↓↓

それと下の動画はタイニーフープでレースを楽しんでいるPV動画。これまた楽しそうです↓↓

タイニーフープを自作するのに勉強になるブログや動画

こちらのブログではタイニーフープをやるのに必要な資格の取得から、タイニーフープを自作で組み立てる方法まで詳しく紹介しています。
かなり詳しく書いてあるので、参考になると思いますよ。↓↓
https://burariweb.info/drone/first-fpv-self-made-whoop.html

タイニーフープ 自作 動画


前編と後編にわかれているタイニーフープの自作動画です。
わかりやすく説明されていて、動画のコメント蘭には使用したパーツも記載されています。

最後に

個人的にタイニーフープを始めようと思っているので自分用にとまとめてみましたが、自作してフライトさせるまでにはいろいろハードルがあり大変そうだなぁと思いました。

とりあえず今は「BLADE inductrix」で練習中です。
頑張って半年後くらいには、自作して飛ばしたいなぁ〜と思う今日この頃です。

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です