基本・基礎

【Betaflight設定 マニュアル】ダウンロード 使い方まで徹底解説

この記事では「BETA FLIGHT ベータフライト」のダウンロードから使い方まで解説していきます。
正直言って2019年9月の時点で「BETA FLIGHT ベータフライト」について半分も理解はしていませんが、少しずつ理解を深めながらこの記事をリライトしながら書いていこうと思います。

【BETA FLIGHT設定 マニュアル】ダウンロード 使い方まで徹底解説

Betaflight とは

Betaflightとはドローンのフライトコントローラーを動かすファームウェアのことを言います。
Betaflightの設定は「Betaflight Configurator(ベータフライトコンフィグレーター)」をパソコンにインストールして、パソコンとドローンをUSBケーブルで接続することにより「Betaflight」ドローンのフライトコントローラーのファームウェアの設定をすることが可能になります。

ちなみにこのファームウェアにはBetaflight以外に「penPilot」「Cleanflight」「Raceflight」などがあります。

Betaflight ダウンロード

Betaflightの最新バージョンは下のリンク先からダウンロードすることができます。

https://github.com/betaflight/betaflight-configurator/releases

Betaflight Configurator(ベータフライトコンフィグレーター)の最新バージョンは2019年7月現在「10.5.1」になっていますが、ドローンによっては古いバージョン「10.4.0」をインストールする必要があります。ドローンにインストールされているBetaflight(ベータフライト)が4.0.0以前の場合はBetaflight Configurator(ベータフライトコンフィグレーター)「10.4.0」をインストールしてください。ドローンにインストールされているBetaflightが「4.1.0」以降の場合はBetaflight Configurator(ベータフライトコンフィグレーター)「10.5.1」でも動作します。

ドローンにインストールされているBetaflight(ベータフライト)の確認方法は下の記事で解説しています↓↓

ドローンにインストールされているBetaflightのバージョンの確認方法 ドローンのフライトコントローラーにインストールされているBetaflight(ベータフライト)のバージョンの確認方法を紹介します。 ...

Betaflight Configurator(ベータフライトコンフィグレーター)のダウンロード〜インストール方法は下の記事で詳しく紹介しています↓

Betaflightをダウンロード〜インストール 日本語化の方法【Mac編】 今回はフライトコントローラーの設定に必須のBetaflight Configurator(ベータフライトコンフィグレーター)のダウン...

Betaflight Configuratorの起動


Betaflight Configuratorの起動するにはMacの場合、Betaflight Configurator.appをクリックして起動させます。


パソコンとドローンのフライトコントローラーをUSBで接続し、


右上の「connect」をクリックすれば、ドローンのフライトコントローラーに接続することができます。


うまく接続することができると、このような画面に切り替わります。

「Betaflight Configurator(ベータフライトコンフィグレーター)」とドローンがうまく接続できない場合は下の記事を参考にしてください↓↓

Betaflight ドローンのFCに接続できない時に確認するべき事 パソコンにインストールされている「Betaflight Configurator(ベータフライトコンフィグレーター)」を起動して、ド...

Betaflight設定項目


Betaflight設定項目は大きく分けて、以下の項目にわかれています。

  • セットアップ
  • ポート
  • 基本設定
  • 電源・バッテリー
  • PIDチューニング
  • 受信機
  • モード
  • モーター
  • OSD
  • ブラックボックス
  • CLIコマンドライン

セットアップ

ポート

基本設定


基本設定のタブではレシーバーの受信方法や、その他いろいろ(笑)な設定ができます。


Frskyのレシーバーを使用しているときはここを「SUBS」にします(FCに内蔵されているレシーバーの場合は違う設定です。たぶん)。
BNFで購入するドローンは変更しないですぐに飛ばせるように最適化されている場合がほとんどですが、たまにここの受信の設定が違うものになっていて動作しないことがあります。

レシーバーのLEDがバインド状態になっていても(Frskyの場合LEDが緑で点灯)、受信機タブが反応しない場合などはここの部分があっていないのかもしれません。


その他にもAIRモードを常時ONにしたりすることもできます。

FCの向きを変えることも可能


FCの向きがおかしい時(例:機体を右に傾けたはずなのに、上の画像が下に傾くなど)は基本設定の、


ここの部分をいじれば修正できます。
BNFのドローンを購入する場合はここが最適化されていますので、いじる必要はありませんが、間違って初期化してしまいバックアップをとっていない時など、、、はここをいじってみてください。

ドローンをいちから組み立てる時は、FCの向きを場合によっては変えたい時があります。
USB接続ポートを自分の好きな向きにしたい時など。
そんな時はここの設定でいじればOKです。

モーター

モーターの試運転

モータータブでは、モーターの試運転をすることができます。

CLIコマンドライン

CLIコマンドラインについて詳しくは下の記事で紹介しています。

【Betaflight設定 マニュアル】CLIコマンドライン 項目一覧 今回は「Betaflight(ベータフライト)」CLIコマンドラインの項目と、内容を紹介していきます 使ったコマンドから更新し...

PIDチューニング

PIDチューニングはロール、ピッチ、ヨーの3軸に対する調整をすることができます。
デフォルトの値はメーカ側で調整をおこなっていますので、意味がわからない方は触らない方がいいと思います。
自分はよくわかっていないのでいつもそのままです。

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です