ドローン機体

【新商品】4Kドローン「GEPRC CineKing 4K 95mm」の紹介!200g未満ブラシレスマイクロドローン

【新商品】4Kドローン「GEPRC CineKing 4K 95mm」の紹介!200g未満ブラシレスマイクロドローン
GEPRCから新しく4kブラシレスドローンが発売されることがわかりましたので紹介します。

現在banggoodでプレオーダーが始まっています。気になる方はチェックしてみてください↓↓

GEPRC CineKing 4K 95mm スペック

カメラ Caddx Tarsier 4K 1200TVL
重量
フレーム ホイールベース95mm
FC STABLE F411 3-4S 450-550mAhバッテリー推奨
ビス穴:16mm×16mm
VTX STABLE F411 VTX 5.8G 200mW
ビス穴:16mm×16mm
ESC STABLE F411 BLheli_S 4IN1 12A ESC
ビス穴:16mm×16mm
モーター GR1105 5000KV 3-4S 450-550mAhバッテリー
レシーバー Frsky XM + / Frsky R-XSR / Frsky R9mm / TBS Nano SE / DSMX / Futaba/FlySky
価格 24000円前後(2019年9月現在)banggood

スペックはこんな感じ。

FC、ESC、VTXはタワー型っぽい


FC、ESC、VTXはビス穴が16mm×16mmのピンコネクタで接続されている一体のタワー型っぽいですね。
DVRの基盤がいちばん上なのはわかるのですが、その下は不明。

たぶんVTXもピンで接続されているタイプなので、交換することはちょっと不可能っぽいです(たぶん)
まぁ気にしない人はどっちでもいいと思いますけど。

ピンで止まっているタワー型って、配線が出ていないからスッキリはするんですけど、改造するのには不向きですよね。
なんだか最近ピンタイプで基盤が接続されている機種が増えてきて残念。

カメラは4kで撮影できます


カメラは4kで撮影できる「Caddx Tarsier 4K 1200TVL」を搭載しています。
このカメラいいとは思うんですけどね〜
ただwifi接続で設定を変更するので、技適問題があるので、、、、

まぁそのうちruncamから発売される4kのカメラ搭載のBNFドローンがたくさんでると思いますので、技適を気にされる方はそのカメラの搭載したドローンの発売を待ちましょう。
ちなみに私はまだbanggoodでオーダー処理中になっていますが、「runcam hybrid 4k」をカメラ単体で注文しています。
いつ発送になるかはまだ未定ですが、到着したらレビューを予定しています。

RunCam Hybrid 4K カメラ 実機レビュー【自作ドローンにおすすめのカメラ】 ついにRunCamの方から新しく4kカメラが発売されましたね。 「Caddx Tarsier 4K」の対抗馬といったところでしょう...

モーターのkv値は5000


モーターの値は5000KV。
推奨バッテリーは3-4S 450-550mAhバッテリーとなっていて、パワーのあるフライトが楽しめそうです。


youtubeにレビュー動画が早くもあがっていたので、飛びっぷりはこちらの動画で確認してください!!

GEPRC CineKing 4K 95mm 外観


暴走族風のマフラーみたいなのがついていますね。
レシーバーのアンテナが入っているんだと思うけど。
iFlightに似ているwww

【新商品】4Kドローン「GEPRC CineKing 4K 95mm」の紹介!200g未満ブラシレスマイクロドローン

【新商品】4Kドローン「GEPRC CineKing 4K 95mm」の紹介!200g未満ブラシレスマイクロドローン
外観はこんな感じ。バッテリーは上のせですね。

形状は「iFlight CineBee」に似ている感じ。
FCとESCのネジ穴「16mm×16mm」もいっしょだし。
DVR基盤は20mmだと思うけど??商品ページの画像をなめるように見て見たけどよくわからん。

それとペラガードの色が蛍光グリーンでなんか微妙な色ですね。
個人的には普通に透明な色とかの方がカッコイイ気がしますが、、、

最後に

banggoodでプレオーダーがはじまっていますので、気になる方はチェックしてみてください。
価格はレシーバーを「Frsky R-XSR」選択で日本円で24000円くらいでした。
GEPRCの4kタイプの中では安い部類に入りますね〜

これからマイクロドローンを始める方へ

今回紹介しているようなマイクロドローンはFPV飛行に5.8Ghzの電波を使用しているのでアマチュア無線4級以上の免許と、無線局の開局が必要になります。

5.8ghz帯の電波をだすVTXを取り外してしまえば、免許は必要ありませんが目視飛行で飛ばすことになります。

FPVゴーグルに電波を飛ばして飛行するなら免許と開局は必須です。
詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

初心者におすすめしたいマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルのセットは下の記事で紹介しています↓↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事は初めてマイクロド...
ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です