ドローン機体

Makerfire Armor 85HD レビュー!ブザーの取り付けとVTXの交換

Makerfire Armor 85HD レビュー!ブザーの取り付けとVTXの交換
今回はマイクロドローン「Makerfire Armor 85HD」の実機レビューをしていきます。
「Caddx Turtle V2」カメラを搭載したFHDで撮影が可能なブラシレスマイクロドローンです。

マイクロドローンに必須な5.8Ghz FPVゴーグルは下の記事で紹介してます↓↓

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2019年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

Makerfire Armor 85HD スペック

Makerfire Armor 85HD レビュー!ブザーの取り付けとVTXの交換
カメラ Caddx Turtle V2 HD FPVカメラ
記録:1080P / 60fps、1080p / 30fps、720P / 60fps
マイクロSDカード:8〜64GBが使用可能
重量 96g(付属のバッテリーこみの重量)
フレーム ホイールベース85mm
フレーム材質:カーボンファイバー(2mm厚)
モーター 1103 10000kvブラシレスモーター
レシーバー Frsky、Flysky、Spektrum DSM2 / X、およびFutaba S-FHSS
価格 15000円前後(2019年9月現在)Makerfireオンラインショップが安いです

Makerfire Armor 85HD セット内容

  • Makerfire ARMOR 85 HD
  • 7.4V / 400mAh / 30C
  • USB充電器
  • 1735 4ブレードプロペラ
  • ドライバー
  • バッテリーストラップ
  • 5D-OSDメニューボード

Makerfire Armor 85HD レビュー!ブザーの取り付けとVTXの交換

Makerfire Armor 85HD レビュー!ブザーの取り付けとVTXの交換
どうやらこのマイクロドローンはなかなか手強いドローンのようでして、まずキャノピーを外すと一番上はESCになっているのですが、、、、

ESCはモーターとはんだつけしているので、モーターのネジをゆるめて外さないと、その下のFCの基盤にたどりつけないという、、、
ESCがコネクタ式だったらよかったんですけどね。


こんな感じで、モーター下のネジを全部はずしてあげればESCを取りはずことができます。

Makerfire Armor 85HD レビュー!ブザーの取り付けとVTXの交換
これでやっとFCのお目見えです。

>Makerfire Armor 85HD VTXの交換

Makerfire Armor 85HD レビュー!ブザーの取り付けとVTXの交換
ちなみにレシーバーとVTXの配線の位置は上の画像のようになっています。

FCの説明書はこんな感じ。

ちなみに自分はVTXを「Eachine VTX03」に変更しました。スマートオーディオの配線も出ているので対応している「Eachine VTX03S」の方がよかったのですが開局ストック切れで、、、、

ちなみに「Eachine VTX03S」は価格が安くて系統図は戸澤さんのところで入手できますので、マイクロドローンにおすすめのVTXですよ。何個か購入してストックし開局しておくと便利です。

それとレシーバーは「Fhsky XM+」に変更しました。

Makerfire Armor 85HD ブザーの取り付け


ブザーのプラスとマイナスの配線をつけた画像。
ピッチがそこそこ広いのでそこまで難しくはないです。

Makerfire Armor 85HD 画質はyoutubeで確認してね


空撮の画質はこちらで確認してください。
簡単にテストフライトだけしてきました。
わかっていたことですが、プロペラガードのダクトが入り込んでしまいますね。
まぁ動画編集でかんたんに消せますけど。

それと「Caddx Turtle V2 HD」はカメラに個体差があるのか、画面のはじのほうにモヤモヤがでてしまうものがありますね。
今回の「Caddx Turtle V2 HD」は少しもやがでるようです。
まぁそこまで気にはなりませんけど。

Makerfire Armor 85HD 外観


外観はこんな感じです。

最後に

Makerfire Armor 85HD レビュー!ブザーの取り付けとVTXの交換
破損した時のメンテナンスは大変ですが、またそれもこのドローンのあじということで!!
ESCとモーターの接続をコネクタ式に改造してしまえば楽かもしれませんね(めんどうだけどできないことはない)。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローン「FullSpeed TinyLeader 75mm HD」で空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 ついにDJIからジンバル付きの200g未満...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です