FPVゴーグル

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】
今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介します。

この記事ではマイクロドローンを始めるにあたり、最初に購入する時に初心者におすすめしたセットを紹介しています。

この記事で紹介しているドローンや、送信機、FPVゴーグルは海外通販サイトで購入するのが一番安いです。購入方法がわからない方は下の記事を参考にしてください↓↓

banggood(バングッド)商品の買い方やクーポンの使い方 今回はbanggoodでの商品の購入方法や、クーポンの使い方を紹介します。 日本語訳にできるので、そこまで難しくなく誰でも購入でき...

banggoodの商品が安く購入できる、クーポンは下の記事でまとめています↓↓

banggood(バングッド)ドローン送信機 FPVゴーグル クーポン 一覧 banggood(バングッド)のプローモーション担当者様からいただいているクーポンコードのページです。 購入するときに使用してくだ...

DJIから日本仕様2.4GhzのFPVドローン「DJI FPVコンボ」の販売が始まりました。詳しくは下の記事で紹介しています↓

日本仕様 2.4Ghz FPVドローン DJI FPVコンボ 販売開始 ついにDJIからFPVドローンの販売が開始されました。 専用の送信機とFPVゴーグルがセットになっていている商品です。 ...

マイクロドローンとは?

この記事で紹介する「マイクロドローン」とはFPVゴーグルを装着して飛ばす200g未満のドローンのことを言っています。
人によっては「中華フープ」「tiny-whoop(タイニーフープ)」「Toothpick」なんて言ったります。

遊び方も様々で、室内や屋外でドローンのレースをしたり、今は4K動画の撮影できる機種も出ているので普通に空撮機として綺麗な映像を撮影してYoutubeにアップしたりする人もいます。

自分は普通に飛ばして鳥にでもなった気分になって楽しんでいます。

4kで撮影できるカメラでおすすめなのは「RunCam Hybrid 4K」です。カメラの設定もQRコードを使用して変更するので、技適は必要ありません(←カメラに関して言っています)。かなりおすすめのカメラで実際にドローンに搭載してみました。下の記事で紹介しています↓↓

RunCam Hybrid 4K カメラ 実機レビュー【自作ドローンにおすすめのカメラ】 ついにRunCamの方から新しく4kカメラが発売されましたね。 「Caddx Tarsier 4K」の対抗馬といったところでしょう...

マイクロドローンを飛ばすには免許と開局の手続きが必要になります

マイクロドローンを飛ばす時には基本的にFPVゴーグルを装着します。ドローンから5.8Ghz帯の電波を使用して映像をFPVゴーグルに飛ばし、その映像を見ながら操縦します。飛ばすドローンは5.8Ghzの電波を使用していますので、アマチュア無線免許の取得と、無線局の開局手続きが必要になります。

免許や開局について詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、僕はこの動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興...

免許や開局はそこまで難しくはありませんがお金と時間が少しかかります。
今から始めようとしたら最短でも3ヶ月くらいはかかるでしょう。

でも始めてみるとめっちゃ楽しいのでおすすめです!

僕は下の動画をみて「自分もやってみたい!!」と思い、始めました。


(「オンナノコズ:”Onnanocos” × Micro Drone)

初心者におすすめのマイクロドローンレース機、送信機、FPVゴーグルの紹介

それではここからは初心者におすすめしたいマイクロドローンレース機、送信機、FPVゴーグルの紹介をしていきます。

おすすめのマイクロドローンレース機

まずはおすすめのマイクロドローンレース機を紹介していきます。
とにかく初心者におすすめしたい機種ですので、操縦しやすい機種を選んでいます。

Eachine UZ65 65mm 1Sフープ

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
操縦もしやすくスピード感のあるフライトが楽しめるマイクロドローンです。
VTXの出力は200mWあるので「Happymodel Mobula6」なんかより飛ばせる範囲が広く、連続飛行時間も少し長いです。
購入して思ったのがフレームが少し大きめでプロペラが若干大きいので他の65mmサイズのマイクロドローンと互換性が低いところがいまいちだと思いました。まぁそれがこのマイクロドローンの特徴であるのかもしれませんけどね。

詳しくは下の記事でレビューしています↓
>>Eachine UZ65 65mm マイクロドローン レビュー!

開局に必要な系統図は「戸澤さんのところにあります」

Happymodel Mobula6

マイクロドローン Happymodel Mobula6 レビュー
1s仕様のマイクロドローンです。
飛ばしている感覚はUR65系と同じような感じですが、それより若干パワーがあって軽快に飛ぶ感じです。
系統図も戸澤さんのところで入手できますし、ベータフライトのバージョンを上げればFutabaの送信機ともバインド可能です。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

マイクロドローン Happymodel Mobula6 レビュー 発売からかなり経過しているので、今更レビューって感じもしますが、世間の評判が良すぎるので思わずポチってしまいました。 今回はマイク...

Happymodel Mobula6 HD

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー
Mobula6のFHDバージョンです(同じく1s仕様)。
マイクロSDの差し込み口があり、FHDで撮影できます。
Happymodel Mobula6の普通のバージョンよりDVR基盤があるため重量が若干おもたいので、少しスロットルは重く感じましたがそこそこ軽快に飛びます。
そこそこ満足できる綺麗な画質で空撮できますので、旅行先で持って行って飛ばしてもいいと思います。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

軽量27gドローン Happymodel Mobula6 HD レビュー 1sバッテリーでHD画質で空撮できる「Happymodel Mobula6 HD」。 飛ばせる準備が整いましたので、実機レビューを...

Happymodel Moblite6


またまたHappymodelから発売されている機種になってしまいますが、こちらも1sドローンながら軽快に飛んで面白いです。
ただ初心者のうちは墜落しまくると思うのでFCが剥き出しなぶん「Mobula6」より耐久性が落ちそうなところが心配なポイントです(自分はまだ壊したことはありませんが)

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓
LINKHappymodel Moblite6 1S 65mm レビュー


上で紹介した3機種「UZ65」「Mobula6」「Moblite6」を比較している動画です。
購入する時の参考にしてください。最後のフリーフライトは下手すぎて参考にならないかも。

  • UZ65はフレームをメテオ65でペラがMobula6のものに変更しています
  • 機体Mobula6は途中でリスタートしたのでフライト時間はリスタートした合計タイムで計測しています
  • ファームウェアはどれも4.1以上で、PIDはスライダーONでデフォルトの値。基本的にファームウェアを上げたくらいで、その他設定はデフォルトの値です

Makerfire Armor 65 Lite

Makerfire Armor 65 Lite ドローン 実機レビュー【技適取得済み】
送信機、FPVゴーグル、機体合わせて1万円ちょっとで購入できます。
FPVゴーグルをつけて飛ばすドローンとはどんな感じのものか体験するにはいいかもしれません。

アクロモードもありますがフリップなどをすると、かなりバランスを崩したりするので、クルクル回転なしの練習用として、と考えて購入した方がいいです。
セットの送信機はおもちゃみたいなやつなので、操縦はしやすいとは言えませんが、それなりに楽しめると思います。

通信方式がバイヤングありのマルチプロトコルの送信機ならバインドできます。

VTX系統図も戸澤さんのところにあるようです(一応、購入する前に確認した方がいいかもしれません)

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓
LINKMakerfire Armor 65 Lite ドローン 実機レビュー【技適取得済み】

Happymodel Larva X HD 125mm


こちらのドローンも「Eachine TRASHCAN 75mm」と同じVTXを使用していますので、系統図を戸澤さんのところ入手可能です。
3s仕様でかなりスピード感のあるフライトができます。
バッテリーが最初から2個ついているのもいいですね。
FHDで空撮できて、人気のある機種です。

ただ初心者におすすめの記事で紹介していましたが、上で紹介した1sのドローンを飛ばして操縦になれてから購入した方がいいですね。
そこそこスピードが出て人にぶつかったら怪我してしまうので、、、

ちなみにFHDで空撮できるマイクロドローンは他にもたくさんあります↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重量で...

この記事で紹介しているドローン以外の機種でも開局済みのVTXと交換すれば、法律に問題なく飛ばすことができます。詳しくは下の記事で↓↓

【合法で海外通販のドローンを飛ばす方法】開局済みのVTXを交換してみた 今回は海外で購入したドローンの合法的に飛ばすため、.8GhzのVTXの交換をしてみましたので紹介します。 ちなみにVTXを交換...

基本的に開局する時にはドローンの機体(電波のでるVTX)を購入して揃えてから開局の手続きをする必要があります。購入予定の機体(電波のでるVTX)で開局手続きをしてから、実際に機体(電波のでるVTX)を購入するという逆の手順はNGとなっています。ですので今後いろいろなマイクロドローンを飛ばしたい人は、余分にVTXをたくさん購入してまとめて開局の手続きをしておいた方がいいです(別にいろいろなドローンを飛ばす予定のない人は必要ありません)。TSSなら開局するVTXの台数が増えても手数料は変わりません。あとから開局するVTXの台数を増やしたりするには変更の手続きが必要になり手数料がかかります。おすすめのVTXは単体ならEachine VTX03S、カメラ付きならEachine TX06がおすすめです。おすすめの理由は両方とも系統図が戸澤さんのところで入手できるところと、価格が安いところです。

ちなみに4K動画で撮影できるマイクロドローンもあります。詳しくは下の記事で紹介しています↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 この記事では送信機付きの免許なしで飛ばせる...

おすすめの送信機(プロポ)

Jumper T8SG V2.0 Plus


おすすめ理由は以下のとおり。

  • 価格が安くもちろん技適マーク付き(banggood購入品)
  • 設定方法が海外のメーカーの送信機の中ではかんたんな部類に入る
  • いろいろなドローンを飛ばすことができるマルチプロトコル送信機

初めての送信機として価格も安く最適です。
設定方法はYoutubeで検索すればすぐに出てきますので、初心者の方でもわりと使いやすい送信機だと思います。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

Jumper T8SG V2.0 Plus レビュー【ドローンのおすすめ送信機】 今回はタイニーフープ系のマイクロドローンを飛ばす人に、おすすめしたい送信機「Jumper T8SG V2.0 Plus」を紹介します...

いまいちポイントはマルチプロトコルの送信機全般に言えることかもしれませんが、少し距離を出すとレシーバーによってはバインド切れが多い気がします(バインド切れしないという人もいるので個体差があるかも)。

Jumper T-Lite

【技適あり】Jumper T-Lite 送信機レビュー!設定方法も紹介
ゲーム機のコントローラーと同じくらいのサイズなので、ゲーム感覚でドローンを飛ばすことができます。
OPENTXを使用した送信機で、ちょこっと設定が難しい部分もあるかもしれませんが、設定方法を解説したYoutube動画がアップされているので、じっくり試聴すればなんとかなると思います。私もアップしています。

レビューと設定方法は下記事で紹介しています↓
>>【技適あり】Jumper T-Lite 送信機レビュー!設定方法も紹介

フタバ FUTABA T10J

【マイクロドローン送信機】おすすめのプロポ比較5選!Tiny Whoop(タイニーフープ)
日本のフタバのエントリーモデルの送信機です。
価格は26000円でそこそこしますが、日本語の説明書がついているので、よく読んで理解できれば初心者でも設定ができます。
フタバの通信方式のレシーバーが4000円近くするので、お財布には優しくありませんが、バインド切れも少ないですしおすすめの送信機です。

おすすめのFPVゴーグル

FPVゴーグルは価格が4000円くらいから6万円近くするものまでたくさん種類があります。
はじめに結論を言ってしまうとFPVゴーグルは価格によってほぼ比例して、映像の鮮明さや見易さがアップしていきます。
FPVゴーグルはFPV飛行をするのにかなり重要なアイテムになるので、お金に余裕があるなら最初から良いものを買った方がいいと個人的には思っています。

ただ高額なものを揃えても、飛ばす機会がなく「タンスのこやし」にしてしまう人もいます。

  1. 最初は1万円以下のゴーグルを購入→おもしろくてFPVドローンにはまってしまったならFPVゴーグルの最高峰のHDO2またはSKY04Oを買う
  2. はじめからFPVゴーグルの最高峰のHDO2またはSKY04Oを買う

個人的には上の2択ですすめていくといいと思っています。
中途半端な3万円クラスのゴーグルを購入するのは、あまりおすすめはしません(2021年4月現在発売されているFPVゴーグルの現状を見ての個人的な意見)

それと5.8GhzのFPVゴーグルを選ぶ時に最低限考えておきたいポイントは、以下のとおりです。

  • 録画機能があるのか?
  • IPD(瞳孔間距離)の距離(単眼レンズの場合考える必要はなし)
  • 価格

HDMIインポートや、AVアウトポートなど細かくあげればきりがないので、上の3点は考えて購入するといいと思います。
自分はHDMIインポートや、AVアウトポートなどは一切つかいません。

録画機能があるのか?

5.8GhzFPVゴーグルにはドローンから飛んで来た映像を録画できる機種と、録画ができない機種があります。
録画ができない単眼レンズの機種であれば4000円くらいで購入できますが、1万円くらいでも録画ができる機種もたくさんあるので、個人的には録画のできる機種をおすすめします。

IPD(瞳孔間距離)の距離

単眼レンズのFPVゴーグルは調整の必要がないので気にする必要はありませんが、2眼タイプのレンズの場合はIPD(瞳孔間距離)の距離を気ににする必要があります。IPD(瞳孔間距離)の距離とは、右目と左目の黒目の中心の距離を言います。
FPVゴーグルにはその距離を調整できる、レバーがついていて画面を見ながら自分の目に合う位置に調整することができます。

FPVゴーグルによって調整幅の多少の違いがあり、この距離の調整がうまくいかないと、画面が2重に見えてしまったりします。
自分は顔がでかいので、FPVゴーグルの調整幅を最大まで広げてちょうどよくなったりします。

ですので極端に目が離れている人や、顔の大きい人が2眼タイプのFPVゴーグルを購入する場合注意が必要です。
まぁ基本的には調整幅が広く「58mm〜69mm」くらいに調整できるものが多いので、まったくどの位置でも合わないという人は少ないと思います。

価格

お金に余裕があるなら高いFPVゴーグルを買えばいいと思いますが、お金に余裕のない人は6万円クラスのお金を出すのは勇気がいるところ。
基本的には金額に比例して高いFPVゴーグルの方が綺麗に見えて満足度も高くなります。

上にも書きましたがお金に余裕があるならFPVゴーグルの最高峰のHDO2またはSKY04Oを買ってしまった方がいいと自分は思っています。
3万円クラスのFPVゴーグルは確かに安いものと比べれば性能はいいのですが、中途半端なので結局高いものが欲しくなったりします。

ただ高額なものを買ってもタンスの肥やしになってしまう場合もありますので、お金に余裕がない方は、はじめは安いものを、そしてFPVドローンのたのしうさにはまってしまったら、高額なものを購入する流れがいいと思います。

お得な割引クーポンが出ている、5.8Ghz FPVゴーグル 一覧はこちらです。気になるFPVゴーグルがありましたら、クーポンコードをコピーしてお使いください↓↓

メーカー名/型番 クーポンコード 価格 台数 期限

ImmersionRC
RapidFIRE

BGJP58900

$159.99 10 2021年6月30日

Eachine VR004

IPD瞳孔距離の調整 単眼タイプ
内臓録画機能 あり
解像度 800×480
4.3インチモニター
重量 350g
マイクロSD 32GBまで対応
サイズ 155 × 152 × 96
価格 6500円前後(2021年1月18日現在の価格)

まずおすすめの候補としてあげるのは「Eachine VR004」です。
録画機能がついていて、単眼レンズですのでIPDの距離は気にする必要がありません。


そしておすすめのポイントはこのように分割させることができるところです。
なぜ分割させることができるのがおすすめのポイントになるかというと、マイクロドローンをはじめると、VTXを交換したりカメラを変えたり、改造や修理をする機会が増えてきます。今後新しく高いFPVゴーグルに変えた時でも、修理や改造する時用に重宝します。

自分は整備するときにこのゴーグルのモニターを単体で使用しています。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

単眼FPVゴーグル Eachine VR004 レビュー 今回は単眼タイプのFPVゴーグル「Eachine VR004」をレビューしていきます。 おすすめのFPVゴーグル...

Eachine EV100

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV100』レビュー
ゴーグルのタイプ 二眼式タイプ
瞳孔距離の調整 58〜64mm
内臓録画機能 なし
解像度 720 × 540
周波数範囲 5333Mhz-5945Mhz
バッテリー 7.4V 1000mAh(連続使用時間2時間)
サイズ 165mm × 76mm × 30mm
価格 11000円前後(banggood)
その他の機能 FOV:斜め28°
アンテナ インピーダンス:50Ω
アンテナ ゲイン:3dBi
アンテナ コネクタ:RP-SMA
ビデオ フォーメイト:NTSC / PAL
AV IN / OUTをサポート
焦点距離/明るさ/コントラスト調整をサポート
ファームウェア アップグレードをサポート
電源入力:7.4V
低電圧:6.8V
作業温度 :-10℃-+40℃
AV入力と出力をサポート
外部HDMI to AVモジュールをサポート
外部DVRモジュールをサポート

価格が1万円くらいで2眼タイプのFPVゴーグルが欲しいなら「Eachine EV100」。たぶんこの価格帯だとこれくらいしかないです。
映像はぶっちゃけ見えずらいです。画面が小さく映像も綺麗ではありません。

IPDの調整幅は58〜64mmで自分は64mmでギリギリでした。顔でか、目が離れている人は注意が必要です。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV100』レビュー!使い方も解説 今回は5.8GhzのFPVゴーグル「Eachine EV100」を紹介します。 おすすめの「5.8Ghz FPVゴーグ...

Eachine EV300

瞳孔距離の調整 56-72mm
FOV 42°
内臓録画機能 あり
焦点距離の調整 あり
解像度 1280 × 960
前作EV200Dは1280×720
重量 340g
価格 32000円前後(2020年10月18日時点)
その他 HDMI IN
AV IN / AV out

上にも書きましたとおり、中間価格帯であまりおすすめできません。なのであえて選ぶとするなら「Eachine EV300」がコスパはいいFPVゴーグルだと自分は思います。ただ売れ筋商品ではありません。
コスパがいいと思ったポイントは画面比率は4:3 16:9 どちらも設定可能なところと、
焦点距離の調整もできるので、目の悪いひとでもピントを合わせることが可能です。
表示される画面もそこそこ大きくて、わりと見やすい印象です。

個人的にいまいちなポイントをあげるとすれば、重量が重たいことと、デザインでしょうか。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」実機レビュー 今回はEachine(イーシン)から新しく発売された5.8Ghz FPVゴーグル「Eachine EV300D」の実機レビューをして...

FatShark Dominator HDO2

5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Dominator HDO2」レビュー
IPD瞳孔距離の調整 54〜74mm(前作は59〜69mm)
焦点距離の調整が可能:+2 〜 -6
内臓録画機能 あり
解像度 1280 X 960(前作は1024 X 768)
画面比率:4:3
OLEDディスプレイ
FOV 46°(前作は37°)
重量 206g(前作は186g)
サイズ 169.2 x 80 x 45.5 mm(スペック表ではサイズは前作と一緒)
バッテリー 18650セルバッテリー(別売り)
※バッテリーを入れるケースは付属品としてついてきます
価格 (banggood)2021年1月18日時点 52800円

価格は高いんですけど、ガチでドローンレースをしている人も使っている人がおおい、最強のFPVゴーグルです。自分もいろいろなFPVゴーグルをレビューしてきましたが、いちばん画面がきれいでみやすいと感じました。

イマイチポイントはDVR録画があまり綺麗ではないところです。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓
LINK5.8Ghz FPVゴーグル「FatShark Dominator HDO2」レビュー

まとめ

今回はマイクロドローンを始めるにあたりおすすめのセットを紹介させていただきました。
この記事が参考になれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です