FPVゴーグル

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】
今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。

今回の記事は初めてマイクロドローンを始めるにあたり、最初に購入する時のおすすめのセットを紹介しています。

今回紹介しているドローンや、送信機、FPVゴーグルは海外通販サイトbanggoodがいちばん安く購入できます。購入方法がわからない方は下の記事を参考にしてください↓↓

banggood(バングッド)商品の買い方やクーポンの使い方 今回はbanggoodでの商品の購入方法や、クーポンの使い方を紹介します。 日本語訳にできるので、そこまで難しくなく誰でも購入でき...

マイクロドローンとは?

この記事で紹介する「マイクロドローン」とはFPVゴーグルを装着して飛ばす200g未満のドローンのことを言っています。
人によっては「中華フープ」「tiny-whoop(タイニーフープ)」「Toothpick」なんて言ったります。

遊び方も様々で、室内や屋外でドローンのレースをしたり、今は4K動画の撮影できる機種も出ているので普通に空撮機として綺麗な映像を撮影してyoutubeにアップしたりする人もいます。

自分は普通にひとりで飛ばして鳥にでもなった気分になって楽しんでいます。

本当は綺麗な映像をたくさんアップしたいのですが、近くによい風景の場所があまりないのと、許可を取ったりするのが面倒なのでやっていません。それと友達もいないのでドローンレースもやっていません(笑)

でも普通にひとりで飛ばしていても楽しいですよ。鳥にでもなった気分になります。

マイクロドローンを飛ばすには免許と開局の手続きが必要になります

マイクロドローンを飛ばす時には基本FPVゴーグルを装着します。ドローンからは5.8Ghz帯の電波を使用して映像をFPVゴーグルに飛ばしてその映像を見ながら操縦します。飛ばすドローンは5.8Ghzの電波を使用していますので、アマチュア無線免許の取得と、無線局の開局手続きが必要になります。

免許や開局について詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

免許や開局はそこまで難しくはないのですがお金と時間が少しかかります。
今から始めようとしたら最短でも3ヶ月くらいはかかるでしょう。

でもはじめてみるとめっちゃ楽しいのでおすすめですよ!

自分は以下のふたつの動画をみて「自分もやってみたい!!」と思いはじめました。


(「オンナノコズ:”Onnanocos” × Micro Drone)

初心者におすすめのマイクロドローンレース機、送信機、FPVゴーグルの紹介

それではここからは初心者におすすめしたいマイクロドローンレース機、送信機、FPVゴーグルの紹介をしていきます。

おすすめのマイクロドローンレース機

まずはおすすめのマイクロドローンレース機を紹介していきます。
とにかく初心者におすすめしたい機種ですので、操縦しやすい機種を選んでいます。

URUAV UR65 65mm


操縦もしやすく狭い部屋でもコントロールしやすいです。
自分は狭い室内で飛ばす場合はアングルモードで。

広い場所で飛ばす場合はアクロモードで飛ばしています。
360°宙返りさせるフリップなども初心者でもわりと簡単にできます(少しの練習は必要です)。

開局に必要な系統図は「戸澤さんのところにあります」
戸澤さんのホームページは「戸澤 ドローン 系統図」で検索すれば見つかります(1080円)。

ネットで「UR65 系統図」と検索すれば見つかるかもしれません。

URUAV UR65 マイクロドローン レビュー!設定方法も解説
付属品もバッテリーや充電器などもついていてかなりお得です。
バッテリーを充電するアダプタか、バッテリーを充電するバッテリーが必要になります

Eachine US65 UK65


こちらも基本的には「UR65」と一緒の機種です。
デザインが嫌でなければこちらの方が安いし、モーターがたぶん良いものがついているのでお得です。
開局に必要な系統図は「戸澤さんのところにあります」

自分はUS65の方を持っています。
「UR65」より飛ばしやすく感じます。

FullSpeed TinyLeader V2


FHDで撮影できるマイクロドローンです。マイクロSDを入れるスロットルがドローン本体にあってそこに保存することができます。
FHDで撮影できるマイクロドローンはいろいろありますが、おすすめ理由は開局に必要な系統図が戸澤さんのところにあるところですかね。自分が頼んで作ってもらいました(念のため購入する前にメールで系統図があるか確認した方がいいとは思います)。
VTXを交換しないで純正のVTXで開局することが可能です。

2sのバッテリーで飛ばすドローンですので、まずはアングルモードで飛ばすことを前提として購入するといいと思います。
アクロモードでも少し練習すれば飛行できるようになる機種です。

ちなみにFHDで空撮できるマイクロドローンは他にもたくさんあります↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ただ純正のVTXで開局に必要な系統図の入手先がを知っているのはこの機種だけだったので、こちらの「FullSpeed TinyLeader V2」をおすすめしておきました。VTXが入手できるなら他のFHD機の方がおすすめ。

もちろん他の「FullSpeed TinyLeader V2」いがいの機種でも開局済みのVTXと交換すれば、法律に問題なく飛ばすことができます。詳しくは下の記事で↓↓

【合法で海外通販のドローンを飛ばす方法】開局済みのVTXを交換してみた 今回は初めて5.8GhzのVTXの交換をしてみましたので紹介します。 ちなみにVTXを交換した商品はFHDで撮影できる「Gof...

基本的に開局する時にはドローンの機体(電波のでるVTX)を購入して揃えてから開局の手続きをする必要があります。購入予定の機体(電波のでるVTX)で開局手続きをしてから、実際に機体(電波のでるVTX)を購入するという逆の手順はNGとなっています。ですので今後いろいろなマイクロドローンを飛ばしたい人は、余分にVTXをたくさん購入してまとめて開局の手続きをしておいた方がいいです(別にいろいろなドローンを飛ばす予定のない人は必要ありません)。TSSなら開局するVTXの台数が増えても手数料は変わりません。あとから開局するVTXの台数を増やしたりするには変更の手続きが必要になり手数料がかかります。おすすめのVTXは単体ならEachine VTX03、カメラ付きならEachine TX06がおすすめです。おすすめの理由は両方とも系統図が戸澤さんのところで入手できるところと、価格が安いところです。

ちなみに4K動画で撮影できるマイクロドローンもあります。詳しくは下の記事で紹介しています↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン8選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 200g未満4Kドローン ...

おすすめの送信機(プロポ)


もうこれは一択で「Jumper T8SG V2.0 Plus」がおすすめです。
おすすめ理由は以下のとおり。

  • 価格が安くもちろん技適マーク付き(banggood購入品)
  • ちょうど良い大きさで操作性も良い
  • いろいろなドローンを飛ばすことができるマルチプロトコル送信機

初めての送信機として最適だと思います。

こちらの商品の割引クーポンコードを発行してもらいました!かなりおすすめできる送信機ですので持っていない方ぜひこの機会にどうぞ!!限定20台となっております。

【マイクロドローン送信機】おすすめのプロポ比較5選!Tiny Whoop(タイニーフープ)
クーポンコード:BGJPT8SGV2
数量:20台限定
適用後価格:$89.99

色違いのカーボン色も技適マーク付きであります。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

Jumper T8SG V2.0 Plus レビュー【ドローンのおすすめ送信機】 今回はタイニーフープ系のマイクロドローンを飛ばす人に、おすすめしたい送信機「Jumper T8SG V2.0 Plus」を紹介します...

おすすめのFPVゴーグル

FPVゴーグルは価格が4000円くらいから6万円近くするものまでたくさん種類があります。
5.8GhzのFPVゴーグルを選ぶ時に最低限考えておきたいポイントは、以下のとおりです。

  • 録画機能があるのか?
  • IPD(瞳孔間距離)の距離(単眼レンズの場合考える必要はなし)
  • 価格

HDMIインポートや、AVアウトポートなど細かくあげればきりがないので、上の3点は考えて購入しましょう。

録画機能があるのか?

5.8GhzFPVゴーグルにはドローンから飛んで来た映像を録画できる機種と、録画ができない機種があります。
録画ができない単眼レンズの機種であれば4000円くらいで購入できますが、1万円くらいでも録画ができる機種もたくさんあるので、個人的には録画のできる機種をおすすめします。

IPD(瞳孔間距離)の距離

単眼レンズのFPVゴーグルは調整の必要がないので気にする必要はありませんが、2眼タイプのレンズの場合はIPD(瞳孔間距離)の距離を気ににする必要があります。IPD(瞳孔間距離)の距離とは、右目と左目の黒目の中心の距離を言います。
FPVゴーグルにはその距離を調整できる、レバーがついていて画面を見ながら自分の目に合う位置に調整することができます。

FPVゴーグルによって調整幅の多少の違いがあり、この距離の調整がうまくいかないと、画面が2重に見えてしまったりします。
自分は顔がでかいので、FPVゴーグルの調整幅を最大まで広げてちょうどよくなったりします。

ですので極端に目が離れている人や、顔の大きい人が2眼タイプのFPVゴーグルを購入する場合注意が必要です。
まぁ基本的には調整幅が広く「58mm〜69mm」くらいに調整できるものが多いので、まったくどの位置でも合わないという人は少ないと思います。

価格

お金に余裕があるなら高いFPVゴーグルを買えばいいと思いますが、お金に余裕のない人は価格がかなり気になるところです。
FPVゴーグルは安いものなら4000円くらいで購入できます。

初めから6万円クラスのものを購入する必要はないと思いますが、お金に余裕があるなら3万円クラスのものを購入することをおすすめします。3万円クラスのFPVゴーグルとなると、安いものとくらべると見やすさがぜんぜん違います。

Eachine EV800D

IPD瞳孔距離の調整 単眼タイプ
内臓録画機能 あり 720×562
解像度 800×480
画面サイズ:5.0インチ
周波数範囲 5658~5917 40CH
バッテリー 内蔵7.4V /の1200mAhバッテリー
価格 10,000円前後(banggood)
その他の機能 寸法:180 × 145 × 82mm
重量:362g

まずおすすめの候補としてあげるのは「Eachine EV800D」です。
録画機能がついていて、単眼レンズですのでIPDの距離は気にする必要がありません。


そしておすすめのポイントはこのように分割させることができるところです。
なぜ分割させることができるのがおすすめのポイントになるかというと、マイクロドローンをはじめると、VTXを交換したりカメラを変えたり、改造や修理をする機会が増えてきます。今後新しく高いFPVゴーグルに変えた時でも、修理や改造する時用に重宝します。


自分はVTXを開局済みのものに交換するときなどに今でもこのゴーグルを使用しています。

Eachine EV100

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV100』レビュー
ゴーグルのタイプ 二眼式タイプ
瞳孔距離の調整 58〜64mm
内臓録画機能 なし
解像度 720 × 540
周波数範囲 5333Mhz-5945Mhz
バッテリー 7.4V 1000mAh(連続使用時間2時間)
サイズ 165mm × 76mm × 30mm
価格 11000円前後(banggood)
その他の機能 FOV:斜め28°
アンテナ インピーダンス:50Ω
アンテナ ゲイン:3dBi
アンテナ コネクタ:RP-SMA
ビデオ フォーメイト:NTSC / PAL
AV IN / OUTをサポート
焦点距離/明るさ/コントラスト調整をサポート
ファームウェア アップグレードをサポート
電源入力:7.4V
低電圧:6.8V
作業温度 :-10℃-+40℃
AV入力と出力をサポート
外部HDMI to AVモジュールをサポート
外部DVRモジュールをサポート

次におすすめするのが「Eachine EV100」です。別売りのミニDVRをセットで購入すれば録画もすることができますし、2眼タイプのFPVゴーグルで録画ができるものとなるとかなり安めの13000円くらいで購入できます。

IPDの調整幅は58〜64mmで自分は64mmでギリギリでした。顔でか、目が離れている人は注意が必要です。
価格を抑えたいならおすすめできるFPVゴーグルだと思いますが、見やすさ的には「Eachine EV800D」の良いと感じました。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル『Eachine EV100』レビュー!使い方も解説 今回は5.8GhzのFPVゴーグル「Eachine EV100」を紹介します。 おすすめの「5.8Ghz FPVゴーグル」は下...

Skyzone SKY02X

5.8Ghz FPVゴーグル「Skyzone SKY02X」実機レビュー!使い方も解説
IPD瞳孔距離の調整 59〜69mm
内臓録画機能 あり
解像度 854 × 480 px
対比:427:240
周波数範囲 5362Mhz-5945Mhz 48CH
バッテリー
価格 41000円前後(banggood)2019年5月26日現在
その他の機能

最後にいちばんおすすめしたいFPVゴーグルが2019年の5月に発売された「Skyzone SKY02X」です。
録画機能はもちろんついていますし、HDMI INポート、AVアウトプットもついています。
そして何より画面がほどよく大きく見えて見やすいです。
操縦がかなりしやすいですし、録画される画像も綺麗です。

ただ価格は3万円ちょっとしますので、最初に買うFPVゴーグルとしてどうなのかな?とも思いますが、結局何個も買うなら最初からいいものを買った方がいいという考え方もあると思います。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

5.8Ghz FPVゴーグル「Skyzone SKY02X」実機レビュー!使い方も解説 Skyzoneから新しく5.8Ghz FPVゴーグルが発売されました。 型番は「Skyzone SKY02X」。今回はこちらの5....

まとめ

今回はマイクロドローンをはじめるにあたりおすすめのセットを紹介させていただきました。
この記事が何かの参考になれば幸いです。

ちなみに以下のようなセットもアマゾンで1万円くらいで売ってはいますが、技適の取得はされていません。
法律違反になるのでおすすめはしませんが、安くすませるならこれもありかなぁ〜とは思います。
日本国外で飛ばすなら大丈夫です(笑)

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

ドローンを安く買うならbanggoodがおすすめ!!バナーをクリック


バナーをクリックすればbanggoodのセール会場に移動します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です