ドローン機体

Eachine UZ65 65mm マイクロドローン レビュー!

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
今回は65mmのマイクロドローンで重量が21gと軽い「Eachine UZ65 65mm」をレビューしていきます。

Eachineのクーポンコード一覧です。クーポンコードをクリックするとクーポンコードがコピーされて、商品ページに移動します。そのまま貼り付けて使用できます。

ドローン本体(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

Eachine
UZ65 65mm

BG991619

$89.99 10 2021年7月31日

Eachine
US65 DE65 PRO

BGf0794c

40%OFF 20 2021年7月31日

21g Eachine AE65

BG731e05

35% OFF 20 2021年7月31日

その他の、banggoodのクーポンは下の記事で紹介しています↓

banggood(バングッド)ドローン送信機 FPVゴーグル クーポン 一覧 banggood(バングッド)のプローモーション担当者様からいただいているクーポンコードのページです。 購入するときに使用してくだ...

Eachine UZ65 65mm ドローン スペック

カメラ モデル:RunCam Nano 3
イメージセンサ:1/3 “CMOS
水平解像度:800TVL
レンズ:2.1mm(M8)FOV 160°
デイ/ナイト:カラー
重量:1.2g
寸法:L14mm × W14mm × H9mm
重量 21.5g
フレーム ホイールベース:65mm
80mm * 80mm * 40mm
FC、ESC CrazybeeF4FR
CrazybeeF4DX
MCU:STM32F411CEU6(100MHz、512Kフラッシュ)
センサ:MPU-6000(SPI接続)
ボードサイズ:28.5 × 28.5MM
電源:1-2Sバッテリー入力(DC 2.9V-8.7V)
内蔵5A(各)Blheli_S 4in1 ESC Dshot600準備完了
内蔵のBetaflight OSD(SPIコントロール)
内蔵SPI Frsky / Flyskyレシーバー
ビルトイン5V 1A BEC
内蔵電圧検出
VTX 出力電力:25mw〜100mw
周波数:40CH
入力電圧:3.3V〜5.5V
消費電流:300mA(タイプ)
周波数:5.8GHz、5b、40チャンネル
レースバンド付き
Smartaudio対応
モーター モード:SE0802 19000KV
設定:9N12P
ステーター径:8mm
ステーター長さ:2mm
軸径:Φ1mm
モーター寸法(直径*レンズ):Φ10.5mm* 14.9mm
重量(g):1.9g
No.of Cells(Lipo):1Sのみ
レシーバー ・選択可能な内部レシーバー
External DSM2/DSMX Receiver
External TBS Crossfire Nano RX
Internal SPI Flysky Receiver
Internal SPI Frsky Receiver
価格 1万円くらい

Eachine UZ65 65mm ドローン

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
箱をあけるとこんな感じで収納されていました。

Eachine UZ65 65mm セット内容

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!

1 x UZ65 65mm 1S 65mmフープドローンフレーム
1 x SPIレシーバーオプション1:Superbee F4 FCビルトインFrsky SPI D8 RX
4 x SE0802 KV19000ブラシレスモーター
1 x HQPROP 35mm-3ブレードプロペラ(4cw + 4ccw)
1 x Runcam Nano3 1/3 CMOS 800TVLカメラ
1 x 5.8G 25mw-100mw 40ch vtx
4 x 1S 300mah 30C LiHVバッテリー
1 x 1S Lipo / LIHV USB充電器
1×プロペラ分解ツール
1×Eachineハンドバッグ

バッテリーが4個付きなのはうれしいところ。
「Eachine」のドローンは比較的に他のメーカーよりコスパがいいところが好きです。

Eachine UZ65 65mm ドローン

Eachine UZ65 65mm をちょっとだけ分解。

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
キャノピーをとるとこんな感じでVTXがみえます(上の画像VTXのアンテナはずしてます)。

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
VTXとFCの間には両面テープが入っていました。

FCには、なんかハンダをのせて拡張できそうな部分がたくさんありますね。
あとで回路図みてみます。

Eachine UZ65 65mm ドローン 設定

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
ベータフライト のバージョンは「4.1.1」
ファームウェアの種類は「CRAZYBEE4FR」。

ポート

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
UART2にスマートオーディオ。

基本設定

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
デフォルトでモーターが逆回転になっていますね。

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
そのほかデフォルトでの基本設定の値はこんな感じ。

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
自分はFutabaのプロポとバインドしたいので「SFHSS」に変更。

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
こんな感じ。

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
保存して再起動はわすれずに。

映像伝送


VTXテーブルはデフォルトで入っているので、とくに変更せずと思ったら、最大VTX出力はこのドローンは100mWですが、200mWまで入っていますね。
なので出力だけ変更。

PID

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
PIDはこんな感じの値が入っていました。
自分はスライダー有効にして、ぜんぶ中心の値に変更。

RATE

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
RATEのデフォルトの値はこんな感じ。

自分は下の値に変更。
1.98 0.64 0.21
1.98 0.64 0.21
1.65 0.64 0.21

OSD

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
OSDのデフォルト値はこんな感じ。
これはお好みで設定すればいいと思います。

bind

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
バインド方法はCLIコマンドラインから可能。

「help」と入力してエンターを押せば、バインド待ちにするためのコマンドが出てきます。

この機体の場合(ベータフライト のバージョンによって違います。最近のは下のコマンド)
Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!

bind_rx

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
と入力すると上の画像のようにバインド待ちになります。

あとはFutabaの送信機の場合電源が入っていて、送信機側の通信方式を「S-FHSS」に自動でバインドされます(T10J送信機、他の送信機でもFUTABAならたぶん同じだと思います)。

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
バインド後、受信機タブが、AETRになっていないのでFUTABやFrsky」ならAETRに変更。

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
AETRに戻せば、スティックの値が正常になります。
逆の場合は送信機側で「リバース」をかけます。

モードタブ

Eachine UZ65 65mm ドローン レビュー!
モードタブはこのように変更。

Eachine UZ65 65mm ドローン の特徴

そのほか、かんたんに「Eachine UZ65 65mm」の特徴を紹介。

重量が軽い

Eachine UZ65 65mm「Mobula6」に似ているドローン発売決定
Mobula6よりは1gくらい重量が重いようですがほぼ一緒の「21.5g」という軽さ。
レビューしている方のフライト時間をみると、3分以上は余裕でいけるみたいでMobula6より燃費がいいみたいです。

カメラの角度は変更可能

Eachine UZ65 65mm「Mobula6」に似ているドローン発売決定
カメラの横にネジがあるので、カメラ角度は調整できます。

「Eachine UZ65 65mm」フライトレビュー


屋外でAirモードで飛ばしていたら、あやまってアスファルトに落としてしまいダクトが破損。
少しモーターがブラブラしながら室内で飛ばした動画です。

3分以上は飛びます。
アングルモードですが、ダクト破損してもそこそこ飛ばしやすかったです。

Eachine UZ65 フレーム交換


フレームがこのように割れてしまったので「Meteor65」のフレームと交換することに。

※UZ65のフレームは65mmでも少しダクト部分が大きくなっているので、機体本体を買うなら一緒に2個ぐらい買っておくといいかもしれません。


ペラとネジを外せばこのように、まとめてはずれます。


あとはMeteor65のフレームで組むだけ。


重量は21.47gでした。

問題点としては、フレームが違うので、


裏側のUSBの差込口とフレームがかぶってしまうことと、UZ65についているデフォルトのペラはサイズが大きくて使えません。
USBの差込口は、ちょっと変形させれば差し込めそう。


Meteor65のフレームに変えて飛ばしてきました。フレームとペラを変えても、自分には違いがわかりませんでした(笑)
スロットル強めに入れて飛ばしても3分はいけるので、燃費はモブラよりはやっぱりいいですね。

まとめ

Eachine UZ65 65mm。
65mmフープはモブラ6が一番お気に入りでしたが「Eachine UZ65」もなかなか良いですね。
ただ、モーターがコネクタ式だったらもっとよかった。
なので、今のところは個人的には「Mobula6」の方が好きかな。

Mobula6のレビュー記事はこちら↓

マイクロドローン Happymodel Mobula6 レビュー 発売からかなり経過しているので、今更レビューって感じもしますが、世間の評判が良すぎるので思わずポチってしまいました。 今回はマイク...

Eachineから発売されているドローンは下の記事でまとめています↓

【EACHINE ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!日本ではあまり有名ではありませんが、海外では「EACHINE」というメーカーのトイドローンやマイクロドローンは有名です。 2020...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です