カメラ

ドローンに搭載するのにおすすめのカメラ 10選【ランキング】

ドローンに搭載するのにおすすめのカメラ 10選【ランキング】
今回はドローンに搭載するのにおすすめしたいカメラを紹介します。
200g未満のドローン、200g以上のドローン、とではおすすめのカメラも違ってくると思いますので、そのことも踏まえて紹介します。

カメラのクーポン一覧です。クーポンコードをクリックすれば、コードがコピーされて商品ページに移動します。

カメラ本体名(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

RunCam
Split 4 4K

BGJPrcs8031

$65.99 20 2020/8月31日

Caddx
Loris 4K

BGJPcl8032

15% off 20 2020/8月31日

無人航空機の法律:かんたんに取り外しできるカメラは重量に含めない

はじめに無人航空機の法律に関してかんたんに触れておきます。
ドローンといっても200g未満と200g以上のドローンでは扱いが変わってきます。

200g未満のホビードローンは、無人航空機の法律には該当しないドローンになります。
※だからと言ってどこでも飛ばしていいわけではありません。

200g以上のドローンに関しては、無人航空機の法律に該当する機体になるので、いろいろなルールーを守って運用する必要があります。
(いろいろなルール→詳しくは国土交通省のHPでご確認ください)

ドローンにはあとづけでいろいろパーツ類などをつけることができます。
では、このパーツ類は200gの重量に含まれるのか??

いろいろな場所で談義されている話題ではありますが、先週の2020年2月17日に私が国土交通省に聞いた話によると、後からつけられるパーツが200gに含まれるか含まれないに関しては、

工具を使わないと取り付け取り外しができないパーツなのか?それとも工具を使わないでも取り付け取り外しができるパーツなのか?で変わってくるようです。

工具を使わないでも取り付け取り外しができるパーツ→200gに含まれない
工具を使わないと取り外し取り付けができないパーツ→200gに含まれる

なので、例をあげると、以下のとおりになります。

  • 工具を使わないでも取り外し取り付けができる「プロペラガード」は200gに入れないでいい
  • 工具を使わないでも取り外し取り付けのできる後付けのドローンのカメラは200gに入れないでいい
  • 工具を使わないでも取り外し取り付けのできるランディングギアは200gに入れないでいい

ちなみにバッテリーは工具を使わないでも取り付け取り外しはできますが、これに関しては200gに含まれます。

それと自作ドローンに関しても少し深く聞いてみました。

自作ドローンのFPVカメラやVTX

AKIRA
AKIRA
FPVカメラなんですけど、たとえばネジを使用しないで、取り外し取り付けがかんたんにできるようにマウントを作成し、はめ込むようにすれば重量に含まれませんか?
国土交通省の人
国土交通省の人
工具を使わないで取り外し、取り付けができるようなら重量に含めないで大丈夫です。
AKIRA
AKIRA
電波を出すVTXに関してですが、なくても目視飛行などで飛ばせるパーツなんですけど、これも取りつけ取り外しに工具を使わないでもいいなら、重量に含めないでもOKですか?
国土交通省の人
国土交通省の人
はい。同じ考えで工具を使わないで取り外し、取り付けができるようなら重量に含めないで大丈夫です。

とのことでした。
ただ専用のマウントを作るのもめんどうだし、今度はマウントの重量が入ってしまうので、微妙だと思いますけどね。

それと、合わせてこんなことを聞いてみたところ、、、、

AKIRA
AKIRA
FPVカメラなんですけど、落ちないように強力な両面テープでとめるってのどうですか?
Aさん
Aさん
危険ですので、おやめください。

とのことです。
2020年2月17日時点で、自分の聞いた限りでは、工具を使うか使わないかで、区別しているようでしたね。

ちなみに、詳しくは聞きませんでしたが、ドローンの上に載せたりするカメラに関しては工具を使わないで取り外し取り付けができれば200gに含まれませんが、マウントに関してはタイラップやネジで止める場合、工具を使うので重量に含まれるのかもしれませんね。
タイラップの場合、取り付けには工具はつかいませんが、取り外す時にニッパーで切ったりすると思うので、、、、

「力で引っ張ってタイラップを切ります」
「工具を使わないで壁にこすってタイラップを切ります」

など。そんな方もいそうな気もしますが、、、、
あとは自分の判断で運用してください。

あくまで自分が国土交通省に確認して、私なりの解釈で説明しています間違っている場合もあるかもしれません。それと法律は変わる場合がありますので、気になる方は実際に国土交通省に問い合わせることをおすすめします。

とまあ、本題に入る前置きがかなり長くなってしまいましたが、ここからオススメのカメラを紹介していきます。

ドローンに搭載するのにおすすめのカメラ 10選

ここからはドローンに搭載するのにおすすめのカメラを紹介していきます。

GoPro HERO8


手ぶれ補正がかなり優秀で4K60fpsで空撮できるので、かなり綺麗な映像を残すことが可能です。
重量が130gくらいと重いため、200g未満のドローンには向いていません。
3インチ200gちょうどくらいのドローンに搭載することは可能ですが、フライト時間も短くなるしドローンに負荷がかなりかかります。
5インチのドローンに搭載するのにおすすめのカメラです。
それとホーリーストーンのHS720あたりに搭載して飛ばすことも可能です。
10gくらい軽い「GoPro HERO7」を搭載して飛ばしたところ、そこそこ安定して飛ばすことができましたので。
価格が高いのがイマイチポイント。

GoPro HERO7をホーリーストーンのHS720に搭載して飛ばした記事↓

Holy Stone GPS搭載ドローン HS720 実機レビュー!【ホーリーストーン】 今回は2019年11月13日に発売されたばかりの4K動画の撮影が可能なドローン「Holy Stone GPS搭載ドローン HS72...

GoPro HERO7

GoPro HERO7はドローンにおすすめ!電子補正で綺麗な空撮ができます
こちらも手ぶれ補正が優秀なので、綺麗な空撮映像を残すことができます。
ただこちらも重量が重いので、200g未満のドローンには向いていません。

ちなみに自分は200g未満のドローンに搭載して飛ばしことがあります。
飛行時間は2分以内になってしまいましたが、綺麗な映像で空撮することはできました。

GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW
GoPro(ゴープロ)

200g未満のドローンにGoProHero7を搭載して飛ばした記事↓↓

GoPro HERO7はドローンにおすすめ!手ブレ補正で綺麗な空撮ができます GoPro HERO5は以前から持っていて、ドローンに搭載して飛ばしていたのですが、このたびGoPro HERO8が出ると同時に、G...

DJI OSMO Action

ドローンに搭載するのにおすすめのカメラ 10選【ランキング】
画質 4K60fps/1080p240fps
重量 122 g
レンズ 145°広角
カメラのサイズ 65×42×35 mm
価格 40,000円前後
その他の機能 手ブレ補正あり

こちらも手ブレ補正が強力ですので、かなり綺麗な映像を撮影できると思います。
重量は120gくらいあるので、200g未満のドローンに搭載するのはあまりおすすめできません。

Runcam 5

ドローンに搭載するのにおすすめのカメラ 10選【ランキング】
画質 4K@30fps / 2.7k@50fps / 1080P@120fps / 1080P@60fps / 1440P@60fps
重量 56g(バッテリー付き)
マイクロSD 128GBまで対応
ファイル形式:MP4
撮影時間 1080P 90分
4K 60分
バッテリー 950mAh
レンズ 145°広角
カメラのサイズ 38×38×36mm
価格 11,000円前後(banggood)
その他の機能

200g未満のドローンに搭載するのにおすすめのカメラです。
手ぶれ補正の機能はついていませんが、4kで撮影できますしそこそこ綺麗な空撮をすることが可能です。

RunCam 5 Orange

画質 4K@30fps / 2.7K@60fps / 2.7K@50fps / 1080P@120fps / 1080P@60fps / 1440P@60fps
重量 56g(バッテリー付き)
マイクロSD 128GBまで対応
ファイル形式:MP4
撮影時間 1080P 90分
4K 60分
バッテリー 950mAh
レンズ 145°広角
カメラのサイズ 38×38×36mm
価格 11,000円前後(banggood)
その他の機能

RunCam 5の最新版はオレンジになっています。2.7kのフレームレートが60fpsでも可能になっているようですね。
使ったことないけどw
重量が56gと軽めですので、3インチの200g未満のドローンでも搭載可能です。

Caddx Orca 4K

【ドローン 搭載カメラ】Caddx Orca 4K カメラ 発売開始!
解像度 4k 30fps(16:9)/ 2.7K 60fps(4:3)/ 1440P 60fps(4:3)/ 1080P 120fps、60fps、30fps(16:9)/ 720P 120fps(16: 9)
重量 58g
撮影時間 80分
FOV 160°
その他スペック カメラビットレート:30Mbps / 50Mpbs / 70Mbps
ビデオシステム:NTSC / PAL
ISO:OFF / 100/200/400/800/1600
SDカード:128GB対応
価格 1万円くらい(banggood)

4k動画の撮影ができて重量も軽いので200g未満のドローンにでも搭載できそうです。
ただこちらのカメラはwifiを使用していて技適は通していないので、、、、、です。
悪いカメラではないと思います!!

VANTOP MOMENT4

格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】
カメラの解像度 4K24fps
2K30fps
1080P60FPS
重量 65g
サイズ 59.3*24.6*41.1㎜
価格 6000円

そこそこ重量が軽いので200g未満のドローンに搭載してもそこまで負荷はかからない印象です。
手ブレ補正がついているのですが、あまり機能していない感じでした。

下の記事で実機レビューをしています↓↓

格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】 今回は中華系のアクションカメラ「VANTOP MOMENT 4」の実機レビューをしていきます。 アマゾンで6000円くらいで購入で...

HawkEye Firefly Micro Cam 2

画質 2.5K 30FPS / 1080P 60 / 30FPS / 720P 60FPS
重量 31g
マイクロSD 8GB~64GBまで対応
撮影時間 60分(充電時間2~3時間)
バッテリー 600mAh
レンズ F / 2.8 角度:斜め160度
機体のサイズ 30x30x36mm
価格 6800円前後(banggood)2019年4月
その他の機能

重量が軽いので200g未満のドローンにおすすめです。
そこそこ綺麗に撮影できます。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

【HawkEye Firefly Micro Cam 2 レビュー】おすすめの2.5K 小型カメラ ドローンに搭載可能な重量30g程度の小型のカメラが発売されました。 メーカー名は「HawkEye」。商品名は「Firefly Mi...

動画 4K 25fps 16:9
2.7K 30 / 25fps 4:3
2.7K 30 / 25fps 16:9
2.5K 60 / 50,30 / 25fpsの16:9
2.5K 60/50スーパービジョン16:9
1440P 60 / 50fpsの4:3
1080P 120 / 100,60 / 50,30 / 25fpsの16:9
1080P 60 / 50fps 16:9
720P 240/200120 / 100FPS 16:9
720P 120 / 100FPSスーパービジョン16:9
写真 タイミング写真:カウントダウン時間2S、3S、5S、10S、30代、60代
青戸写真:インターバル時間3Sを撮影、5S、10S、30代、60代
バースト写真:フォト率3P /秒、5P /秒、10P / sの
長時間露光:シャッター時間1/30代、1S、2S、5S、10S、30代、60代
写真のピクセル:16M 14M 12M 10M 8.3M 5M 3M
重量 79g
マイクロSD 128ギガバイトまでのマイクロSD UHS-1レベル、U3、(SDカードは除外)
撮影時間 60分(充電時間45分)
バッテリー 950mAh、3.8V
レンズ F2.8、FOVD 155°、7G非球面
カメラのサイズ 40 X 40 X 40mm
オーディオ 音声:PCMの48kHzの16ビット、AAC圧縮
外部ステレオマイク:サポート
ポート ブルートゥース:ブルートゥース4.0、互換性のある2.0
WIFI:サポート
USB:TYPE-CのUSB /サポートテレビ信号出力
HDMI:マイクロHDMIビデオポート
価格 15000円前後(banggood)
その他の機能 スーパーデュアルコアCPU:1.25GHz + A7 @ 800MHzの@ A17、デュアルコアのデュアルシステム
センサー:ソニーIMX377 1 / 2.3″ Exmor-R COMS、12MP、1.55um
DSP:Adcanced Hisilicon 4K / 30fpsの
防水率:IP64

重量は79gなので、微妙なところですかね。
これを今買うならRuncam5の方がおすすめかも。
映像はそこそこ綺麗です。ただこちらもwifiを使用していますので技適問題があるカメラです。

GoPro 5 Session


もう現行モデルではないので新品で売っているところが少なくなっていますが、ドローンフリースタイルをやっている人の愛用率が高い気がします。
おそらく重量が74gとそこそこ軽く、撮影時間は2時間とながいところが人気の秘訣でしょうか。
それと強力ではありませんが手ぶれ補正もついているようです。

GoPro(ゴープロ)
¥22,000
(2020/09/28 11:40:54時点 Amazon調べ-詳細)

最後に個人的におすすめのカメラをランキング形式で紹介

最後に200g未満と200g以上のドローンにわけて、おすすめのカメラを紹介します。
ランキングといっても1個しかしょうかいしていないけど、、、、
あとで追記するかも!

200g以上のドローン

1位.GoPro HERO8


200g以上のドローン5インチとかに搭載するなら「GoPro Heor8」がおすすめ。
手ぶれ補正が優秀なので、風のある日やドローンの調子や設定がいまいちでガタガタ揺れても滑らかな映像を撮影することができます。
まぁカメラに頼りすぎてしまうと、いつまでも自分の操縦技術があがらなくなってしまいますが、、、笑
価格がちょっと高いのがイマイチポイント

2位.GOPRO HERO7

GoPro HERO7はドローンにおすすめ!電子補正で綺麗な空撮ができます
こちらも手ぶれ補正が優秀で綺麗な空撮が可能です。
HERO8 より1万円くらい安いのもおすすめのポイントです。

GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW
GoPro(ゴープロ)

200g未満のドローン

1位.Runcam5

ドローンに搭載するのにおすすめのカメラ 10選【ランキング】
200g未満のドローンはRuncam5がおすすめです。
重量が軽くて、4k動画の撮影ができるかなり優秀なカメラです。
しかも価格が安く1万円くらいで購入可能です。
設定もwifiを使わないので、技適問題も発生しないし、かなりおすすめ。
ただ手ブレ補正はついていないので、ドローンの調子によってはガタガタブルブル動画になってしまいます。

ARRIS(アリス)
¥13,936
(2020/09/28 06:27:32時点 Amazon調べ-詳細)

以上、気になるカメラがありましたらチェックしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です