ドローン機体

FullSpeed TinyPusher 1.5″ 75mm ドローン レビュー

FullSpeed TinyPusher 1.5
今回はFullSpeedから新しく発売されたUMMAタイプのドローン「TinyPusher 1.5″ 75mm」をレビューしていきます。
専用のInsta360GOマウントも発売されているので、別でカメラを搭載することを想定しているようなCineWhoopのですね。
価格は99ドルなのでまぁまぁ安いです。

おすすめのクーポン一覧。
クーポンコードをクリックするとコードがコピーされて、商品ページに移動します。そのまま貼り付けて使用できます。

ドローン本体(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

FullSpeed
TinyPusher 1.5

BGJPhm10084

12%OFF 10 2020年11月30

banggoodの割引クーポンは下の記事でまとめています↓↓
banggood(バングッド)ドローン送信機 FPVゴーグル クーポン 一覧

FullSpeed TinyPusher 1.5″ 75mm スペック

FullSpeed TinyPusher 1.5
カメラ Caddx EOS2 camera
重量 40g
フレーム ホイールベース75mm
FC FSD412(F411 2-4S FC) 5V 2A BEC built-in OSD
ESC FSD412(2-4S ESC) BLHELI_S 4in1 ESC Dshot600
VTX Nano400 VTX Pit/25/100/200/400 switchable VTX (support IRC Tramp)
モーター 1103 8000KV
プロペラ Gemfan 1635 3-blades props, 1.5mm hole
レシーバー DSMX/FRSKY/FS-RX2A/TBS Crossfire Nano RX/レシーバーなしも選べます
価格 99ドル

FullSpeed TinyPusher 1.5″ 75mm ドローン レビュー

FullSpeed TinyPusher 1.5″ 75mm セット内容

FullSpeed TinyPusher 1.5
まずはセット内容から紹介します。
付属品は上のとおりで、輪ゴムがたくさんついてきます。
これはバッテリーをドローン本体にとめるもので、切れてしまった時の予備ですかね。

それとFullSPEEDのステッカーとかがついてきます。

FullSpeed TinyPusher 1.5″ 75mm 設定内容

デフォルトの設定とあまり参考にならないと思いますが、自分が変更したポイントを紹介します。
基本デフォルトの設定で飛ばします。

インストールされているベータフライト

FullSpeed TinyPusher 1.5
ベータフライトは「Mateke F411」がインストールされていました。
以前に購入したFullspeedの機体はファームウェアの更新のところに出てこない、たぶんFullspeed独自のベータフライトがインストールされていた困った記憶があります。

基本設定

FullSpeed TinyPusher 1.5
モーターは逆回転になっていました。

自分はブザーを取り付ける予定ですが、草がはえまくっているような場所で飛ばさない人は、モーターのブザー音だけでもいいかも。


自分はアーム後にモーターが回転するのがいやなので、チェックをいれます。

それとエアーモードが常時ONになっていたので、その部分をOFFに変更。

PIDとRATE

FullSpeed TinyPusher 1.5
PIDはFullspeedの方で、値をいじってくれているみたいです。
スライダーを有効にして初期設定に変更もできますが、とりあえずFullspeedおすすめのPIDで飛ばしてみます。

FullSpeed TinyPusher 1.5
RATEも変わった値ですね。
あまり見たことのない値が入力されています。
とりあえずこれもFullspeedおすすめの値だと思うのでこれで飛ばしてみます。

受信機タブ

FullSpeed TinyPusher 1.5
RSSIはAUX5に設定されています。
もうAUX5でONになっているのでそのままで大丈夫です。

FullSpeed TinyPusher 1.5″ 75mm VTX

FullSpeed TinyPusher 1.5
このサイズのマイクロドローンで、デフォルトでVTXの出力が400mWがついているのはいいですね。

ただ自分はすぐに飛ばしたいので、「Eachine nano vtx」と交換しちゃいます。
サイズもほぼ一緒で、もちろん配線もそのまま使用できるので交換は簡単です。

Eachine NANO VTX レビュー!高出力で安くておすすめ 発売からそこそこ経過しているドローンのVTXですが、はじめて実際に使用したのでレビューしていきます。 価格は1500円程度で購入で...

TinyPusher 1.5″ 75mm バインド

FullSpeed TinyPusher 1.5
レシーバーはFullSPEEDが出している互換性のあるFrsky(プロトコル)のものです。

FullSpeed TinyPusher 1.5
バインド方法はバインドボタンを押しながら、電源をON(バッテリーを差し込み)
赤のLEDが点灯に変わればバインド待ちのサインです。

あとは送信機側からバインドさせればOK。
ちなみにT16Sとバインドさせたのですが、デフォルトの設定だとD16だとバインドできませんでした。
自分はD8で設定しました。

RSSIがAUX5なので、特に問題ないとおもいますが、、、

TinyPusher 1.5″ 75mm ブザーの取り付け

FullSpeed TinyPusher 1.5
ブザーの取り付け部分は、FCの裏側にあるので、分解して裏返しにする必要があります。


FCの回路図は上のとおりで、この機体の場合下側になります。

形状はUMMAスタイル

FullSpeed TinyPusher 1.5
形状はUMMAスタイル。
この形状のドローンの特性というかメリットをよくわかっていないですが、とりあえずUMMAですw

TinyPusher 1.5″ 75mm Insta360 マウント

専用のInsta360Goのマウントもbanggoodで売っています。
自分は3Dプリンターを使って出力して、はんだで溶かしながら加工しましたが綺麗にぴったり合わせるなら専用のマウントを購入した方がよさそうです。

Youtubeレビュー!テストフライト動画

実際に飛ばしてみた感想ですが、3sでそこそこ軽快に飛ぶ印象です。
PIDとかRATEがあまりみないような値が入力されていて少し心配でしたが、さすがメーカーさんが入れてくれた値ですね。
普通に飛ばしやすかったです。

レシーバーはFrskyの互換性のあるタイプ(Frsky純正ではない)のもので、以前使用した時はバインド切れをおこす印象でしたが、今回飛ばした感じでは200mくらいはいけそうな感じでした。
もちろん、飛ばしている環境にもよりますけどね。

実際に飛ばしているYoutube動画はこちら↓

最後に

ダクトつきで75mmなので安全性は高く、気軽に飛ばせそうなところが良いかなぁ〜っていう感じのドローンでした。

ちなみに3s450mAhでも普通に飛びました。
長い時間飛ばしたい方は450mAhで飛ばしてもいいと思います。

自分の3s300mAhはへたっているせいなのか、もともとそんなものなのか、2分くらいしか飛びませんでしたw

ちなみにGoProliteを搭載して飛ばしている人もいるようですね。

GoProliteを載せる機体で個人的に気になっている商品はこちら↓

FUS X111 2.5Inch 111mm ドローン レビュー!Gopro lite搭載にいいかも 今回は「FUS X111Pro 2.5Inch 111mm」ドローンをレビューしていきます。 カラーは「赤」「青」「黄」「...

Gopro liteの作り方

自分もHero7を剥いて「GoProlite(剥きプロ)」を作ってみました。
下の記事で紹介してます↓

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた BetaFPVから剥きプロを作るためのキット「GoPro lite」が発売され、好奇心からついに自分もGoProを剥いてみることにし...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です