ドローン機体

Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】

Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】
今回はHappymodel Larva X HD 125mmの実機レビューをします。
発売から半年くらい経過していて今更レビューって気もしますが、、、、、
Makerfireで15000円以下まで価格が下がっていたので思わずポチッてしまいました。

Happymodelのクーポン一覧です。クーポンコードをクリックするとクーポンコードがコピーされて、商品ページに移動します。そのまま貼り付けて使用可能。

商品名(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

Happymodel
Larva X HD

BGAKIRA18

15%OFF
DRONE BLOG
限定クーポン
12台 2020/5/31

Happymodel
Mobula6

BGJPM6

12%OFF 30 2020/5/31

Happymodel Larva X HD 125mm スペック

カメラ addx Baby Turtle Camera
詳細スペック
TV system: NTSC/PAL changeable
Video Resolution: 1080P@60fps / 1080P@30fps / 720@60fps
Power Input: DC 4.5-20V
Mini Illumination: 0.01lux
Image Resolution: 2 Megapixels
Working Current: 380mA@5V/160mA@12V (low consumption)
OSD Menu: Yes (Support Voltage Display)
Video Files: MP4
Audio: Support
Electronic Shutter : PAL : 1/50-100,000 NTSC : 1/60-100,100
S/N Ratio: >60dB (AGC OFF)
Video Output: CVBS
重量 63g
プロペラガードをつけると:79g
フレーム 125mm
FC Crazybee F4FR PRO Flight Controller
詳細スペック
Frsky SPI RX version: CRAZYBEE F4FR PRO V3.0 Firmware target: CrazybeeF4FR
Flysky SPI RX version: CRAZYBEE F4FS PRO V3.0 Firmware target: CrazybeeF4FS
External RX version: CRAZYBEE F4 PRO V3.0 Firmware target: CrazybeeF4DX
MCU: STM32F411CEU6 (100MHZ, 512K FLASH)
Sensor: MPU-6000(SPI connection)
Board Size: 28.5x 28.5mm
Power supply: 2-4S battery input (DC 7-17V)
Built-in 10A(each) Blheli_S 4in1 ESC Dshot600 ready
Could add external receiver on the FC board
Built-in Betaflight OSD(SPI Control)
Built-in Current meter Max 70A
Current meter scale set to 470
Built-in 5V 1A BEC
Built-in voltage detection
ESC Onboard 12A 4in1 ESC
詳細スペック
MCU upgraded to EFM8BB21
Power supply: 2-4S LiPo/LiPo HV (7v/17v)
Current: 10A continuous peak 12A (5 seconds)
Support BLHeliSuite programmable
Factory firmware: F_H_40_REV16_7.HEX
Default protocol: DSHOT600
VTX 5.8G 40CH 25-200mW VTX
詳細スペック
Output power: 25~200mw switchable
Frequency: 40CH
Input voltage: 3.3V 5.5V
Current consumption: 300mA(type)
Antenna: Micro UXII Antenna
Frequency: 5.8GHz 5bands 40 channels
With Race band
Smartaudio ready
Weight: 3g
モーター EX1203 6200KV Motor
レシーバー Frsky XM+/ Frsky RXSR などいろいろ選択可能
サイズ 105x105x35mm (without propellers)
価格 19000円くらい(バッテリー2個ついているのでお得感はあり)

Happymodel Larva X HD 125mm 開封レビュー


まずは開封レビューから。
「Happymodel Larva X HD」は専用の収納ケースつき。
しっかりとした収納ケースで持ち運びの時に重宝しそうです。

Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】
このような感じで収納されていました。

Happymodel Larva X HD 125mm セット内容

Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】
  • Larva X HD FPV Drone本体× 1
  • 3S 11.1V 450mAhリポバッテリー×2
  • 5.8g Micro UXII Antenna × 1
  • フープ用のキャノピー×1
  • プロペラダクト × 4
  • 説明書×1

セット内容はこんな感じでいろいろついています。

Happymodel Larva X HD 125mm の特徴

ここからは「Happymodel Larva X HD 125mm」の特徴を簡単に紹介します。

Toothpick OR Woop

Happymodel Larva X HD 125mm 面白そうなToothpick発売決定
デフォルトの形状は「Toothpick」系のドローンですが、ダクトをつけてキャノピーを変えることによりフープ型のドローンに変えることが可能です。

室内のせまい場所で飛ばす場合は、ダクトをつけてフープ型にしてもいいと思います。

VTXは「Happymodel Whoop_VTX」??


VTXは「Happymodel Mobula7 HD」などにも搭載している「Happymodel Whoop_VTX」のようですね(確実ではありませんが形状は一緒」。
上の画像で手にとっているのが「Happymodel Whoop_VTX」。

「Happymodel Larva X HD」についていたものは、VTXから5vのブザー電源をとっていましたが、おそらく一緒のVTXだと思います。


実際に「Happymodel Whoop_VTX」をつけて動作の確認をしてみましたが、配線配列も一緒なのでもちろん動作も問題ありませんでした。
おそらく「Happymodel Whoop_VTX」で開局している人はたくさんいると思うので、ドローン購入後、家に届いたら交換してすぐに飛ばすこともできますね。

「Happymodel Whoop_VTX」の系統図は戸澤さんのところで入手できます↓↓

【ドローンの開局申請】VTXの系統図は戸澤さんのところで入手できます ドローンの開局申請にはVTXの系統図が必要になります。 日本のショップで購入する場合はVTXの系統図が付いてくる場合もありますが、...

tattu リポバッテリー付き

Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】
tattuの3s 450mAhリポバッテリーが2個ついてくるようです。
1個1000円以上はするのでうれしいところです

レシーバーの位置


レシーバーは「Frsky XM+」を選択。
ドローン前方にとりつけられていて、バインドボタンも押しやすいしアンテナの位置もいい感じです。

レシーバーと送信機 バインド方法

私のブログの場合、FPVドローン初心者の方がに多く見られているようなのでバインド方法も記載しておきます。

今回選択したレシーバー「Frsky XM+」の場合で紹介します。
まずバインドボタンを押しながらバッテリーとドローンをつなぎます。
レシーバーのLEDが赤で点灯になったらバインド待ちのサインです。
LEDが赤で点滅の場合、バインド待ちになっていないので、もう一度バッテリーを抜いてやりなおしてください。


送信機のバインドボタンを押して、


バインドを実行します。

レシーバーのLEDが赤で点滅したら、バインドOKのサインです。
バッテリーを抜いて、もう一度バッテリーを入れると、こんどはLEDが緑色点灯に変わるはずです。

送信機とレシーバーがバインドされている状態の時は、レシーバーが緑色で点灯し続けます。
ちなみにバインドが途切れたりすると、LEDは赤に変化したりします。

ベータフライトの設定

Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】
ベータフライトの設定はほとんど変更しませんでした。
受信機タブのチャンネルマップを自分はモード2を使用しているのでAETRに変更。

Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】
モードタブはこんな感じで、送信機のレバーを割り当てました。

あとちょっとだけOSDの表示を自分好みに変えたくらいです。

ちなみにベータフライトの設定は下の記事で自分のわかる範囲で解説しています。
古い情報もまじっているので参考程度にしてください↓

【Betaflight設定 マニュアル】ダウンロード 使い方までわかる範囲で解説この記事では「BETA FLIGHT ベータフライト」のダウンロードから使い方まで解説していきます。 正直いって2020年3月の時点で...

Happymodel Larva X HD 125mm 外観

Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】 Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】 Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】 Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】 Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】

Happymodel Larva X HD 125mm レビュー【Toothpick】
外観はこんな感じ。

Happymodel Larva X HD 125mmフライトレビュー動画


デフォルトの設定で2本飛ばしてきました。
機体重量に対してのすべてのパーツのバランスがいいのか、パワーもあるしとても飛ばしやすいドローンだと感じました。

フライト時間はセットでついてくるバッテリー3s450mAhで4分ちかく飛ばせるので十分だと思います。

最後に

「Happymodel Larva X HD」はデフォルトの設定で飛ばしやすい完成度の高いドローンだと思いました。
そこそこパンチのある飛びと、ジェロの少ない綺麗な映像がデフォルトで撮影できるのもおすすめポイントですね。
今ならMakerfire15000円以下で購入できるのでとてもお買い得だと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です