ドローン機体

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
今回は「Holy Stone(ホーリーストーン)」から2019年7月3日に発売された「HS220R」の実機レビューをします。
スペックは前作「HS220」と一緒になりますが、専用ケースと本体の色が変わって新しく発売されたドローンです。

DEERC
¥9,550
(2019/09/21 20:00:25時点 Amazon調べ-詳細)

2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較

Holy Stone(ホーリーストーン)のおすすめのドローンは下の記事でまとめています↓↓

Holy Stone(ホーリーストーン)ドローン 比較 15選【おすすめの機種を選んでみた!】Amazonで人気のトイドローンをいろいろ販売しているメーカーHoly Stone(ホーリーストーン)社。 今回の記事では「Hol...

Holy Stone ドローン HS220R スペック

画質 720p 1280×720(ジンバルなし)
重量 80g
伝送距離 50m程度
飛行時間 7~9分程度
バッテリー 750mAh
操作モード モード1/2自由転換可
機体のサイズ 14.5 x 14.5 x 4 cm(展開時25×25×4cm)
価格 9550円(2019年7月5日現在9550円の20%割引実施中)
その他の機能 ・日本認証技適マーク付き

Holy Stone ドローン HS220R 開封レビュー


まずは開封レビューから。
こちらは外箱。


箱をあけると専用のケースがすぐにお目見え。
こちらが前作と違うところ。
ちなみにこの専用ケースはアマゾンで単体でも売っていますが2000円くらいします。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
専用ケースをあけるとこんな感じ。
うすいスポンジが入っていました。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
こちらの専用ケースはかなりいい感じ。
無駄のないつくりで、綺麗に収納されています。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
収納ケースに入っていた付属品は以下のとおり。

  • ドローン本体×1
  • 送信機×1
  • 収納ケース×1
  • バッテリー(装着済み)×1
  • USB充電ケーブル×1
  • 予備プロペラ×4
  • 予備クッション×4
  • プロペラ用具×1
  • ホーリーストーンメモ帳×1
  • ドライバー×1
  • 日本語取扱説明書×1

ドローン本体 レビュー

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
それではドローン本体と送信機をこまかくチェックしていきましょう。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
ドローン本体のデザインはなかなかオシャレな感じでいいのではないでしょうか。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
機体の裏側はこんな感じです。
バッテリーは機体の色に合わせて赤になっています。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
機体のサイズはアームを折りたたみ時は、手のひらに収まる程度の小ささです。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
アームを広げて電源を入れてみましょう。
ちなみにこちらの「HS220R」は電源ボタンがタッチセンサーになっていて、機体の上部「ホーリーストーン」のマークの部分をタッチすると電源が入る仕組みになっています。ちょっとびっくり。タッチセンサーのドローンは初めてです。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
機体の下にはLEDランプが搭載されていて、フライトするときもとても見やすそうですね。


機体についているカメラはアームを広げるとあらわれます。
アームを縮めた状態ですと、隠れてしまうため使用することはできません。

送信機 レビュー

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
送信機の中心が持ち上がって、スマホホルダーになります。

【200g未満】Holy Stone ドローン HS220R 実機レビュー
送信機もバッテリーは共通のものを利用していますが、こちらの色は黒になっています。


機体の上部にはちゃんと技適マークが入っていました。
バッテリーの充電は送信機にUSBケーブルを差し込んで行います。

機体には充電用のUSBポートはついていませんので、充電は送信機にバッテリーを差し込んで行う必要があります。

別売りでバッテリー充電器は売っていますので、面倒な方は購入した方がよさそうです。

専用のアプリ


HS220はこれだけの専用のアプリがあります。
他のものと共通のやつかと思いきや、2019年7月4日現在ではこれ単体のものが用意されていました。
説明書にQRコードがあるので、それを読み込んでダウンロードしましょう。


ちなみにこれがアプリ画面です。

youtubeで開封レビューをしています


youtubeで開封レビューをしていますので、お時間ある方はご視聴ください。

それとできましたらチャンネル登録お願いします。
動画更新のモチベーションにつながります。

Holy Stone ドローン HS220R フライトレビュー

とりあえず簡単フライトしてきた感想ですが、まぁまぁの安定感があり初心者におすすめできるドローンだと思いました。

スピードも3段階で調整できて、飛ばしていて面白いです。
3Dフリップなんかもあるのもいいですね。


ちなみに空撮した写真はこんな感じです。


動画の画質に関しては自分の操縦技術がないのでブレブレの動画になっていますが、この価格帯のドローンにしては悪くない方だと思います。

最後に

2019年7月5日現在の価格は20%割引が入って7500円くらいで購入できますので、とてもコスパのいいドローンだと思います。
気になる方はアマゾンでチェックしてみてください。
初心者におすすめできるドローンです。

DEERC
¥9,550
(2019/09/21 20:00:25時点 Amazon調べ-詳細)

本体を購入するなら、予備のバッテリーは必須ですね↓↓

今回紹介したドローンでおすすめしたい200g未満のドローンは下の記事で紹介しています。
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

ブレのない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンがおすすめ

ブレのない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品でジンバル付きのおすすめのドローンは、下の記事で紹介しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?
ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です