レビュー

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
今回はGPS内蔵で安いドローンを販売している「Hubsan(ハブサン)」のドローンを比較しておすすめの機種を選んでみたいと思います。

購入する前の参考になれば幸いです。
紹介していく順番は、2019年1月の時点で安い順から紹介していきます。

ドローンメーカーについては下の記事でまとめています↓↓

ドローン メーカー まとめ10選 比較ランキング【おすすめの日本メーカー】 今回はドローンの販売しているメーカーをまとめてみましたので、ご紹介いたします。 日本メーカーも少ないですが何社か冒頭で紹介していま...

Hubsan H107C+

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
画質 1280×720P HD (ジンバルなし)
重量 57g
伝送距離 50m
飛行時間 6分
バッテリー 3.7V 530mAh リポバッテリー
操作モード モード1/2自由に変換可能
機体のサイズ 10.9×9.4×3.5 cm
価格 5500円(2019年1月現在)
その他の機能 ・国内認証技適マーク付き

手のひらサイズで室内で飛ばすのに最適なドローンです。
価格が安くカメラもついていて、初心者の方におすすめできるドローンです。

HUBSAN
¥3,900
(2019/09/21 07:50:41時点 Amazon調べ-詳細)

Hubsan H107D X4 FPV

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
画質 720×480P (ジンバルなし)
重量 57g
伝送距離 40m
飛行時間 7分
バッテリー 3.7V 380mAh Li-Poバッテリー
操作モード モード2
機体のサイズ 7.5 × 7.5 × 4.0cm
価格 8000円(2019年1月現在)
その他の機能 ・送信機には国内認証技適マーク付き
・FPV機能付き(5.8Ghzを使用しているので、アマチュア無線の免許と電波局の開局が必要)

FPV飛行については、機体からの映像を5.8Ghzで送信しているようなので、アマチュア無線4級以上の資格と電波局の開設が必要になりますのでご注意ください。
5.8Ghzを使用しているので、遅延のない映像が送信機のモニターに届いてくると思います。

HUBSAN
¥7,800
(2019/09/21 15:43:20時点 Amazon調べ-詳細)

Hubsan X4 HD H107C

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
画質 1280×720P HD (ジンバルなし)
重量 51g
伝送距離 40m
飛行時間 6分
バッテリー 3.7V 380mAh
操作モード モード1、モード2、別々で販売されています
機体のサイズ 縦83mm×横84mm×高さ33mm
価格 9000円(2019年1月現在)
その他の機能 ・国内認証技適マーク付き

僕が始めて練習用のドローンとして購入した機種で、室内で飛ばすのに最適なミニドローンです。
2年以上前に発売されたドローンで、スペックと価格を考えると、今はもっと良い機種がたくさんあるので、あまりおすすめできるドローンではありません。
送信機はモード1用と、モード2用、別々で販売されています。
型番だと「H107C-1」がモード1、「H107C-2」がモード2です。

ジーフォース(G-Force)
¥9,200
(2019/09/21 15:43:21時点 Amazon調べ-詳細)

HUBSAN X4 DESIRE H502E

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
画質 1280×720P HD (ジンバルなし)
重量 155g
伝送距離 100m
飛行時間 10分
バッテリー 7.4V 610mAhリポバッテリー
操作モード モード1/2自由転換可
機体のサイズ 18.4 × 18.4 × 4.7cm
価格 9000円(2019年1月現在)
その他の機能 ・オートリターン機能
・GPS & 気圧センサー付き
・国内認証技適マーク付き

発売から2年ほど経過していますが、まだまだ現役で活躍できるくらいコスパのいいドローンだと思います。
なんといってもGPS内蔵しているところがこのドローンの魅力でしょうか。
GPSを内蔵していることにより、ホームポイントまで自動で帰還させることのできる「RTH(リターン・トゥ・ホーム)」を搭載しています。

HUBSAN X4 DESIRE H502Eの詳細な情報は下の記事でも紹介しています↓↓
LINK【HUBSAN X4 DESIRE H502E】実際に飛ばしてみた感想 評価 レビュー

Hubsan H507A X4 Star スペック

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
画質 1280×720 30FPS
重量 162g
伝送距離 50m程度
飛行時間 最大フライト時間8分
バッテリー 7.6V(2S)  550mAh リポバッテリー(充電時間130分)
操作モード モード1/2自由選択可
機体のサイズ 18.4 × 18.4 × 4.87 cm
価格 10000円前後(2019年1月現在)
その他の機能 ・GPS内蔵(自動帰還機能付き)
・ウェイポイントシステム(自動飛行するシステム)
・FPV(First Person View)機能
・フォローミーモード(自動追尾)
・オートリターン機能
・GPS & 気圧センサー付き
・国内認証技適マーク付き

価格が1万円くらいで購入できてこちらもGPS内蔵のドローンです。
自動飛行させる「ウェイポイントシステム」も搭載していますし、ホームポイントまでオートリターンできる自動帰還システムもついています。

Hubsan H507A X4 Starの詳細な情報は下の記事でも紹介しています↓↓
LINK【Hubsan H507A X4 Star レビュー】200g以下 GPS内蔵ドローン

Hubsan H216A ドローン スペック

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
画質 1920×1080 30FPS
重量 162g
伝送距離 50m程度
飛行時間 最大フライト時間11分
バッテリー 750mAh リポバッテリー(充電時間130分)
操作モード モード1/2自由選択可
機体のサイズ 29.4×29.4×5.07 cm
価格 10290円前後(2019年1月現在)
その他の機能 ・GPS内蔵(自動帰還機能付き)
・ウェイポイントシステム(自動飛行するシステム)
・FPV(First Person View)機能
・フォローミーモード(自動追尾)
・オートリターン機能
・GPS & 気圧センサー付き
・国内認証技適マーク付き
Hubsan H216A ドローンの詳細な情報は下の記事でも紹介しています↓↓
LINK【Hubsan H216A ドローン レビュー】GPS内蔵で200g未満のドローン

Hubsan H502S X4 DESIRE

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
画質 1280×720 30FPS
重量 155g
伝送距離 200m程度
飛行時間 最大フライト時間10分
バッテリー 650mAh リポバッテリー(充電時間150分)
操作モード モード1/2自由選択可
機体のサイズ 29.4×29.4×5.07 cm
価格 12999円前後(2019年1月現在)
その他の機能 ・GPS内蔵(自動帰還機能付き)
・FPV(First Person View)機能(5.8Ghzを使用しているので電波局の開設が必要)
・フォローミーモード(自動追尾)
・オートリターン機能
・GPS & 気圧センサー付き
・国内認証技適マーク付き

FPV飛行については、機体からの映像を5.8Ghzで送信しているようなので、アマチュア無線4級以上の資格と電波局の開局が必要になりますのでご注意ください。
5.8Ghzを使用しているので、遅延のない映像が送信機のモニターに届いてくると思います。
送信機にモニターが付いていて13000円くらいで購入できるのはかなり安いと思います。

ちなみにプロポには国内認証の技適マークはついているようです。

HUBSAN
¥11,500
(2019/09/21 15:43:22時点 Amazon調べ-詳細)

Hubsan H122D

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
画質 ?
重量 116.5g
伝送距離 100m
飛行時間 6分
バッテリー 710mAh リポバッテリー
操作モード モード1、モード2 別々で販売されています
機体のサイズ 15.7 × 15.7 × 6.2cm
価格 17900円(2018年12月現在)
その他の機能 ・HV002 FPV ゴーグル付き(5.8Ghzを使用しているので電波局の開設が必要)
・国内認証技適マーク付き(送信機にはついているようです。機体にはなし)

ゴーグルやモニターが付いていて、17900円とコスパのいい「なんちゃってレース用ドローンです」
アクロバット飛行なども可能なようですね!

ただしFPVゴーグルや送信機にモニターがついていて、FPV飛行を楽しめるドローンですが、5.8Ghzを使っているので日本の法律では電波局の開局が必要になります。購入するならその点にはご注意ください。

HUBSAN X4 AIR PRO H501A

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
画質 1920×1080P (ジンバルなし)
静止画有効解像度:400万
重量 354g
伝送距離 300m
飛行時間 20分
バッテリー 7.4V 2700mAh Li-Po
操作モード モード1/2自由転換可
機体のサイズ 機体サイズ「250x250x78」(mm)
価格 19500円(2018年12月現在)
その他の機能 ・ウェイポイントシステム(自動飛行するシステム)
・FPV(First Person View)機能
・フォローミーモード(自動追尾)
・オートリターン機能
・フェイルセーフ機能
・GPS & 気圧センサー付き
・Wi-Fiリピーター付属
・4GBマイクロSDカード、予備のプロペラ付き
・国内認証技適マーク付き

200g以上のドローンになりますが、かなり高性能なドローン。
自動追尾機能やホームポイントまで自動帰還させることが可能な「RTH(リターン・トゥ・ホーム)」も搭載しています。
大容量のバッテリーを積んでいるので、20分以上の連続飛行が可能なところもGOOD。

HUBSAN
¥15,600
(2019/09/21 15:43:22時点 Amazon調べ-詳細)

HUBSAN X4 AIR PRO H501Aの詳細な情報は下の記事でも紹介しています↓↓
LINK【HUBSAN X4 AIR PRO H501A】スペックやネットでの評価・レビューまとめ

Hubsan H501S

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
画質 1920×1080P (ジンバルなし)
静止画有効解像度:400万
重量 410g
伝送距離 300m
飛行時間 19分
バッテリー 2700mAh リポバッテリー
操作モード モード1/2自由転換可
機体のサイズ 35.4 × 35.1 × 7.95 cm
価格 22000円(2018年12月現在)
その他の機能 ・FPV(First Person View)機能(5.8Ghzを使用しているので電波局の開設が必要)
・フォローミーモード(自動追尾)
・オートリターン機能
・GPS; 気圧センサー付き
・ブラシレスモーター
・国内認証技適マーク付き(送信機にはついているようです。機体にはなし)

FPV飛行に5.8Ghzを使用しているので、遅延のない映像が送信機のモニターに届いてくると思いますが、日本の法律では電波局の開局とアマチュア無線4級以上の資格が必要になります。その点ご理解の上で購入してください。

それと200g以上のドローンになるので、無人航空機の規制対象のドローンになります。

HUBSAN
¥19,900
(2019/09/21 15:43:23時点 Amazon調べ-詳細)

2019年 Hubsan(ハブサン)おすすめドローンランキング

それでは最後に1位から個人的に選ぶ、Hubsan(ハブサン)おすすめドローンランキングを発表します。

AKIRA
AKIRA
特に1位にした「Hubsan H216A」2019年1月の時点で超〜おすすめしたいドローンです。

1位.Hubsan H216A ドローン

【Hubsan(ハブサン)ドローン 比較 10選】おすすめの機種を選んでみた!
GPS内蔵で、自動追尾機能、オートリターン、FPV飛行など、欲しい機能は全部ついていて、10290円とかなりコストパフォーマンスのいいドローンです。
技適マークも送信機、ドローン本体、どちらにもついていて2.4Ghzを採用しているので、法律にびびることなく安心して飛ばすことができます。重量は200g未満のドローンです。

Hubsan H216A ドローンの詳細な情報は下の記事でも紹介しています↓↓
LINK【Hubsan H216A ドローン レビュー】GPS内蔵で200g未満のドローン

2位.HUBSAN X4 AIR PRO H501A


200g以上ですので、無人航空機の法律対象のドローンですが、かなり高性能なドローンです。
自動飛行させる「ウェイポイントシステム」や、オートリターン、フォロミーモードもついています。
そして飛行時間は20分とかなり長い時間連続飛行させることもできます。
国内認証技適マークもついています。

HUBSAN
¥15,600
(2019/09/21 15:43:22時点 Amazon調べ-詳細)

HUBSAN X4 AIR PRO H501Aの詳細な情報は下の記事でも紹介しています↓↓
LINK【HUBSAN X4 AIR PRO H501A】スペックやネットでの評価・レビューまとめ

3位.Hubsan H107C+


価格は5500円程度で購入可能。
てのひらサイズのドローンで室内で飛ばすのに向いているドローンです。
カメラもついているので空撮することも可能です。
重量は200g未満のドローンで技適マークつきです。

HUBSAN
¥3,900
(2019/09/21 07:50:41時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

Hubsan(ハブサン)社から販売されているドローンを比較してみましたが、気になるドローンは見つかったでしょうか?
Hubsan(ハブサン)社のドローンの特徴は、価格が安くてGPSが内蔵のドローンが多いところだと思います。
GPS内蔵のドローンは「RTH(リターン・トゥ・ホーム)」がついているので、初心者でも安心して飛ばすことができるのがいいところなんですよね。もちろん上級者でも機体を見失うことはあるので「RTH(リターン・トゥ・ホーム)」はかなり便利な機能ですけど。

気になるドローンがありましたら、アマゾン、楽天、yahooショッピグでチェックしてみてください。

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です