ドローン機体

BETA FPV TWIG XL 3” Toothpick 発売開始【ドローン】

BETA FPV TWIG XL 3'' Toothpick 発売開始【ドローン】
BETA FPV から新しく4s仕様のToothpickが発売されたので紹介します。
パワーがあってフライトが楽しそうなドローンです。

BETA FPVのドローンは下の記事でまとめています↓↓

BETAFPV のマイクロドローン一覧 まとめ!おすすめの機種は? 今回はBETAFPVから販売されているドローンをまとめてみましたので、簡単に紹介していきます。 BETAFPVのドローンはレシーバ...

BETA FPV TWIG XL 3” Toothpick スペック

BETA FPV TWIG XL 3'' Toothpick 発売開始【ドローン】
カメラ Image Sensor: 1/1.8″ Inch starlight HDR sensor
Horizontal Resolution: 1200TVL
FOV: 180 Degree
Min. Latency: 8ms
TV System: NTSC & PAL (changeable)
Image: 16:9 & 4:3 (changeable)
WDR: Super WDR (HDR)
Min. Illumination: Starlight
Synchronization: Internal
Electronic Shutter: PAL: 1/50~100,000; NTSC: 1/60~100,000
S/N Ratio: >60dB (AGC OFF)
Video Output: CVBS
Camera OSD: Separate OSD
DNR: 3-DNR
重量 104.2g
フレーム TWIG XL Frame
FC、ESC 12A Toothpick F4 2-4S AIO FC
VTX A01
Output power: 25mW and 200mW (Adjustable)
Smart Audio function is included for radio control
Frequency: 5.8GHz 6 bands 37 channels
モーター 1404 3800KV Brushless Motors
レシーバー Frsky XM / DSMX / Futaba S-FHSS / TBS Crossfire
価格 $169.99 USD

BETA FPV TWIG XL 3” Toothpickの特徴

BETA FPV TWIG XL 3'' Toothpick 発売開始【ドローン】
「BETA FPV TWIG XL 3” Toothpick」の特徴をかんたんに紹介します。

重量

BETA FPV TWIG XL 3'' Toothpick 発売開始【ドローン】
重量は105gくらいなので、推奨バッテリーなら200g未満に余裕で収められますね!

200g以上だと、FPVは目視街飛行になるので、DIPSの申請が必要になります。

FC,ESCは一体型

BETA FPV TWIG XL 3'' Toothpick 発売開始【ドローン】
FCとESCは4S対応の一体型のものを搭載しています。

推奨バッテリー

BETA FPV TWIG XL 3'' Toothpick 発売開始【ドローン】
推奨バッテリーは 4S 450mAh。フライト時間は3〜5分になっています。

VTXはA01

BETA FPV TWIG XL 3'' Toothpick 発売開始【ドローン】
VTXはA01「Beta85X4k」などに使われているものと一緒ですね。
おそらく系統図は戸澤さんのところにあります。

【ドローンの開局申請】VTXの系統図は戸澤さんのところで入手できます ドローンの開局申請にはVTXの系統図が必要になります。 日本のショップで購入する場合はVTXの系統図が付いてくる場合もありますが、...

カメラの角度

BETA FPV TWIG XL 3'' Toothpick 発売開始【ドローン】
カメラの角度は25°か35°に変更可能(たぶん)
カメラマウントが2種類ついてくるのかな?

youtubeのレビュー動画


「Drone Camps RC」さんのyoutubeのレビュー動画。
かなりパワーがありそうで飛ばしていて楽しそうなドローンですね〜

見ていたら欲しくなってきた!!w

最後に

昔はそこまで興味なかったのですが、最近「BETA FPV」のドローンが魅力的に感じてきました。

う〜ん、買おうか迷ってしまいます。とりあえず欲しいw

今回紹介しているようなドローンを飛ばして楽しむならFPVゴーグルは必須です。
2020年おすすめの5.8GhzFPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2020年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり 今回は4Kカメラを搭載しているおすすめのマイクロドローンを紹介します。 最初にマイクロドローンとはどんなドローンなのか? そ...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です