自作ドローンの作り方

BetaFPV 85フレームでドローンを組み立て【自作ドローンの作り方】

BetaFPV 85フレームでドローンを組み立て【自作ドローンの作り方】
BetaFPVの85サイズのフレームでドローンを自作してみました。
まぁ自作といっても「Eachine Twig 115mm」のパーツをそのまま組み替えただけなんですけど。

なんで、そんなことをしたの?って感じですが、、、

理由はとても単純で3Dプリンターで作れる「Insta 360 GO」のstlデータを探していたらちょうど良さそうなBetaFPVの85フレーム用のマウントをみつけることができたから。

最近「Insta 360 GO」を搭載して飛ばすことがお気に入りなんですよね。

  1. BetaFPVの85フレーム用「Insta 360 GO マウント」の3Dプリンターのデータをみつけた
  2. 「Insta 360 GO」を搭載して飛ばしたい
  3. 実際に3Dプリンターで作成してみたら使えそうなマウントができた
  4. それならBetaFPVの85フレームでドローンを自作しよう

こんな感じの流れで作成することなったというわけです。

以下のサイトから3Dプリンターのデーターはダウンロードしました↓↓
https://www.thingiverse.com/thing:4342970

「Beta85 Pro 2」2s仕様のやつなら、BetaFPVで1万円ちょっとで購入できるので、それでもいいかなぁ〜とも思ったのですが、


手持ちに飛ばしていない「Eachine Twig 115mm」があったので、3sの方が楽しそうだしってことでそれを組み替えることにしました。

BetaFPVの85フレームでドローンを組んでみた

BetaFPV 85フレームでドローンを組み立て【自作ドローンの作り方】
購入したパーツはBeta85フレーム。

BetaFPV 85フレームでドローンを組み立て【自作ドローンの作り方】
BetaFPVのキャノピー。

85サイズ用にプロペラ。

以上の、3点を購入。

BetaFPV 85フレームでドローンを組み立て【自作ドローンの作り方】
フレームの入れ替えでとくにつまずいたところはありませんでした。

ただフレームの厚みやキャノピーの止め方などが変わりますので、モーター、キャノピー、VTXをとめるネジなどが必要になりますね。
自分は家にあったもので足りましたが、そこらへんは用意する必要がありそうです。

BetaFPV 85フレームでドローンを組み立て【自作ドローンの作り方】

「Eachine Twig 115mm」に搭載されている純正VTXとBetaFPVのキャノピーの相性はとてもよくビスとめでバッチリ固定できました。

実際に飛ばした感想

BetaFPV 85フレームでドローンを組み立て【自作ドローンの作り方】
「Insta 360 GO」を搭載して飛ばしてみました。

実際に飛ばした時の動画はこちら↓(色はInstaアプリで変えてます)

とても軽快に飛んで楽しい機体に仕上がったとは思いますが、、、、

Insta360GOを最近使っていて思ったこと。
Insta360GOって手ぶれ補正が優秀で、ブレのない映像を撮影できるんですけど、映像がモヤってうつる感じがします。
鮮明ではないというか、、、まぁ趣味で空撮する分には十分だとは思いますけど、GoProの映像を見てきてしまっているので、イマイチと感じてしまいます。

最後に

BetaFPV 85フレームでドローンを組み立て【自作ドローンの作り方】
めっちゃ綺麗な空撮したいなら「Insta360GO」じゃなくやっぱりGoProですかね。
BetaFPVから発売された「GoPro lite」の基盤を購入して、GoProを剥いてみようかなぁ〜って最近ちょっと思ってます。
でも、GoPro壊しそうで怖いw

自作ドローンの作り方は下の記事で紹介しています↓↓

【自作ドローンの作り方】3インチドローンを組み立ててみた! 今回は自作でドローンを作ってみたい方のために、実際に自分が3インチ機を組み立てた例をあげて紹介していきます。 ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です