DJI Mini 3 Pro 販売開始!

2022年5月20日から「DJI Mini 3 Pro」の販売が開始されることが決定しました。

前作のモデル「Mini 2」より、カメラの性能などがパワーアップしているようです。

ドローン機体

【200g未満】小型のドローン CIVORC C56 PLUS 発売開始

この記事の最終更新日は2020年10月6日です。古い情報を掲載している可能性があります。その点ご理解のうえ読んでいただけると助かります。


【200g未満】小型のドローン CIVORC C56 PLUS 発売開始
今回は小型でミニサイズのドローン「CIVORC C56 PLUS」を紹介します。
カラーはグリーンとブルーがあるようですね。

ドローン CIVORC C56 PLUS スペック

画質 カメラなし
重量 30g
伝送距離 30メートル
周波数 2.4Ghz
飛行時間 6分
バッテリー 3.7V 300mAh 3個付き
充電時間:35分~45分
操作モード
機体のサイズ 9 × 9 × 2.4cm
価格 3299円
その他の機能 ・ヘッドレスモード
・3Dフリップ

ドローン CIVORC C56 PLUS セット内容

【200g未満】小型のドローン CIVORC C56 PLUS 発売開始
  • ミニドローン本体 × 1
  • 送信機 × 1(単4電池3本が必要、電池は別売り)
  • ドローン専用バッテリー × 3
  • USB充電ケーブル × 2
  • 予備プロペラ × 4
  • ドライバー × 1
  • 日本語説明書 × 1

小型のドローン CIVORC C56 PLUS 特徴

【200g未満】小型のドローン CIVORC C56 PLUS 発売開始
ここからは小型のドローン「CIVORC C56 PLUS」の特徴を紹介します。

スピードは3段階で調整可能

【200g未満】小型のドローン CIVORC C56 PLUS 発売開始
スピードは3段階で調整できるようです。

ドローンは手のひらサイズ

【200g未満】小型のドローン CIVORC C56 PLUS 発売開始
ドローンは手のひらサイズで、「9cm × 9cm × 2.4cm」になっています。

3Dフリップ

【200g未満】小型のドローン CIVORC C56 PLUS 発売開始
3Dフリップ機能付きのドローンです。
最近このサイズのドローンはほとんど全て3Dフリップ付きですね。

ヘッドレスモード付き

【200g未満】小型のドローン CIVORC C56 PLUS 発売開始
ヘッドレスモード付きのドローンのようですね。
機体の向きに関係なく自分視点で操縦できます。

バッテリーは3個付き

【200g未満】小型のドローン CIVORC C56 PLUS 発売開始
バッテリーは3個付きです。
商品ページのスペックでは、18分〜21分になっていますが、たぶん3個の合計だと思いますので、1個につき6分くらいだと思います。

最後に

価格が安く子供のおもちゃや、操縦練習用にちょうどいいかもしれません。

綺麗な空撮をしたい人は、ジンバル付きかFPVドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスFPVドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【2022年版】ジンバル付きドローン 一覧 比較記事【ジンバルとは?】ジンバルがついているドローンをまとめた記事です。簡単ににジンバルとはどういったものかも解説しています。...

200g未満ブラシレスFPVドローン


ブラシレスFPVドローンなら、安定したフライトができるので綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満の4Kカメラを搭載したブラシレスFPVドローンで空撮したものです。

FHDで撮影できる200g未満のブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重量で...

4k動画の撮影できるブラシレスFPVドローンも発売されています。4kブラシレスFPVドローンは下の記事で紹介しています↓↓

4Kカメラ搭載のマイクロドローンまとめ!おすすめのドローンあり4K画質で撮影できるマイクロドローンを紹介と、おすすめの機種をまとめている記事です。 4Kカメラ単体で自作しても4Kマイクロドローンは作れるのでFPV4kカメラ単体でも紹介しています。...

ブラシレスFPVドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、僕はこの動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興...

初心者におすすめのFPVゴーグル、マイクロドローン(ブラシレスFPVドローン)、送信機は下の記事で紹介しています↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【100g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介します。 この記事ではマイクロドローンを始め...

GoPro Liteでも綺麗に空撮できます

GoProには手ブレ補正機能がついていますので、分解して軽量化してドローンに搭載しても綺麗な空撮ができます。
機体とカメラの重量を合わせても200g未満に収めることもできます。

実際にGoProliteで空撮した動画はこちら(FPV録画映像との比較動画)↓

GoProliteの作り方は下の記事で紹介しています↓↓

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた BetaFPVから剥きプロを作るためのキット「GoPro lite」が発売され、好奇心からついに自分もGoProを剥いてみることにし...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。