ドローン機体

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー
今回は「SNAPTAIN」から新しく販売が始まったドローン「SP650」の実機レビューをしていきます。

200g未満でフルHD(1080P)で空撮できる機種です。

SNAPTAIN
¥10,399
(2019/09/21 18:57:51時点 Amazon調べ-詳細)

2019年の個人的におすすめしたいドローンは、下の記事でランキング形式で紹介しています↓↓
【2019年最新機種】人気のおすすめドローンランキング30選!徹底比較

SNAPTAIN ドローン SP650 スペック

カメラ(画質) FHD 1080P
重量 120g前後
伝送距離 100m程度だと思います
周波数 送信機:2.4Ghz
FPV:2.4Ghz
送信機、本体ともに技適マーク入っていました。
飛行時間 12分
バッテリー 3.7v 1300mah
操作モード モード1/モード2変換可能(自分はモード2しか試していません)
機体のサイズ 23.70 X 27.10 X 7.60
価格 10000円前後
その他の機能 ・高度維持機能付き

SNAPTAIN ドローン SP650 セット内容

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー
  • ドローン本体×1
  • 送信機×1
  • バッテリー×2
  • プロペラガード×4
  • USBケーブル×2
  • ドライバー×1
  • 予備のプロペラ×4
  • 日本語説明書×1
  • ランディングギア×2

付属品はこんな感じ。

SNAPTAIN ドローン SP650 レビュー 特徴

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー

カメラの角度は変えられます

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー
手動になりますが、カメラの角度は真正面から90°真下にまで変更できます。
カメラの解像度は1080Pです。

写真はそこそこ綺麗に撮影できる

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー
動画はジンバルがついていませんので、ブレのあるものになってしまいますが、写真はそこそこ綺麗に撮影できると思いました。
スマホ本体には1280×720で保存されます。

スピードはけっこうでます

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー
他のトイドローンと比較して思ったところはスピードがまぁまぁでるということ。
実際に計測したわかではないので、正確ではありませんが体感的には40kmくらい出ているように感じました。

とてもパワフルな飛行をしてくれます。

LEDライト付き

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー
ドローンの下には、赤と緑のLEDランプ付きです。


下側はこんな感じです。

3Dフリップ

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー
3Dフリップをためしみたところ、ワンキーで軽々宙返りしていました。

ジャスチャー機能付き

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー
あまり反応はよくありませんでしたが、パー、チョキ、で動画の開始や、写真の撮影をすることもできました。
自分使わない機能だけど。

高度維持機能

【200g未満】SNAPTAIN ドローン SP650 実機レビュー
そこそこ安定した高度維持機能がついています。
ただはじめに行う「校正」をちゃんと水平な場所で行わないと、安定した高度維持をしないのでご注意を。

その他の機能

その他の機能としては、

  • ヘッドレスモード
  • 起動飛行

などあるようですが、実際には試して見ませんでした。
機会があったら次回にでもちゃんと機能するかやってみようと思います。

youtubeでもレビューしています


こちらは開封レビュー動画。


空撮の画質などはこちらの動画で確認してみてください。

まとめ

今回紹介したドローン「SNAPTAIN ドローン SP650」は2019年現在8月25日現在、2000円OFFが入って、アマゾンで8000円くらいで購入できます。

気になる方はアマゾンでチェックしてみてください。

SNAPTAIN
¥10,399
(2019/09/21 18:57:51時点 Amazon調べ-詳細)

今回の記事で紹介した機種以外に、おすすめしたい200g以下のドローンは下の記事で紹介しています。
LINK【200g以下 おすすめのドローン 10選】無人航空機の法律 対象外の機種

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローン「FullSpeed TinyLeader 75mm HD」で空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン8選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 この記事で紹介している「Caddx T...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です