カメラ

【ドローン用】小型でおすすめの後付けカメラ 10選

ドローンにカメラはついているけど、満足する映像が撮影できない。
そんな方はドローンに別のカメラを後付けしてみましょう。

今回の記事ではドローン用で小型のおすすめしたいカメラを紹介します。

カメラのクーポン一覧です。クーポンコードをクリックすれば、コードがコピーされて商品ページに移動します。

カメラ本体名(型番) クーポンコード 価格 台数 期限

RunCam 5 Orange

BGJPOrange

$94.99 10 2021/1月31日

Xiaomi FIMI
PALM Pocket

BGJPol082

$165.99 30 2021/1月31日

Insta360 ONE X2
VR Camera 5.7K

BGINSTAX2

$395.99 100 2021/1月31日

ドローン用 小型でおすすめの後付けカメラ 10選

BETAFPV × Insta360 SMO 4K

【ドローン用】小型でおすすめの後付けカメラ 5選
画質 4000×3000@24/25/30fps,
3840×2160@24/25/30/60fps,
2720×1530@24/25/30/60/100fps,
1920×1080@24/25/30/60/120/200fps
重量 30g (1.06oz)
wifi 5Ghz
カメラのサイズ 61.5×39.4×29.2mm (2.42×1.55×1.15in)
価格 25000円くらい
その他の機能 強力な手ブレ補正あり

BETAFPV と Insta360 でコラボした商品。
30gと軽量で価格は25000円くらい。
2s〜6sに対応していて、電源はドローンのバッテリーから配線を取って使用します。
それ以外に2sのバッテリーを別でのっけて電源を取る方法もありますが、基本的にはドローンのバッテリーケーブルとESCの付け根のところから取るのがスタンダードでしょう。

詳しくは下の記事で紹介しています↓

Insta360 SMO 4Kカメラ!BetaFPVから95X V3 ドローン同時に販売開始 Insta360とBetaFPVがコラボして「SMO 4K」という手ぶれ補正つきの軽量カメラと、それに合わせて設計されたドローン「9...

Insta 360Go

画質 静止画解像度:3040×3040
動画解像度:2720×2720
重量 18.3 g
内蔵メモリ 8GB
カメラのサイズ 21.4×49.4×14.85 mm
価格 22000円くらい
その他の機能 強力な手ブレ補正あり

カメラの重量が20gと軽いため、100gくらいのトイドローンにも搭載可能です。
手ブレ補正が強力ですので、ジンバルのないトイドローンでも綺麗な空撮ができます。
もちろんFPVレーシングドローンにもおすすめのカメラです。

トイドローンにInsta360Goを搭載して飛ばした記事はこちら↓
LINKHoly Stone ドローン 新型 F181W レビュー!Insta360 GOを搭載して飛ばしてみた
レーシングドローンに搭載して飛ばすのもおすすめです↓
LINK3インチのドローンに飛ばしたYoutube動画はこちらの記事で

RunCam 5 Orange

画質 4K@30fps / 2.7K@60fps / 2.7K@50fps / 1080P@120fps / 1080P@60fps / 1440P@60fps
重量 56g(バッテリー付き)
マイクロSD 128GBまで対応
ファイル形式:MP4
撮影時間 1080P 90分
4K 60分
バッテリー 950mAh
レンズ 145°広角
カメラのサイズ 38×38×36mm
価格 11,000円前後(banggood)
その他の機能

重量が56gと軽いので200g未満の3インチくらいのFPVドローンにおすすめのカメラです。
100gくらいのトイドローンだと重量的に搭載するのは難しいでしょう。
いまいちポイントは液晶モニターがついていないのでカメラのバッテリー残量を確認することができません。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓
LINK4Kカメラ Runcam 5 オレンジ レビュー!手ぶれ補正はどうなの?

Caddx Orca 4K

画質 4k 30fps (16:9) / 2.7K 60fps(4:3)/ 1440P 60fps(4:3) / 1080P 120fps,60fps,30fps(16:9) / 720P 120fps (16:9)
重量 58g(バッテリー付き)
マイクロSD 128GB
撮影時間 Continuous recording 80 mins
バッテリー 900mAh
レンズ FOV160°
カメラのサイズ 38×38×36mm
価格 1万円前後(2021年1月現在)

価格はRuncam5と同じくらいですがFOVは少し広くなっています。
その他、Runcam5と比較すると2.7Kの場合4:3でしか録画できないところ違うポイントです。
それと、カメラの設定はwifi経由でスマホを使用して行うのですが、技適は通していないので日本での使用は電波法では違反になります。

VANTOP MM4U アクションカメラ

画質 4K30fps
重量
マイクロSD 128GB
FOV 170°
バッテリー 1050mAhのバッテリー
価格 7000円くらい

1つ前の古いバージョンしか使用したことがありませんが….
古いバージョンでもそこそこ綺麗な映像が撮影できたので、最新版はさらによくなっていることが期待できます。

タッチパネルを搭載していながらも、価格が安いのが魅力的。

格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】 今回は中華系のアクションカメラ「VANTOP MOMENT 4」の実機レビューをしていきます。 アマゾンで6000円くらいで購入で...

古いバージョンのレビュー記事はこちら↓

格安4Kアクションカメラ VANTOP MOMENT4 実機レビュー【ドローンに搭載】 今回は中華系のアクションカメラ「VANTOP MOMENT 4」の実機レビューをしていきます。 アマゾンで6000円くらいで購入で...

GoPro HERO7

GoPro HERO7はドローンにおすすめ!電子補正で綺麗な空撮ができます
画質 4K60
重量 116g
マイクロSD
撮影時間 60分
バッテリー 取り外し可能
カメラのサイズ 62.3×44.9×33 mm
価格 32,000円前後
その他の機能 ハイパースムーズ機能

手ぶれ補正が優秀なカメラで少しくらいの振動でしたら、補正できて滑らかな映像になります。
ただこちらも重量が重いので、200g未満のドローンには向いていませんが、FPVドローンの3インチクラスなら搭載可能です。

GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW
GoPro(ゴープロ)

200g未満のドローンにGoProHero7を搭載して飛ばした記事↓↓
LINKGoPro HERO7はドローンにおすすめ!手ブレ補正で綺麗な空撮ができます

GoPro 5 Session


もう現行モデルではないので新品で売っているところが少なくなっていますが、ドローンフリースタイルをやっている人の愛用率が高いです。
重量が74gとそこそこ軽いのが魅力的です。手ぶれ補正はついていますが、ほとんど使用しても変わらないです。
中古の相場は20000円くらいと今もなお人気のあるカメラです。

同じくらいの重量で手ぶれ補正をパワーアップさせた後継機を出せばかなり売れそうな気がします。
GoProさん作って〜〜

ちなみにガチで5インチフリースタイルをやっている人は手振れ補正がないというところがいいという人もいます。
手ブレ補正は技術の向上につながらないし、王道ではないとのことです。

自分も最近5インチのフリスタもどきをやっているのですが、GoPro 5 SessionまたはRuncam5を使用しています。

最初Hero7で手振れ補正を使って飛ばしていたのですが、下手なのに滑らかな映像になってしまい、なんとなくつまらなくなって手ブレ補正なしのカメラに変更してしまいました。

まぁGoPro 5 Session、Runcam5、ともにおまけで手ぶれ補正はついていますけど(ほとんど機能していない)。

GoPro Lite

GoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた
GoProを分解して軽量化したGoPro Lite。
自分はHero7を分解してつくりました。
もともとGoProHero7は手ブレ補正が優秀なので綺麗な空撮ができます。
世間での使い方はFPVゴーグルをつけて飛ばすドローンに使うのが一般的ですが、2s〜4sのバッテリーから電源をとればいいのでトイドローンにつけられないこともないです。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓
LINKGoPro HERO7を分解!剥きプロ GoPro liteを作ってみた

GoPro HERO8 Black

画質 4K60fps,FHD240fps
重量 126g
カメラのサイズ 66.3 x 48.6 x28.4
価格 37000円くらい(2021年1月現在)

GoPro HERO9 Blackの発売され、価格がだいぶ下がってたHERO8。
重量は126gあるので、3インチドローンでギリ飛ばせるくらいだと思います(すこし無理がありますけど)。

GoPro HERO9 Black

画質 5120×2880 5K30fps,4K60fps,FHD240fps
重量 158 g
マイクロSD
撮影時間
バッテリー 取り外し可能
カメラのサイズ 71.8 x 50.8 x 33.6
価格 56000円くらい(

重量が158gとこの記事で紹介しているドローンの中でも重たいので200g未満のドローンに搭載することは厳しいと思いますが、綺麗な空撮をするには最強のカメラです。
手振れ補正は「HyperSmooth 3.0」でかなり優秀。
5インチクラスのドローンやFPVメガフープなどに搭載するといいと思います。

まとめ

個人的におすすめなカメラは20gの「Insta360Go」
重量が軽いので小型のドローンにも搭載可能です。

トイドローンにもFPVレーシングドローンにもどちらにも使えて万能です。

気になるカメラがありましたら、是非ドローンにつけて飛ばしてみてください。

ちなみに後付けのカメラは工具を使わないで取り付け取り外しができるものなら、無人航空機の法律の200g未満の重量に入れないで大丈夫です。
※2020年3月に国土交通省に確認済み。現在はちょっとわかりませんので、カメラを搭載して飛ばす時はねんのために確認することをおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です