基本・基礎

おすすめのドローンフライトシュミレーター 5選!FPV練習用アプリ

ドローンフライトシュミレーター まとめ!おすすめはどれ?
今回はドローン操縦練習用に使えるドローンシュミレーターを紹介します。

いきなりドローンの実機を飛ばしてもいいと思いますが、墜落してすぐ壊してしまうこともあるので、ドローンシュミレーターで練習してから飛ばすことをおすすめします。

AKIRA
AKIRA
この記事で紹介するドローンシュミレーターは、FPVゴーグルをして飛ばすドローンの練習用になるものです。(最後に紹介している「DJIドローン フライトシュミレーター」だけは除く)

初心者におすすめしたいマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルのセットは下の記事で紹介しています↓↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事は初めてマイクロド...

ドローンフライトシュミレーター まとめ!おすすめはどれ?

DCL – The Game


2020年の2月に発売されたドローンシュミレーターです。
「Steam」で購入することができます。

SteamとはPCゲーム、PCソフトウェア販売しているプラットフォームです。購入するにはアカウントの作成をする必要があります。決済はpaypalに対応していて安心して購入することができます。

PIDやRATEの調整もできて、わりと実機に近い感覚で操作することができます。
マルチプレイでは世界各地にいるユーザーと対戦することができて、タイムを競うこともできます。
テレビゲームが好きな人は、かなりはまってしまう要素がもりだくさんのゲーム性の高い「ドローンシュミレーター」です。

それと日本語に完全対応しているので、英語の苦手な人でもわかりやすいです。

https://store.steampowered.com/app/964570/DCL__The_Game/?l=japanese

FPV Freerider

【ドローンシュミレーター】FPV Freerider プロポの設定方法【T8SG】
スペックの低いPCでもそこそこ動くドローンシュミレーターです。
4年前のノート型のマックッブックエアーでもなんとか動きました。

良いところは価格が600円くらいで購入できるので安いところと、スペックの低いパソコンでも動くところです。
イマイチなところは、6つしかステージがないところでしょうか。

windows OSで送信機を「Jumper T8SG V2.0 Plus」を使用する場合は少し設定を変更する必要があります。詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

FPV Freerider プロポ T8SGの設定方法【ドローンフライトシュミレーター】 今回は「FPV Freerider」でのプロポ(送信機)の設定方法を紹介します。 送信機は「Jumper T8SG V2.0 Pl...

Velocidrone


最近よく利用しているドローンシュミレーターです。

ドローンフライトシュミレーター まとめ!おすすめはどれ?
コースの数がかなり多く、マルチプレイもできるのでいろいろな面で楽しめるドローンフライトシュミレーターだと思います。
価格は2000円くらいしますが、スペックの高いPCを持っているならFPV Freerider より長く楽しめると思います。
ただ他のシュミレーターにも言えることですが、すべて英語ですのでコース選択とか、その他いろいろな設定などよくわかりませんwww


送信機を「Jumper T8SG V2.0 Plus」で使用するときはbindの設定のところを「USBHID」にします。

Liftoff

ドローンフライトシュミレーター まとめ!おすすめはどれ?
ネットなどの評判などをみていると、かなりいい感じのドローンシュミレーターっぽいですね。
自分はやったことがないので詳しくはわかりませんが、ドローンのパーツ類を変更したり(モーターやプロペラなど)カスタマイズもできて楽しめるようです。なんだかガチャとかあるみたいで、ポイント??がたまるとガチャをやってパーツを取得するのだとか??
最近のスマホゲームのようで面白そうです。

youtube参考動画↓↓

価格は2000円くらいで、PCゲームなどを販売しているSteamをインストールする必要があるみたいです。

DJIドローン フライトシュミレーター

PC版 無料で使える!DJIのドローン フライトシュミレーター
DJIが提供しているドローンフライトシュミレーターです。
無料のトライアル版もあるのですが、PCのスペックがそこそこ高くないと動かないようです。
自分の場合はスペック不足のためか、動きませんでした。

詳しくは下の記事でも紹介しています↓↓

PC版 無料で使える!DJIのドローン フライトシュミレーター DJIからパソコンで使える無料のフライトシュミレーターが発売されました。 DJI GO アプリの簡単なフライトシュミレーターは以前...

最後に

個人的には使用したことのある「Velocidrone」がおすすめです。
Liftoffも面白そうですが、PCのスペック(グラフィックボード)はそこそこ高いものが必要っぽいですね。

新しくよさそうなドローンシュミレーターを見つけたら追記していきます。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2020年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回は2020年最新版!ジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじ...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローンで空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。
※複数の機種、違うカメラで空撮しています。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で空撮できるおすすめのマイクロドローンを紹介していきます。 どのような形状、またはサイズや重...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 2020年4月28日より「DJI Ma...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です