ドローン機体

Eachine Tyro69 105mmレビュー!Toothpickみたいな飛びします!ブザーの取り付け【自作ドローン】

Eachine Tyro69 105mmレビュー!Toothpickみたいな飛びします【自作ドローン】
今回は「Eachine Tyro69 105mm」をレビューします。

今回紹介しているマイクロドローンを飛ばすには、アマチュア無線4級以上の免許と、無線局の開局が必要になります。
詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

初心者におすすめしたいマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルのセットは下の記事で紹介しています↓↓

初心者におすすめのマイクロドローン、送信機、FPVゴーグルの紹介【200g未満のレース機】 今回は初心者におすすめしたい「マイクロドローン」「送信機」「FPVゴーグル」を紹介していきます。 今回の記事は初めてマイクロド...

2019年おすすめの5.8GhzFPVゴーグルは下の記事で紹介しています↓↓

【ドローンレースに必要】5.8GhzおすすめのFPVゴーグル10選【2019年最新版】今回はドローンレースや「Tiny Whoop(タイニーフープ)」を操縦するのに必須なFおすすめの5.8GhzFPVゴーグルを紹介します。初心者が使うような安いものから、上級者が使うような高いものまで厳選して10個選んでみました。 ...

Eachine Tyro69 105mm レビュー!Toothpickみたいな飛びします

Eachine Tyro69 105mm スペック

Brand Name: Eachine
model: Tyro69
Item Name: 2.5 inches DIY FPV Racing drone
version: PNP (receiver, battery, without radio transmitter)
drone Wheelbase: 105mm
arm plate thickness: 2mm
maximum propeller: 2.5 inch
material: 3K carbon fiber & 3D print TPU parts
weight: 47.9g (without battery)

Eachine Tyro69 105mm 付属品

Eachine Tyro69 105mmレビュー!Toothpickみたいな飛びします【自作ドローン】
とりあえず付属品の紹介から。

こちらのドローンは組み立てられていない状態での販売のため、そう自分で組み立てる必要があるんです。

パーツ構成などはいろいろなドローンを分解して知っているつもりではいますが、実は私、ドローンをいちから組み立てたことがないんです(笑)

しかも説明書がついているものだと思っていたら、、、、一切説明書なしでした。

まぁなんとかなるでしょ!!

ネットでの簡単なマニュアルはありました↓↓
http://myosuploads3.banggood.com/products/20190822/20190822004627TYRO69.pdf

Eachine Tyro69 105mmレビュー!Toothpickみたいな飛びします【自作ドローン】 Eachine Tyro69 105mmレビュー!Toothpickみたいな飛びします【自作ドローン】 Eachine Tyro69 105mmレビュー!Toothpickみたいな飛びします【自作ドローン】

Eachine Tyro69 105mmレビュー!Toothpickみたいな飛びします【自作ドローン】
パーツを袋からだしてみたところ。

ほとんどハンダつけする必要なし


もうこちらの画像を見ていただければわかる人はわかると思いますが、こちらのドローンはほとんどハンダつけをする必要がありません。

基盤やレシーバー、カメラ、VTXすべてコネクタで接続できるようになっています。
はんだつけが必要になるのは、XT30の電源の配線と、モーターとESCをつなく配線だけです。

レシーバー本体は別で用意する必要があります。

自作ドローンや、マイクロドローンに詳しい方なら「こんなの余裕で簡単に組み立てられるじゃん!!」って感じだと思いますが、はずかしながら私かなり苦戦してしまいました。

Eachine Tyro69 105mm 自分が苦戦したポイント

簡単な組み立てキットだと思いますが、私が苦戦したポイントを紹介していきます。

モーターの配線問題

まずはモーターの配線問題。
基本的にモーターの配線は長めになっています。そしてフレームの大きさに合わせてカットするのが一般的です。
自分、今までモーターの配線をカットして取り付けたことがなかったんですよね。

以前に、yokotaさんの動画を見ていた時に、プロのレーサーは配線の重量も気にして、長さをぴったりと合わせるみたいなことを言っていて、、、よし、自分も合わせるぞ!!って思ってカットしたら、、、、、短くしすぎてしまい「ESCに届かな〜〜〜い!」ってことになってしまいました(笑)

仕方ないのではんだで配線をつなぎ長くしてESCとはんだつけ。ところが回して見たところ、はんだでつないだモーターだけ回り方が弱い現象におちいってしまい、悪戦苦闘。

再度ハンダを溶かして、繋げ直したら普通に回ったんですけどね。

カメラを開局済みのものに変更した

基本的に5.8Ghzの電波を使用するドローンは免許と無線局の開局が必要になります。

なので自分は付属されているカメラとVTXは使わず「Eachine TX06」に変更しました。

ほとんど配線の色どおしをつなげれば、OKですが少してこずりました。
コネクタはそのままで配線どおしを直結して運用しています。

基盤についているコネクタの不良

Eachine Tyro69 105mmレビュー!Toothpickみたいな飛びします!ブザーの取り付け【自作ドローン】
これは自分が悪いわけではないのですが、上の画像のFCとレシーバーをつなぐコネクタがうまくついていないのか、とりあえず不良だったので、レシーバーと送信機のバインドはできているのに、「Betaflight Configurator」上の受信機タブがまったく反応しないという現象におちいってしまいました。

レシーバーが悪いのかなぁ〜と思って、レシーバーを別のものに変更したり、

Eachine Tyro69 105mmレビュー!Toothpickみたいな飛びします!ブザーの取り付け【自作ドローン】
レシーバーとつなくこの黒い部分が接続不良なのかなぁ〜とか。

いろいろやって、結局5時間くらいは悩んだでしょうか。

でもレシーバーLEDを見ていると絶対バインドはできているよなぁ〜と思い、最後にコネクタ接続をやめて、コネクタの裏側(基盤の裏側)から直接配線を基盤にはんだつけしてみたところ!!!!

やっと受信機タブが反応してくれました。まじで疲れた、、、

Eachine Tyro69 105mm ブザーの取り付け


ブザーの取り付け位置は、コネクタタイプのものになっています。
なので、


上の画像のようなコネクタを用意して、2本だけ配線を利用して、


こんな感じで、


あとはFCのコネクタにさせばOKです。
コネクタが外側に出ていますので、組み立てた後でもブザーの取り付けは簡単にできます。

コネクタは下のタイプのものがぴったり合います↓↓

youtubeで組み立て動画を公開しています


かなりつまらない動画になっていますが、かなりへたくそな組み立て動画をyoutubeで公開しています。
超〜〜暇な方はごらんください。
かなり長い動画になっています。


フライト動画はこちら。
かなりスピードがでて飛ばしやすいです。

感覚的にはToothpickみたいな飛び方をすると思いました。
フライトは2s350mAhのリポバッテリーで飛ばしています。
3sも対応しているとスペック表には書いてありましたが、室内ホバリングテストをした時にモーターが異常に熱くなってしまったので、ちょっと危険かなぁ〜と思い2sのみで飛ばしています。

まぁそのうち3sでも挑戦してみます。

最後に

ドローンの組み立ての勉強になるし、価格もそれなりに安いし、飛びっぷりも早くて楽しいのでおすすめできる組み立てキットだと思いました。

ある程度マイクロドローンになれているけど、自作はまだやったことない!

そんな人におすすめしたい商品です。

ブレの少ない空撮をしたい人は、ジンバル付きかブラシレスマイクロドローン

ブレの少ない綺麗な空撮をしたい人はジンバル付きのドローンか、ブラシレスマイクロドローンがおすすめです。

ジンバル付きのおすすめのドローンは下の記事で紹介しています↓↓

2019年最新ジンバル付き おすすめのドローン10選【ジンバルとは?】 今回はジンバル付きのおすすめのドローンを10選紹介します。 ドローンのジンバルとは? まずはじめにジンバルとは?...
DJI製品のでジンバル付きドローンは、下の記事で比較しています。
LINKDJIの最新ドローン比較「Phantom、Mavic Pro(Air)、SPARK、Inspire(インスパイア)」 初心者にはどれがおすすめ?

200g未満ブラシレスマイクロドローン


FHD以上のブラシレスマイクロドローンなら、安定した飛行ができるのでブレの少ない綺麗な空撮をすることができます。
下の動画は200g未満のブラシレスマイクロドローン「FullSpeed TinyLeader 75mm HD」で空撮したものです。
そこそこブレのない空撮ができていいると思います。

ちなみにプロの方が200g未満ブラシレスマイクロドローンを使うとこのくらい綺麗な空撮をすることができます↓↓

上で紹介したようなFHDで撮影できる200g未満のブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

綺麗な画質で空撮できるおすすめのマイクロドローン10選【FHD画質のタイニーフープ Tiny Whoop】 今回はFHD画質(1920×1080)で撮影することのできるマイクロドローンを紹介していきます。 どのくらいのサイズや重量でマイク...

ちなみに4k動画の撮影できるブラシレスマイクロドローンも発売されています。4kブラシレスマイクロドローンは下の記事で紹介しています↓↓

【200g以下で4K動画が撮影可能】高画質なおすすめのドローン10選 機体の重量が200g以下で、高画質(4K)な動画が撮影可能なドローンを紹介します。 この記事で紹介している「Caddx T...

ブラシレスマイクロドローンは基本的にFPVゴーグルを装着して5.8Ghzの電波を使用して飛行するので、「アマチュア無線免許」または「第三級陸上特殊無線技士」の免許と、無線局の開局が必要になります。

詳しくは下の記事で紹介しています↓↓

タイニーフープでFPV飛行をする為に、必要な準備や手順を解説【マイクロドローン】 冒頭いきなりyoutubeの埋め込み動画ではじまりますが、この動画を見て「tiny-whoop(タイニーフープ)」FPV飛行に興味を...

ドローンを趣味ではなく仕事に変えてみよう!

将来ドローンを仕事にしたいと思っている方は、ドローンスクールに通ってみませんか!?
今後ドローンの仕事の需要はどんどん増えていくと予想されています。
ドローンを趣味ではなく仕事にしたいなら、資格は取得しておきまししょう。
下で紹介する「DSJ東京中目黒校」は無料体験説明会を随時開催しています。
卒業後はドローンの仕事を探すアフターフォローまでしてくれるようですよ。
気になる方は公式ホームページでご確認ください↓↓

DSJ東京中目黒校の無料説明会の詳細はこちら

「Qwinout」ドローン関連商品!クーポン使用で全品15%OFF


クーポンコード:DRONEBLOG
上のクーポンコードをコピーしてお使いください。バナーをクリックすれば、ショップの販売ページに移行します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です